タヌキの神様

illustration-raccoon-dog2

俺の姉貴は運が良い人間だ。

宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。

大抵 3,000円が当たる。何回当たったかなんていちいち覚えていられない程だ。

高額なのは 100,000円が3回だったかな。

その時は喜んじゃって、松阪牛だの本マグロの大トロなんかを買って来るので、俺も嬉しかったからよく覚えている。

最近は10枚ずつの購入をやめて3枚購入にしている。

半年程前、会社帰りに飲んできたらしく、ほろ酔いでママチャリに乗って大コケして半泣きで帰って来た。

俺に「自転車直してよ」と言うので見てみると、タイヤが変形してしまっている。

こんなの直せないので「店で修理しろ」と言うと、土曜日に近所の自転車屋に持って行った。

夜、帰宅すると玄関脇に電動機付自転車が置いてある。

姉貴が買い替えたのかなと思ったのだが、晩飯の時ニコニコして報告しやがった。

自転車屋で修理してもらおうと店員に見てもらっていたんだが、結構修理代がかかるらしい。

新車か修理かという深刻な悩みの最中に、お婆さんが自転車を押してやって来た。

店員との話を聞いていると、自転車の処分をお願いしている。

最近弱ってきたので、高齢者専用住宅に入居する事になったらしい。

自転車に乗るのも危なくなってきたので、持って行っても乗らないとの事だった。

店員は「中古の販売はやらないので、処分料 2,500円をもらえれば処分します」と言っている。

姉貴は喜んで「私がもらっても良いですか」とお婆さんにお願いし、自分の自転車を処分して帰って来たのだという。

転んだけどケガしなかったなんて事はしょっちゅうある。

ちょっとした事で妙に運が良いんだ。

先週の土曜日に、その理由が判ったような気がする。

土曜日に、北海道に住んでいる父方の伯父夫婦が定年退職したということで、家に遊びに来た。

家で2泊し、来週いっぱい各地を旅行するらしい。

伯父の家は父の実家であり、俺や姉貴も何度も夏休みに遊びに行っていた。

だけど、伯父が家に来たのは記憶に無い。姉貴も覚えが無いと言う。

伯父に「珍しいね」と聞いてみると、家の新築祝いの時以来だそうだ。

当時俺は2才、姉貴は4才なので、記憶が無いのも当然だ。

滞在中は和室で休んでもらうことにして、片付けついでに案内した。

伯父は「懐かしいな~」なんて言っていたのだが、伯母の方が神棚をジーッと見ている。

この伯母は福島出身でかなり霊感が強い。

しばらく見た後、ケラケラ笑いながら「皆に教えておきたいから、呼んで来て」と言う。

和室の神棚の前に全員集まると、伯母さんは話し出した。

「面白いねえ。こんな事もあるんだね。私も良い勉強になったわ。普通は神様が怒るんだけどねぇ、見逃してくれたのかな」

みんな何が何だか判らない。

「あのね、神棚にね、タヌキちゃんが居るのよ。

何か狸の絵が置いてあると思うんだけどね、それに憑いちゃったみたい。

元々悪いものではなくてね、自然のままって感じなの。

初めは悪戯半分だったんだろうけどね。

神棚に上げられちゃって、毎日拝まれてる内に混乱して、良い方に勘違いしちゃったみたい」

親父は特に信心深くは無いが、習慣で毎朝神棚と仏壇を拝んでいる。他の連中はたまにだけどね。

「必死に頑張って、神様と同じようになろうとしてるのよ。

多少の力はあるけどね、タヌキちゃんだから些細な事しか出来ないのよ。

でも、立派なもんよ。百年も続けば相当な力を持てるわ。行く行くは神様にもなれるかもしれない。

だからね、途中で挫折しないように、ちょっとだけ扱いを良くしてあげて、その気にさせたいの。

誰か絵を知ってる?」

姉貴が「アッ」と叫んで、踏み台を持ち出して神棚をゴソゴソ始めた。

神棚の社みたいになっている所の裏から、画用紙みたいな紙を引っ張り出してきた。

姉貴が小学一年生の時に書いたものらしい。

当時の姉貴は絵が好きで、手当たり次第に描き散らかしていた。

ある日、お袋が買い物に行っている時にお絵書きを始めたが、途中で書くものが無くなって、和室の押入れの襖なんかにも書き殴ったらしい。

案の定、帰宅したお袋が激怒して、描いた物は全て捨てられたみたいだ。

その時に、お気に入りの一枚だけ隠したと言う。

当然、みんな絵が気になる。姉貴に「見せろよ」と言うと渋々見せてくれた。

何だか良く分からないものだ。

「狸?」「犬?」「猫?」「狐?」「ピカソみたいだ…」様々な意見が出た。

姉貴に「何これ?」と聞くと、ムスッとしながら「たしか馬」と答えた。

これを「馬だ」と言う姉貴も凄いが、「自分の絵だ」と思う狸の感覚も素晴らしい。

伯母のアドバイスを機に、写真立てに入れて神棚の端に置くことにした。

「昔から、お姉ちゃんの周りに居るのは知ってたけど、悪くないものだから放っといたの。

こんな事になってるのは、今日初めて知ったわ。

姉貴ちゃんの周りで守ってるんだから、姉貴ちゃんも拝みなさいね」

と言って、伯母さんはケラケラ笑っていた。

運の良い姉貴だが、男運はまた別物みたいだ。今年29才で、来年大台に乗る。

身長164センチ、体重・B・W・Hは不明。CカップのO型で蠍座の女だ。

誰かもらってくれないか? もれなくタヌキが憑いてくるぞ。

未来から来た男

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。 当時住んでたとこの近くに公園があった。 ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に…

エアコン(フリー写真)

なんまいしゃん

これは父親から聞いた、自分が子供の頃に体験した話。 自分が3歳の時、四十度以上の高熱を出したらしい。 その時、深夜23時50分頃。 熱に魘されて布団に寝ていた俺が突然…

中学校の教室(フリー写真)

このまま行くところ

小学5年生の頃に転校して来た友達と仲良くなって、中学時代も変わらず仲良しだった。 でも彼は中学2年の昼休み中に意識を失い、二度と学校には来なかった。 原因は白血病で、よく…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。 地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。 チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。 前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。 運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、 …

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…