親友の加護

公開日: 心霊ちょっと良い話

女性の友情(フリー写真)

もう三年程前の話です。

友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。

当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の所にお見舞いに行っていた。

日に日に弱って行く彼女を見て『あ、ちょっとこれは危険だな』と思い、学生時代から仲の良い友人を誘い、十名くらいでお見舞いに行った。

意識は何とかあるものの、本当に厳しい状況で驚き、友人達も帰る途中で泣き出してしまった。

何故かその日は自宅に戻る気にならず、長い時間、彼女の元に一人で残っていた。

その日は何故か彼女の両親も旦那様も来なくて、時々意識が戻っては、私が居る事を確認して何か言っていた。

「結婚式までには必ず治して、ブーケ作るからね」

と言う言葉だけはキチンと聞こえた。

「わかったよ、頼むね。今度は彼も連れて来るから」

と言い残し、消灯時間になったので帰宅した。

次の日に彼女の家から電話があり、彼女の死を告げられた。

友人に連絡をして、友人一同で花を出す連絡をした。

そして病院から自宅へ戻る彼女を迎え、通夜葬式も彼女の両親や旦那様が近くに居てやってくれと言うので、その通りにした。

仕事をしていなかったので、三日間くらいずっと彼女の近くに居た。

お通夜の時、不覚にも寝てしまい、夢の中の彼女が出て来た。

花を眺めて嬉しそうにしている彼女だった。

『あ、生き返ったんだ、良かった~♪』などと思い話し掛けようとしたのだが、何故か話し掛けられず硬直状態。

その直後に目覚めた。

葬式も無事に終了し、旦那様と色々話をした。

彼女は自分が癌で永くない事を知っていた事とか、残される彼や子供の事の心配。

そして私の心配。結婚に対して非常に心配していたとか…。

そんな話をしていた矢先、何と婚約破棄をされてしまいました。

彼女の亡くなった悲しみと婚約破棄の悲しみで、おかしくなりそうでした。

その時から、毎晩のように彼女と亡くなった祖母が夢に出て来るようになりました。

彼女と祖母は顔見知りでも何でも無いのですが、何故か仲良しで、常に一緒に居ました。

祖母が、

「彼女の事は任せて」

と言っていて、何を任せるのか分からなかったのですが、彼女がその時

「このままじゃ、私あなたが心配だから。ここに居るから」

と言い、本当に一年くらい毎晩のように夢に出て来ました。

週に一度、彼女のお墓参りに行き、辛い事も楽しい事も報告していました。

婚約破棄の傷が癒えて来た頃、彼女の亡くなった病院で職員の募集があり、そのまま採用され、そこで働く事になりました。

彼女の亡くなった病棟ではないものの、何となく彼女がふと出て来そうで、真面目にやらねばと働いていました。

そんな日々が続いていたある日の事。

彼女が夢に出て来て、

「前の婚約者の彼をこのまま死の世界に連れて行ってあげる」

と怖い顔をして出て来ました。

私が泣き叫んで、

「やめて!」

と叫ぶと、彼女の顔が急に優しくなり、

「もう大丈夫だね」

と言いました。

そこに祖母も登場して、彼女と一緒に何処かへ行ってしまいました。

その日から夢にも出て来なくなってしまいました。

その夢の日から急に色々な事が起こりました。

この病院で働いている事を知った前の職場の上司が、

「戻って来て働いて欲しい」

との事。

条件も、前に働いていた時より良くなっていました。

病院を退職し、前の職場に戻る時には優しい彼も出来、何だか幸せいっぱいになっていました。

前の婚約者の彼は…それなりに楽しい人生を送っているとかいないとか。

今の彼と結婚話も出て来て、そろそろ…なんて事になっています。

辛い時期に支えてくれた彼女に感謝しています。

後日、彼女の両親から聞いた話ですが、毎日お見舞いに来てくれるのは私だけで、

「彼女は私の親友だから、絶対に幸せになってもらう」

と言っていたそうです。

そのお陰かどうかは不明ですが、今は幸せにやっています。

関連記事

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。子供が遊んでいることは滅多にない。と…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…