そこを右

Victoria-Stoyanova-1968---Bulgarian-Abstract-painter---Tutt'Art@

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。

しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。

カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手席の彼女が、

「そこを右」

などと道を案内し始めたのだ。

「なんだ、道知ってるのかよ」

と思った彼だが、助手席から聞こえてくる彼女の案内に従って山道を走り始めた。

「そこを左」

「その道入って」

など彼女の案内は続いた。彼は安心して運転をすることができた。

そして、

「そこを左に曲がって」

彼はハンドルを切って左に曲がった。

「!!!」

彼は急ブレーキを踏んだ。

左に曲がったすぐ先は崖となっていた。落ちたら命はなかったろう。

「なんでこんな道を教えたんだ!」

彼は助手席の彼女に怒鳴った。

「死ねばよかったのに……」

寝ている彼女の口から低い男の声が聞こえた。

関連記事

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…

サイパン(フリー画像)

サイパンに残された日本兵

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。 ※ 夏休み、一家でサイパンを訪れた…