団地のエレベーター

集合住宅(フリー素材)

高校時代の時に体験した話。

当時、俺の友人Aが住んでいた団地には、割とベタな怪談があった。

5年程前にそこの2階の住人が自殺したのだけど、その人は自殺当日の夜23時半頃に、エレベーターで2階から8階まで上がって、そこから手摺りを乗り越えて飛び降り亡くなった。

ちょうど帰宅したサラリーマンがエレベーター待ちをしていて、その一連の出来事を目撃していたそうな。

その日から毎晩23時半頃に、エレベーターが2階から8階に行き、そのすぐ後に地上に何かが叩き付けられる音がするようになったという話。

もちろんそれを聞いた時は作り話としか思わなかったのだけど、Aが本当に起こるとしつこく言うものだから、BとCを誘って一緒に見に行こうという事になった。

それで当日、Aの団地に集まった。

まず本当にエレベーターに誰も乗っていないのか確認しようという事になり、俺とBが2階のエレベーター前で待機。

AとCが8階のエレベーター前で待機する事にした。

その日は特に変な雰囲気も無い普通の夜で、俺達は特に恐怖心も無く、だらだらと時間が来るのを待っていた覚えがある。

そしていざ23時半頃。

2階のエレベーターのドアがゆっくりと開いた。

中には誰も居ない。

少し視線をずらすと、いつの間にか行き先『上』のボタン押されていたようだった。

俺とBは思わず顔を見合わせたが、当然それには乗らなかった。

そしてドアがゆっくりと閉まり、エレベーターはそのまま登って行き、8階で停まった。

俺とBは黙って待っていたが、地面に叩き付けられる音というのは特に聞き取れなかった。

その暫く後にAとCが階段で降りて来て(Cがエレベーターに乗って降りるのを嫌がったらしい)話を聞いたのだけど、やはり誰も乗っていなかったらしい。

「やっべー、マジじゃん!」

となったのだけど、幽霊そのものを見た訳ではなかったから、俺もBもあまり怖くなかったんだよね。

それで、地面に叩き付けられる音は聞こえなかったから、明日また改めて1階の落ちた場所に行ってみて、その音を聞いてみようという話になった。

Cだけは恐がって、もうやめておくと言い出したから、次の日に集まるのは俺とAとBだけという事になった。

次の日、再び集まった俺達は、その落下現場に居た。

何の変哲も無いアスファルトの地面で、Aにここだと言われても、実際にどこかはいまいち分からなかった。

そして23時半頃、エレベーターが上がって行くのをそこから見て、いよいよか…となる俺達。

そのすぐ後に、何かが前を通り過ぎたような風圧。

ドサッと重い固まりがが叩き付けられたような音。

生暖かい何かが飛び散って、俺の顔や服や腕にべったりと張り付くような感触。

慌てて手の平で顔を拭って確認してみたが、特に何も付いた様子はなく、腕も服も何の痕跡も無かった。

しかしその直後に猛烈な頭痛がして、凄まじい吐き気に思い切り嘔吐する俺。

何度も何度も吐いて、横を見るとAとBも同じように何度も吐いていたようだった。

結局、その後は三人とも青い顔でAの家にお邪魔になった。

次の日には帰ったのだけど、三人ともたちの悪い風邪のような症状で三日も寝込んだ。

ここからが後日談……と言っても語れる事は少ない。

俺達が落下現場に行った日以降、件の怪異はさっぱり起きなくなったそうな。

もちろん俺は確認しに行く勇気など無く、あくまで話として聞いただけ。

俺を含め、AもBも今でも元気である。

上の状況から、祟りにでも遭ったのではないかと当時は死ぬ程ビビっていたのだけど、その後は特に何も無いから、きっと大丈夫だったのだろう。

ただCは体調が戻って復帰した後、俺達を怯えた目で見るようになり、露骨に避けられるようになってしまった。

恐がりのCには、俺達が何をやってそうなったか知っているだけに、怖くて仕方が無かったのだろうと今では思う。

関連記事

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。俺の地元には小さな鍾乳洞がある。田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

ホテルの看板(フリー素材)

海外の幽霊ホテル

この前、ニュージーランドをバイクで旅したんだ。南島にダニーデンという町があって、そこのユースホステルは幽霊が出ることで有名なんだ。そこの建物は50年前まで病院だったらし…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

いまじょさん

地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。ちなみにガチで実話です。数年前、大学生の頃、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…