ポン菓子

公開日: 心霊ちょっと良い話

ポン菓子(フリー写真)

今から十年以上前に体験した不思議な話です。

母が10歳の頃に両親(私の祖父母)は離婚していて、母を含む4人の子供達は父親の元で育ったそうです。

「凄く貧乏だったけど、楽しかった」

「私ら子供達は、みんな父ちゃんが大好きやった」

色んな話をしてくれた最後はいつもこう言い、私が生まれる十年前に亡くなった祖父をいつも思い出し、涙を流していました。

爺ちゃんの話をして泣き出す母を見ていると、

『お母さんは会いたがってるのに、何で爺ちゃん来てくれないんやろ?』

そう思うようになり、それから毎晩寝る前に、

「爺ちゃん、お母さんに会いに来て下さい」

と、手を合わせてお願いする事が習慣になりました。

それから一ヶ月ほど経ち、いつも通り寝る前にお願いをして手を合わせた後、目を閉じて眠ると、夢の中に写真でしか知らない爺ちゃんが現れた。

爺ちゃんは私の側に座ると、買い物袋いっぱいに入ったポン菓子を食べながら、

「心配せんでも、ワシ、ちゃんと見てるから」

と笑顔で言い、私にもポン菓子を分けてくれました。

夢から覚めそうになった時、爺ちゃんは私の頭を撫で、

「今度、お母さんにカラメル焼き作って貰い。あの子の作るのはコゲかけてるけど、美味しいから」

と言いました。

起きてすぐ台所に立つ母親に夢の話をすると、そのまま座り込んで子供のようにワンワン泣き出し、

「お父ちゃん、ありがとう…ありがとう」

と繰り返し呟いていました。

その後、ポン菓子は爺ちゃんの好物で、カラメル焼きは一番最初に爺ちゃんが母に作り方を教えたお菓子だと聞きました。

何度作ってもコゲるのに、爺ちゃんは「美味しい」と言って食べてくれていたそうです。

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。 僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。 不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

娘の右手

二年前の春、夫が交通事故で、まだ幼稚園の娘と私を残して逝ってしまいました。 あまりに突然だったため、その頃のことはあまり憶えていません。 夫を失ったショックと、これからの生…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。 殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。 ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

横断歩道(フリー写真)

守護

週末、飲み会で泥酔して帰った時の事。 家の前には深夜でも交通量が多く、事故の多い国道があるのだけど…。 普段は危ないから絶対に斜め横断なんてしないのに、酔った勢いでつい魔…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。 皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。 私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。 その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。 多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。 パチンコで負けただ…

将棋盤(フリー写真)

角の頭に歩を打て

先週、親父と将棋を指した。 欲しい本代を賭けての勝負だけに、負けられない一戦だった。 俺は親父から将棋を教わった。 当然親父の方が強い。実力にはかなりの差がある。 …