初恋のお兄さん

大きな木(フリー写真)

小学3年生の頃、当時9歳だった私は、学校で虐めに遭っていました。

幼なじみの友達はいたのですが、一人で過ごす方が楽に感じてきていました。

そんなある夏の日のことです。

公園のお気に入りの場所、大木の下で一人おやつを食べていると、学生服姿の男の人がやってきました。

学ランに学帽、黒の革靴に白手袋をはめていて、手には紙の箱を持っていました。

高校生のお兄さんと思ってぼんやり見つめていたら、その人は「隣、座っても良いかい?」と一言。

私は「どーぞー…」っと言って、ちょっとずれました。

お兄さんは紙箱から何かを取り出し食べ始めました。

それは紅白まんじゅうでした。

その後、そのお兄さんとは色々な話をしました。

お兄さんは頷いたり笑ったりして、私の話を聞いていました。

すっかり日も暮れた頃、お兄さんが「もう、帰るね」と言いました。

私が「明日もここに来る?」と訊ねると、お兄さんは「分からないね…」と答えました。

「お友達になろうよ」と、私が握手するつもりでお兄さんの手袋に包まれた手を握ろうとしたら、

「だめだよ!!」と凄くきつい一喝。

当時の私は腹が立って、その場を立ち去りました。

次の日に同じ場所に行きましたが、お兄さんはついぞ現れませんでした。

大人になってからふとこの事を思い出し、霊感の強い先輩に話したら、

「あんた、その人は優しい人だったんだね…。

もし、あんたがその手をつかんでいたら…連れて行かれる所だったよ。

そのお兄さんは、連れて行きそうな事を分かっていたから『だめだよ』と言ったんだよ」

とおっしゃいました。

どうやらそのお兄さんは、随分昔に亡くなっていたそうです。

格好良くて優しい学生さんでしたが、これが私の初恋だとは…。

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。 2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。 その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。 多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。 パチンコで負けただ…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。 高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。 先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

台所(フリー写真)

おばあちゃんの料理

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。 帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、 「もういいよ」 …

プレゼント

中学生だった頃、いじめが原因で同級生が自殺した。 親の引っ越しか何かで転校してきた子で、性格もあまり明るい子じゃなかったから、すぐにいじめの対象になった。 そして、私も暗い…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。 その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。 しかし所詮は個人企業。 社長も元々商売の才覚があった人…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。 山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。 親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。 結局、俺はその仕事を一人で行うように…

京都のお寺(フリー写真)

ミルクキャラメル

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。 池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。 じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えて…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。 まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。 視線を常に地べ…