ロールプレイングゲーム

公開日: ほんのり怖い話

eac30040

ある小学5年生の男の子が、持病が悪化したため、1ヶ月間入院する事になった。

病室は4人部屋で、その男の子の他に、おばあちゃんとおじいちゃん、もう一人は同い年くらいの女の子だった。

男の子は人見知りが激しい上にとても照れ屋で、なかなかその同室の人たちと仲良くなれず、一人で勉強しているかゲームボーイで遊んでいた。

家から持ってきたゲームは既に一度クリアしたソフトだったが、暇なので毎日遊んでいた。

入院して1週間が立った頃、ゲームをやっていると同室の女の子がじーっとこちらを見ている事に気づいた。目が合うと女の子は慌てて逸らす。

『もしかしてやってみたいのかな?』と思った男の子は「良かったらこれ借そうか?」と聞いてみた。

すると女の子は目を輝かせて、とても嬉しそうな表情を浮かべ「いいの?」と答えた。男の子はゲームを快く貸してあげた。

しかし案の定、女の子は操作が分からず、男の子が操作を教えながら一緒にゲームを進めることにした。

そのゲームは仲間(パーティー)をつくる設定になっていた。

そこで、主人公に「たかし(男の子の名前)」、仲間に「ゆうこ(彼女の名前)」。

他の仲間には、それぞれ同室のおばあちゃんとおじいちゃんの名前をつけた。

それからどんどんその女の子と仲良くなり、2人でゲームボーイをやるだけではなく、色々な話をするようになった。

学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…それからの時間はあっという間であった。

しかし、すぐに男の子が退院する時がやってきた。

看護師や同室のおばあちゃんやおじいちゃんたちが口々に「おめでとう」と言ってくれる中、彼女だけが泣いていた。

それを見て、男の子も泣きそうになった。

しかしグッと堪えて「オマエが退院するまでこれ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」と言って、男の子はゲームを置いていった。

それから何度もお見舞いに行こうと思ったが、いざ行こうと思うとなにか照れくさくて行けなかった。

連絡がないまま1年半が過ぎ、男の子も小学校を卒業する頃になった。

せめて卒業前にもう一度会っておきたいと思い、意を決してお見舞に行く事にした。

病室に行ったが、彼女はいなかった。

病室の入口の名前欄にも彼女の名前はない。

『もうとっくに退院したのかな?』と思い、ナースセンターで聞いてみる事にした。

「ゆうこちゃんは遠い所に行ったよ」などとうまくはぐらかされたが、彼ももう小学6年生。大体のことは把握できた。

その場の空気や、後ろの看護師さんが泣き出したのを見ても明らかだった。

男の子がショックで呆然としてる中、その看護婦さんが「ああ、そういえばゆうこちゃんから、たかし君が来たら渡しといてって言われた物があるのよ」 と言ってそれを渡してくれた。

借してあげたゲームだった。

男の子はそれを受けとって家に帰ると、夕飯も食べずに暗い自分の部屋でゲームの電源を入れた。

懐かしいあのオープニング音楽。それと一緒にでてくるロード画面。

一つは彼女と男の子が一緒にプレイしたデータ。あの時からほとんど変わっていない。

懐かしさと悲しさで胸がいっぱいになった。

その時、見た事のない一つのデータに気づいた。

やたらとレベルの低いデータだった。『始めてすぐに飽きたか?』と思い、そのデータをロードしてみた。

パーティー4人の名前を読んで彼は声を失った…。

「かんごふ」

「さんにこ」

「ろされる」

「たすけて」

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。 趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)です まあ、それは良いと…

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。 高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。 Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。 夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。 主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

透視

超能力者の苦悩

友人はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。 そんな友人はネトゲ内での友人達も多かったのだが、ひと際異彩を放つプレイヤーがいた…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。 一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。 小洒落た雑…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。 テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。 百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。 寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。 おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…

見えない恋人

大学生時代、同じゼミにAと言う男がいました。 Aはあまり口数の多い方ではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、学内にも特に親しい友人はいない様子でした。 …