形見分け

公開日: ほんのり怖い話

モデルカー(フリー写真)

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。

もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状態だったとか。

それからのAの動きは早かった。

部屋に保管している大量のコレクションを黙々と開封し、ひとしきり眺めたり触ったりした後分別し、丁寧に袋に詰めて梱包し、市の処分場へ。

そしてそのままゴミとして処分した。

俺を含む気心の知れたコレクター仲間5人は、それを黙々と手伝った。

捨てる物だからと雑に袋に詰め込むこともなく、綺麗に梱包して袋に入れ、だからと言って受け取り拒否がされることのないよう、梱包材の材質や梱包方法についてもきっちりと気を遣う。

友人のコレクションへの思いが伝わって来た。

そして、売ることもなく(物凄く価値のある物も普通に捨てた)、リサイクル業者に引き取ってもらうこともなく(そうした物が後日オークションに流れる可能性を警戒していたそうだ)、全て自らの手で『捨てた』。

Aのコレクションへの執着が伝わって来た。

俺らコレクター仲間が、

「形見分けな。処分する時は絶対に捨てて欲しい」

と一つずつ譲り受けた物以外、全てがこの世から消えた。

Aは現存数が非常に少ない物も普通に持っていたので、下手すると最後の一個がこの世から消えた物もあったかもしれない。

Aはその後、たった一ヶ月で亡くなった。20代だったため進行が早かったらしい。

そしてその後、すぐにコレクター仲間Bが大怪我をした。

まあ、それは運が悪かったのだろうと皆そこまで気にしなかった。

更にその後、コレクター仲間Cが結婚をすることになった。

その時、

「コレクターから卒業するから」

と、コレクションをに出した。

Aから譲り受けた物もオークションに出品し、そのアイテムは滅茶苦茶高騰した。

するとCはオークション後、少し経って大怪我をした。

仲間内でもその話になり、

「Aが怒ってるんじゃねえの」

と俺が言うと、暫く前に大怪我をしていたBが頷いた。

「きっとそうだ」

話を聞くと、大怪我をする直前に、BはAから譲り受けた物が某マニア系ショップの超目玉買い取り商品になっていたので、つい売ってしまっていたのだと言う。

皆もう、

「うん……きっとそれはAが怒ったんだな……」

と言うことしかできなかった。

ちなみにその時話していたコレクター仲間D(子持ち)はその後、子供が部屋に侵入した際にAから貰った物を壊してしまったせいで、その後暫く怯えていたが、一年近く経つ今でも特に何事も起こっていない。

恐らく『Aから譲って貰った物を売る』のがAの怒りのトリガーになるのでは、と俺は思っている。

或いは、Aは子供好きだったし、俺らのコレクションは子供に遊んでもらってナンボな面もあるから、子供が何かしても不問なのかもしれない。

今のところAから譲り受けた物を手放す予定は無いので検証する方法も無いが、もしもコレクションを手放すことになっても、Aから貰った物は売らないでおこうと思っている。

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

蛍(フリー写真)

お面

大学生時代のバイト先だったバーのお客さんの話です。 Kさんはその店に割とよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。僕と同じ茨城出身の人でした。 ちょうど今頃の季節で『蛍…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。 私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。 当時中学生だった…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。 まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。 その日は両親共に帰宅が遅くな…

河原(フリー写真)

同じ夢

これは四つ下の弟の話。 当時弟は小学4年生、俺は中学2年生、兄貴は高校一年生だった。 兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆どなかった。 俺は陸上部に入っ…

提灯(フリー素材)

奇妙な宴会

先日、とある小じんまりとした旅館に泊まった。 少し不便な場所にあるので訪れる人も少なく、静かなところが気に入った。 スタッフは気が利くし、庭も綺麗、部屋も清潔。文句無しの優…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。 市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。 だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…