形見分け

公開日: ほんのり怖い話

モデルカー(フリー写真)

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。

もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状態だったとか。

それからのAの動きは早かった。

部屋に保管している大量のコレクションを黙々と開封し、ひとしきり眺めたり触ったりした後分別し、丁寧に袋に詰めて梱包し、市の処分場へ。

そしてそのままゴミとして処分した。

俺を含む気心の知れたコレクター仲間5人は、それを黙々と手伝った。

捨てる物だからと雑に袋に詰め込むこともなく、綺麗に梱包して袋に入れ、だからと言って受け取り拒否がされることのないよう、梱包材の材質や梱包方法についてもきっちりと気を遣う。

友人のコレクションへの思いが伝わって来た。

そして、売ることもなく(物凄く価値のある物も普通に捨てた)、リサイクル業者に引き取ってもらうこともなく(そうした物が後日オークションに流れる可能性を警戒していたそうだ)、全て自らの手で『捨てた』。

Aのコレクションへの執着が伝わって来た。

俺らコレクター仲間が、

「形見分けな。処分する時は絶対に捨てて欲しい」

と一つずつ譲り受けた物以外、全てがこの世から消えた。

Aは現存数が非常に少ない物も普通に持っていたので、下手すると最後の一個がこの世から消えた物もあったかもしれない。

Aはその後、たった一ヶ月で亡くなった。20代だったため進行が早かったらしい。

そしてその後、すぐにコレクター仲間Bが大怪我をした。

まあ、それは運が悪かったのだろうと皆そこまで気にしなかった。

更にその後、コレクター仲間Cが結婚をすることになった。

その時、

「コレクターから卒業するから」

と、コレクションをに出した。

Aから譲り受けた物もオークションに出品し、そのアイテムは滅茶苦茶高騰した。

するとCはオークション後、少し経って大怪我をした。

仲間内でもその話になり、

「Aが怒ってるんじゃねえの」

と俺が言うと、暫く前に大怪我をしていたBが頷いた。

「きっとそうだ」

話を聞くと、大怪我をする直前に、BはAから譲り受けた物が某マニア系ショップの超目玉買い取り商品になっていたので、つい売ってしまっていたのだと言う。

皆もう、

「うん……きっとそれはAが怒ったんだな……」

と言うことしかできなかった。

ちなみにその時話していたコレクター仲間D(子持ち)はその後、子供が部屋に侵入した際にAから貰った物を壊してしまったせいで、その後暫く怯えていたが、一年近く経つ今でも特に何事も起こっていない。

恐らく『Aから譲って貰った物を売る』のがAの怒りのトリガーになるのでは、と俺は思っている。

或いは、Aは子供好きだったし、俺らのコレクションは子供に遊んでもらってナンボな面もあるから、子供が何かしても不問なのかもしれない。

今のところAから譲り受けた物を手放す予定は無いので検証する方法も無いが、もしもコレクションを手放すことになっても、Aから貰った物は売らないでおこうと思っている。

関連記事

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。多分、俺が10歳くらいの時だと思う。家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…

雨の日の傘(フリー写真)

谷の置き傘

小学生くらいの時の話。親戚の家が辺鄙な場所にあった。裏手には山、逆側には谷がある。子供の遊び場としては最高だったのだけど…。そして谷にはよくゴミが捨てられる。山…

弟の言葉

弟が一時期変なこというので怖かった。子供の頃、うちの実家はクーラーが親の寝室にしかなく、普段は自分の部屋で寝ている私も弟も真夏は親の部屋に布団をしいて寝ていた(結構広い部屋で1…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。人だ…

トウモロコシ(フリー写真)

トウモロコシ

トウモロコシが食卓に上がる季節になると、我が家では必ず語られる話。今では70歳近い母親が、小学4年生の時に体験した話だ。 ※ 一人っ子の母は当時、母の祖母と両親と一緒に田舎…