お墓を広くすること

公開日: 怖い話

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。

特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。

ある日、そのおばあさんがうちの祖母に、

「私の家は名家だから、もっとお墓を立派なものにしたい。広くして墓石も立派にしたい」

と相談に来た。

多分一般的なことだと思うのだが、

「墓を大きくすると家族がその分、連れて行かれる」

という話があると思う。

祖母もその話をして、墓の拡張をやめた方が良いと忠告していた。

次にその見栄っ張りのおばあさんは、お墓の相談でお寺の住職の奧さんにも相談した。

奧さんももちろん反対した。

しかしお寺も商売なので、

「広くするというのなら、土地を買ってやってもらう分には構わない」

という風に言ったらしい。

結局、その家族はお墓を二倍くらいに広くして、墓石も立派なものにし、そのお寺で一番大きなお墓になった。

もちろん色はモノトーンだが無骨な感じな墓石ではなく、かなり華美でちょっと嫌な感じがした。

特に面積を広げたことによって一部の通路が半分以下に狭くなり、みんな不満に思っていた。

見栄っ張りのおばあさんは、お墓のことをみんなに自慢して回った。

うちの祖母に自慢しに来た時に、祖母は

「連れて行かれないように注意しなよ」

と、それとなく忠告していた。

恐らく他の人にも言われたようで、見栄っ張りのおばあさんはみんなの態度にイライラして、お墓のことはあまり言わなくなった。

その一ヶ月後、事故が起こった。

見栄っ張りのおばあさんには三人の小学生の孫が居た。

一番上の男の子と、下に双子の男の子が居た。

その双子の兄(やっちゃん)が崖から落ちて亡くなってしまった。

塀の無い崖沿いの空き地で他の子供達と遊んでいた時に落ちたらしい。

私も近所だったため葬儀に参加した。

その時に私と妹で近所の子供の面倒を見るタイミングがあったのだが、亡くなったやっちゃんと遊んでいた女の子が言うには、

「やっちゃんは自分で降りたんだよ。

『崖の下にある石が綺麗だからおばあちゃんにあげる』

と言ってジャンプした」

とのことだった。

崖は30メートル位あり、下の石などまともに見えないのだが、やっちゃんはおばあちゃんのために自分から飛び降りたそうだ。

まあ、子供の言うことなのであてにはならない訳だが。

近所では、

「墓を大きくしたから連れて行かれたんだ」

という噂が流れ始めた。

その更に一ヶ月後、その家のおじいさんが事故で亡くなった。

酔っ払って酒を買いに行こうと歩いている時に、信号無視して轢かれたらしい。

この辺りから、近所のみんなが

「墓を大きくしたからだ。あの家族は墓を広くしたから連れて行かれたんだ」

と話すようになった。

見栄っ張りのおばあさんは精神的に参ってしまったのか、家から全く出ないようになってしまった。

おじいさんが亡くなってから三ヶ月後、今度はおばあさんが末期の大腸ガンで入院した。

祖母がお見舞いに行った時には、

「おらも連れて行かれる。お墓大きくしたから。なんでお寺の奧さんは止めてくれなかったんだ…」

と細い声で言っていたらしい。

おばあさんは結局、二週間ほどで亡くなった。

その後、近所では

「あの一家は呪われてる」

とまで噂されるようになっていた。

それから5年ほど経つが、その後は誰も亡くなっていない。

祖母とお寺の奧さんは、

「広くなった分が埋まったんだろう」

と言っている。

ただの偶然かもしれないが、古くからある言い伝えが近所で、尚且つリアルタイムで起こったため怖かった。

関連記事

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

神社の奥の光

俺、弓道やってるのね。その道場への行き道の途中を曲がると鳥居があるのよ。多分奥に神社があるんだろうけど見えてるのは鳥居だけ。で、鳥居の一直線上には暗いと何も見えないわけ。多分神社は一直…

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。そこには電話番号も書いてあり、その番…

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。…

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。ウォーリーの特徴は…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…