今度は落とさないでね

公開日: 怖い話

湖のボート(フリー写真)

ある若いカップルに子供が出来てしまい、堕ろそうか悩んだ挙げ句、産むことにした。

しかしまだ若い二人には育てることが出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした。

二人は夜中に湖へ行き、置いてあるボートに乗って真ん中辺りまで漕いで行った。

彼女は何度も「ごめんね、ごめんね」と言いながら、赤ん坊を湖にポチャンと落とした。

それから何年か経ち、そのカップルはようやく結婚することになった。

そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。

その女の子が4歳くらいになったある日、その子が突然湖に行きたいと言い出した。

父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので仕方なく親子三人で出掛けることに。

湖に着くと今度は「パパ、あれ乗りたい」とボートの方を指差して言う。

しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて湖の真ん中辺りに来た所で、女の子が「パパ、おしっこしたい」と言い出した。

仕方がないと思い、周りに誰も居ないのを確認して湖にさせようと娘を抱っこした。

両足を持って二人が同じ方向を向いていると、娘がくるっと振り返り、

「今度は落とさないでね」

と言った。

関連記事

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

B型肝炎

薬害エイズ。国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…