三号室の住民

公開日: 怖い話

d48e18b0

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。

かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。

店の辺りには風俗店の寮(店側が女の子達の為に借りているアパート)が数多くあり、そこに住む風俗嬢からの出前が毎日何十件もあった。

その殆どがラーメンだけとか餃子だけとかの単品注文。

割に合わないから普通の店なら断るだろうけど、うちの店はむしろ喜んで出前をしていたので、人気が高かったのだ。

僕を含めてバイトは4人いて、2人組になって店内接客と出前を日替わりで分担していた。

僕はS男とペアを組んでいたが、あるとき彼が変なことを言い出すようになった。

出前を届けるエリアは、僕はエリアの北側を、S男は南側を担当していた。S男が届けている客に変な人がいるらしい。

その客はいつもチャーハン単品を頼んでいた。S男は声も聞いたことないし、顔も見たことないという。

その客が住んでいるアパートはちょっと変わっていて、ヤク中ぽい女たちや南米系の女たちなど、ヤバい風俗嬢たちが住んでいると噂になっている場所だった。

S男はいつも夕方6時ぴったりに、 そのアパートの三号室のドアの前にチャーハンを置いて帰ると言っていた。

なぜかというと、ウチの店にその辺一帯を取り仕切ってる風俗業者(いわゆるヤ○ザ系)の人が来て、マスターにそうお願いしたらしい。

マスターは、特殊な客や注文にも慣れっこだから、特に疑問も持たずOKしたそうだ。実際、下手に詮索するとヤバいことになるから、このエリアの暗黙の了解ということだろう。

その事情を聞いて、バイト仲間同士でいろいろウワサした。

「指名手配中の犯人が住んでる」とか、

「部屋に見られちゃいけないものがある」とか。

S男は住人の顔も声も知らなかったんだけど、下げてきた食器に口紅っぽいものが付着していたことがあって、住人は女だと思っていたようだ。

僕や他のバイト仲間は、実際にそのアパートへ行ったことがなかったので特に気にしなかったが、S男はかなり気になってたようだった。

S男は顔馴染みの出前客に、それとなくあのアパートについて聞いてたんだけど、誰もが口をつぐんで話してくれなかったとか。

マスターも「あんまり関わると危険だぞ」って釘を刺すくらい、S男はそのアパートの住人に興味を持っていた。

バイトが終わってS男と一緒に帰ってるときだった。

「俺…あの部屋のドアをノックしてみようかな…」

何か適当な理由を考えてドアをノックして、住人が出てくるのか確認したいという。

僕も面白がって「いいじゃん。ノックしてみなよ」と言ってしまった。

僕が3日バイトを休んで、休み明けに顔を出した日だった。

「お前、S男と仲良かったよな?」

とマスターが僕に聞いた。

「S男がどうかしたんですか?」

「一昨日から行方不明になってるんだよ」

僕は驚きを隠せなかった。

S男はその日、特に何の問題もなく仕事をしていた。そしていつも通り、『あの客』の出前も届けたという。

その出前から戻ってきて、しばらくは店内の接客をしてたんだけど、気がついたらいつの間にかいなくなってたらしい。

バイト仲間はトイレかな…とはじめは思ったらしいが、結局それきりS男は戻らなかった。更衣室のロッカーに、私服もバッグも置いたまま消えてしまったんだ。

「S男から何か聞いてないか? 悩み事とか心当たりあるか?」

とマスターに聞かれた。

僕は確かにS男と仲が良かったが、失踪してしまうような悩みを抱えている様子は全くなかった。

マスターはS男が住むアパートも調べたらしいが戻った形跡はなく、S男の実家に連絡を入れて、家族が捜索願いを出したらしい。

服やバッグを置いたまま仕事中にいなくなり戻ってこないなんて、絶対に変だ。

「もしかして危険な事件に巻き込まれたのかな…」なんてバイト仲間同士で話してた。

僕は内心、

『アイツ、ドアを本当にノックして何か見ちゃったのかも…』

なんて考えたけど、このことはマスターにも言わなかった。

S男が失踪してからは、僕が例のアパートの担当となった。

いつもチャーハン一皿しか注文しなかった三号室の住人が、チャーハンを二皿注文するようになっていた。僕はちょっと怖かった。

例の風俗業者(寮の管理人)が、S男の失踪後に店に来て頼んだそうだ。

「ひとつはグリーンピース抜きで」という注文も一緒に。

あのアパートの三号室に食器を下げに行くと、ドアの前に二枚重ねて食器が置かれている。

グリーンピースが大嫌いだったS男のことを思い出して、一瞬身震いがした。

関連記事

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。汚れたつなぎや新…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

動物霊

動物霊をご存知だろうか。その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

銀杏の木(フリー写真)

止まった時間

私が小学校3年生か4年生の時のことです。友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいま…