電脳に棲む神

fbs1920

大学時代の友人の話。

そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。

この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」ということになった。

人身事故か何かで駅が混んでいたから時間を潰したいらしい。

社会人として一年上のそいつ(以下、T)に新入社員としてのイロハを色々聞いたり、最近ハマっていることなどをお互いに話したりしていたんだが、どういう訳か神様の話になった。

俺は母方が神道、父方が仏教なので、やれ仏教は葬式が高い、神道は○○家ノ奥都城(おくつき)という墓なんだとか、そんな話をしていた。

Tは「ほうほう」と俺の雑学に頷いてたり、感心してくれたりしていたんだが、俺の話が一段落するとニヤリと笑って「俺、多分神様飼ってるかもしれん」とか言い出した。

俺「『あなたは神を信じますか?』的な流れだったらはっ倒すぞ(笑)」

T「いやいや、それじゃねぇよ(笑)」

と前置きして話してくれた。

エクセルって「↓」ボタンを押し続けると延々と下にカーソルが行き続けるよな?

俺、この間、家でちょっと仕事しながらネットでアニメを見てたのよ。

アニメ見るのがメインだろって? まあまあ(笑)。

んで気づかないうちにウインド切り替えて、エクセルの「↓」ボタンを押しっぱにしていたのよ。

結構時間が経ってたからもう縦列が4000とかになってやんの(笑)。

それでいきなりエクセルのウインドが黒くなってんの。そこでようやく押しっぱにしてるんに気付いたんだけどね。

何だろう、エクセルってドロップすると黒く反転するじゃん。その反転で絵が描いてあるの。

たまごっちみたいな白黒のドット絵を想像してくれると解りやすいかな。

何というか犬というか狐というか猫というか…そんな感じの顔?

ほら、俺ってかわいいもの好きじゃん(笑)。

なんか消すのが忍びなくてさ~。アニメ見終わるまで放置してたのよ。

それで、アニメ見終わってもう一度エクセルに切り替えたら、そいつ大きく口開けた感じになっててさ。

あくびしてる雰囲気よ。

かわいくね?

正直、この段階で俺は少し引いていた。

仕事がきついのを某SNSで読んでいたから、ついに心を病みラブプラスだけでは足りず、妄想のペットを創り出したんじゃないかと本気で思った。

ただ、話自体がなかなか面白かったので、俺は「んで、なんでそれが神様なのよ」と先を促すことにした。

以下、再びTの話。

いや、俺、幽霊とかよく見るからさ。

これもそっち系かなあと漠然と思ったわけよ。

それで、特に深い意味も無く、その絵の真下の空白に「3月の○日(日付は失念したが、同人誌のイベントがあったらしい)に休みください」って書いたのよ。

予定ではプロジェクトど真ん中で、有給どころか土日も休めないレベルなのにね。

そしたら次の日、何か相手先の担当が事故ったらしく、その日一日だけピンポイントで調整のため俺休み。これすごくね?

家に帰ってそのデータを開いてみたら、書いたはずの俺のお願いが消えててさ。

『あれ? 保存ミスったかなあ』とか思ってたの。

とりあえず、次のお願いは美味い酒が飲みたいって書いたの。小市民的に(笑)。あんまり大きな願いを書くと反動がありそうな気がするから。

そしたらさ、なんか父ちゃんの友人が亡くなったとかで、そのお返しが良い洋酒らしくて。

うちの両親は下戸だから、俺の方にその酒が回ってきて。うまかったなあ。

俺「すげーじゃん」

T「めちゃくちゃ疑ってますな(笑)」

俺「いやいや、俺は信じてますよ。今まで君のことは50回くらいしか疑ったことないすよ(笑)」

T「おい(笑)。でも今日こうやって話してるのも神様のお陰だからな」

俺「なんでだよ」

T「いや、最近大学時代のやつらとあんまり遊んでないからさ。神様に『大学の友達と会いたい』って書いたのよ。そしたら人身事故でしょ? 俺、本当ならこの時間家でネットしてるかアキバぶらついてるぜ(笑)」

そこで急に背筋が寒くなった。

こいつの願いが叶う原因って何だ?

休みが取れたのは相手の怪我。

酒が飲めたのは、身内の知人の不幸。

今日話しているのは人身事故。

これって考えれば、他人の不幸の恩恵を受けているのが原因じゃないか。

今でこそ小さな願いだが、もしこれが大きな負の願望だったら? 例えば誰かを殺したいほど憎んだとしたら?

例えばこんな世界滅んででしまえば良いと思ったら?

神様は今もTの作った電脳の世界に居る。

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…

女性のフリーイラスト

晴美の末路

へへへ、おはようございます。今日は生憎天気が悪いようで。あの時もちょうど今日みたいな雨空だったな。あ、いえね、こっちの話でして。え? 聞きたい? そんな事、誰も言ってな…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。学校の図書館を「根城」…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。そして、タクシーは山…

田舎の家(フリー写真)

アーちゃん

僕の町内には『アーちゃん』という人が住んでいた。アーちゃんは年中、肌色の肌着と肌色のモモヒキを身に付け、パンクしてホイールの歪んだ自転車で町を走り回る、人畜無害の怪人だ。 …