ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。

今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わなかったから、寝ようと思ってその際フラット席にしたんだ。

場所を選べたから、一番端っこにある壁際のフラット席にした。

ネットカフェを利用している人は解ると思うけど、毛布で個室が見られないように遮るだろ?

俺も同じく毛布で遮っていたんだ。

と言っても壁際だし、対面の席は空いているし、平日だったから店内はガラガラだった。

肝心な話はここからで、漫画を読み終わって返却しようと振り返ったのさ。

そしたら毛布の下の隙間から足首が見えるんだ。

貸出のスリッパに裸足、細くて毛も無いから女性だと思った。

両足の爪先を俺の個室に向けたまま動かない。

ちょっと異様だから、心配になって扉に手を掛けたんだ。

そしたらすぐにパタパタと走って行ったから安心した。

その後も周りを気にしていたけど、何も起きなかったからそのまま寝たんだ。

午前2時くらいに寝て、午前5時くらいに起きたと思う。

足はPC台の下にある隙間に入れていたから、頭は入り口側だった。

目覚めてふと入り口を見たらさ、居るんだよ。貸出スリッパに裸足の女。

寝起きにそんな光景を見たものだから、何秒か固まってしまった。

そしてある事に気付いちゃったんだ。

その足、今回は爪先立ちなのね。

嫌な汗が止まらなかった。

『おい、マジかよ…』

と思い、寝たままの姿勢でゆっくり顔を上げたんだ。

そしたらさ、覗き込んでいるんだよ。女がさ。

顎を壁に乗せて頭だけ見えるようにして。

ニタニタと気持ちの悪い笑顔で俺の顔を見ている。

思わず枕にしていたクッションを投げつけたらさ、

『気付いてくれたぁ』

という感じで、一層気味の悪い顔でニヤァッと笑ったんだ。

その顔を見ていたら頭がガンガンしてきて、何だか二日酔いのような気分になってきた。

もうそこに居るのが耐えられず、女に捕まっても良いからと部屋の外に飛び出したんだ。

でも女は居なかった。

空いている席に隠れているのではないかと思ったけど、何処にも居なかった。

トイレで気持ちを落ち着かせて、元の席に戻ろうしたんだ。

そしたら、居るんだよソイツ。

一番奥、壁際の俺の席の前に。

こちらを向いて、

『早く来て、早く来て』

という感じで。

観念して店員同行で席に戻ったけど、誰も居なかった。

その後すぐに店を出たけど、もうネットカフェなんて利用出来ない。

それから…。

店を出た後、すぐに無言電話が掛かって来たんだ。

5分おきに一回ずつ。朝までずっと。

着信拒否にしても違う番号で何度も掛かってきた。

携帯を変えるまで掛かってきて、もうトラウマものですわ。

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。 私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。 海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

33年間

1783年(天明3年)、浅間山は大噴火した。 噴煙は、上空1万メートルにまで達し、その時に流れ出た溶岩流は、付近の村々をあっというまに覆い尽くし、約1200人もの命が失われた。 …

数字

余命推定システム

死ぬ程怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。 ただ、俺はこの話を最恐に怖い話だと思っている。 さっきテレビで関係する話が出ていて思い出した。 ※ 数年前の事…

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。 と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

空き家

赤い鞠

これは私が小学生の頃の話です。 家の近所に一軒の空き家がありました。 その家は昔旅館を経営していた様子で、山奥の長い一本道を上って行くと突然現れるその家は、小学生が誰しも…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。 なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。 しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。 中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。 爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…