ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。

今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わなかったから、寝ようと思ってその際フラット席にしたんだ。

場所を選べたから、一番端っこにある壁際のフラット席にした。

ネットカフェを利用している人は解ると思うけど、毛布で個室が見られないように遮るだろ?

俺も同じく毛布で遮っていたんだ。

と言っても壁際だし、対面の席は空いているし、平日だったから店内はガラガラだった。

肝心な話はここからで、漫画を読み終わって返却しようと振り返ったのさ。

そしたら毛布の下の隙間から足首が見えるんだ。

貸出のスリッパに裸足、細くて毛も無いから女性だと思った。

両足の爪先を俺の個室に向けたまま動かない。

ちょっと異様だから、心配になって扉に手を掛けたんだ。

そしたらすぐにパタパタと走って行ったから安心した。

その後も周りを気にしていたけど、何も起きなかったからそのまま寝たんだ。

午前2時くらいに寝て、午前5時くらいに起きたと思う。

足はPC台の下にある隙間に入れていたから、頭は入り口側だった。

目覚めてふと入り口を見たらさ、居るんだよ。貸出スリッパに裸足の女。

寝起きにそんな光景を見たものだから、何秒か固まってしまった。

そしてある事に気付いちゃったんだ。

その足、今回は爪先立ちなのね。

嫌な汗が止まらなかった。

『おい、マジかよ…』

と思い、寝たままの姿勢でゆっくり顔を上げたんだ。

そしたらさ、覗き込んでいるんだよ。女がさ。

顎を壁に乗せて頭だけ見えるようにして。

ニタニタと気持ちの悪い笑顔で俺の顔を見ている。

思わず枕にしていたクッションを投げつけたらさ、

『気付いてくれたぁ』

という感じで、一層気味の悪い顔でニヤァッと笑ったんだ。

その顔を見ていたら頭がガンガンしてきて、何だか二日酔いのような気分になってきた。

もうそこに居るのが耐えられず、女に捕まっても良いからと部屋の外に飛び出したんだ。

でも女は居なかった。

空いている席に隠れているのではないかと思ったけど、何処にも居なかった。

トイレで気持ちを落ち着かせて、元の席に戻ろうしたんだ。

そしたら、居るんだよソイツ。

一番奥、壁際の俺の席の前に。

こちらを向いて、

『早く来て、早く来て』

という感じで。

観念して店員同行で席に戻ったけど、誰も居なかった。

その後すぐに店を出たけど、もうネットカフェなんて利用出来ない。

それから…。

店を出た後、すぐに無言電話が掛かって来たんだ。

5分おきに一回ずつ。朝までずっと。

着信拒否にしても違う番号で何度も掛かってきた。

携帯を変えるまで掛かってきて、もうトラウマものですわ。

関連記事

姉のアトリエ

10年程前の話。 美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。 それだけで住ま…

三つの墓標

俺の高3の時の生物の担当の話。 自分が実際に体験した訳じゃないけど、ある程度現場視点で話します。 先生は某国立大学の出で、その大学は山にあって、昔は基地として使われていたら…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。 小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。 「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

閉ざされた一家

警察には未公開な事件が多数あるらしいのですが、そのファイルの一つに、TSと銘打たれた事件がある。 事件はこうだ。今から7年前、千葉県内にて連続殺人事件が発生した。被害者は8名で、…

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。 それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと来て…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

タクシー(フリー写真)

タクシーの先客

M子さんは、新宿から私鉄で一時間ほどの所に住んでいる。 その日は連日の残業が終わり、土曜日の休日出勤という事もあって、同僚と深夜まで飲み終電で帰る事になった。 M子さんの通…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

泉の広場の赤い服の女

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。 通勤の帰りによく見かけた。 30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。 …