黒い傘

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

雨(フリー写真)

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。

高校2年生の夏休みの時の話。

友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来た。

傘を持っていない俺達は大慌てだった。

すぐさま近くにあった屋根付きのバス停に避難した。

「雨の予報なんて無かったよな?」

なんて友達と言い合いながら、Bがスマホを見ながら

「ああ、これゲリラ豪雨ってやつだ」

と確認していた。

仕方が無いので雨が止むまで待とうということになった。

雨の勢いは強く、周りが白く見えるんじゃないかというほど激しく降っていた。

時々雷が鳴り、雷が苦手な俺はビビってAとBに笑われていた。

それから何分くらい経ったのか、俺達は無言で雨が止むのを待っていた。

するとBが、

「あれ? 人がこっちに来るぞ」

と言った。

Bが指差した方を見ると、確かに前方から女の人がこちらへ歩いて来る。

俺「雨宿りか?」

B「そうか? 雨宿りならもっと走って来るだろ」

A「ってか、傘差してるじゃん。バスに乗る人だろ普通」

そんな会話をしていたら、その女の人は俺達の近くまで来た。

その女の人は長髪で黒いワンピースを着ていて、黒いレース模様の傘を差していた。

そして片方には黒い傘を三本携えている。

その女の人は俺達の前に立ち止まり、三本の傘を俺達に差し出した。

A「えっと、すいません。俺らに傘を貸してくれるんですか?」

Aがそう聞くと、女の人が静かに頷いた。

A「どうする? 貸してもらう?」

俺「いやいや、知らない人に傘を貰うのかよ」

B「それもそうだな…」

A「よし、解った」

俺達は傘を断った。

A「すいません。お気持ちは嬉いんですが、遠慮させていただきます」

すると女の人は差し出した傘を引っ込めて、そのままどこかへ歩いて行った。

女の人の姿が見えなくなると、Bが

「今の女の人の顔、見たか?

顔が恐ろしく白い気がしたんだ…」

と言うものだから、俺達は笑った。

「気のせいだろ? 傘も服も黒かったから、顔が白く見えたんだろ」

と笑ってやったら、BとAの顔が曇る。

B「ちょっと待て。あの女の人の傘も服も赤かったじゃないか!」

A「は? 白かったぞ?」

俺「ちょっと待てよ。怖いよ。何で全員あの女の色が違うんだよ」

俺達は三人で雨が止むまで、女の人の消えて行った方を見るだけだった……。

特にその後、何か起きたということは無かった。

ただ、Bはその後、風邪を一週間くらい患って夏休みの殆どを潰した。

もし傘を受け取っていたらどうなってたんだろうな……。

関連記事

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。私の住んでいる町は小さ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

花(フリー素材)

いっちゃん

妹の話。妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。伯父を見るなり妹は、「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」と言い出した。伯父も両親…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。「うぉっ、時刻表よ…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…