黒い傘

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

雨(フリー写真)

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。

高校2年生の夏休みの時の話。

友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来た。

傘を持っていない俺達は大慌てだった。

すぐさま近くにあった屋根付きのバス停に避難した。

「雨の予報なんて無かったよな?」

なんて友達と言い合いながら、Bがスマホを見ながら

「ああ、これゲリラ豪雨ってやつだ」

と確認していた。

仕方が無いので雨が止むまで待とうということになった。

雨の勢いは強く、周りが白く見えるんじゃないかというほど激しく降っていた。

時々雷が鳴り、雷が苦手な俺はビビってAとBに笑われていた。

それから何分くらい経ったのか、俺達は無言で雨が止むのを待っていた。

するとBが、

「あれ? 人がこっちに来るぞ」

と言った。

Bが指差した方を見ると、確かに前方から女の人がこちらへ歩いて来る。

俺「雨宿りか?」

B「そうか? 雨宿りならもっと走って来るだろ」

A「ってか、傘差してるじゃん。バスに乗る人だろ普通」

そんな会話をしていたら、その女の人は俺達の近くまで来た。

その女の人は長髪で黒いワンピースを着ていて、黒いレース模様の傘を差していた。

そして片方には黒い傘を三本携えている。

その女の人は俺達の前に立ち止まり、三本の傘を俺達に差し出した。

A「えっと、すいません。俺らに傘を貸してくれるんですか?」

Aがそう聞くと、女の人が静かに頷いた。

A「どうする? 貸してもらう?」

俺「いやいや、知らない人に傘を貰うのかよ」

B「それもそうだな…」

A「よし、解った」

俺達は傘を断った。

A「すいません。お気持ちは嬉いんですが、遠慮させていただきます」

すると女の人は差し出した傘を引っ込めて、そのままどこかへ歩いて行った。

女の人の姿が見えなくなると、Bが

「今の女の人の顔、見たか?

顔が恐ろしく白い気がしたんだ…」

と言うものだから、俺達は笑った。

「気のせいだろ? 傘も服も黒かったから、顔が白く見えたんだろ」

と笑ってやったら、BとAの顔が曇る。

B「ちょっと待て。あの女の人の傘も服も赤かったじゃないか!」

A「は? 白かったぞ?」

俺「ちょっと待てよ。怖いよ。何で全員あの女の色が違うんだよ」

俺達は三人で雨が止むまで、女の人の消えて行った方を見るだけだった……。

特にその後、何か起きたということは無かった。

ただ、Bはその後、風邪を一週間くらい患って夏休みの殆どを潰した。

もし傘を受け取っていたらどうなってたんだろうな……。

関連記事

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

山神様

これは、俺の曽祖父が体験した話です。大正時代の話ですので大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に『正夫』としておきますね。正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩り…

無人島ビデオ

「1年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」「あぁ、あったな。それがどうした?」「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」「マジ…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

神社の奥の光

俺、弓道やってるのね。その道場への行き道の途中を曲がると鳥居があるのよ。多分奥に神社があるんだろうけど見えてるのは鳥居だけ。で、鳥居の一直線上には暗いと何も見えないわけ。多分神社は一直…

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。交際は当時、無茶…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

新小岩駅(フリー写真)

腕を探す男

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。サラリーマン風の男が、「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」と甲高い大声を上げながら、ホームを行っ…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…