黒い傘

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

雨(フリー写真)

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。

高校2年生の夏休みの時の話。

友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来た。

傘を持っていない俺達は大慌てだった。

すぐさま近くにあった屋根付きのバス停に避難した。

「雨の予報なんて無かったよな?」

なんて友達と言い合いながら、Bがスマホを見ながら

「ああ、これゲリラ豪雨ってやつだ」

と確認していた。

仕方が無いので雨が止むまで待とうということになった。

雨の勢いは強く、周りが白く見えるんじゃないかというほど激しく降っていた。

時々雷が鳴り、雷が苦手な俺はビビってAとBに笑われていた。

それから何分くらい経ったのか、俺達は無言で雨が止むのを待っていた。

するとBが、

「あれ? 人がこっちに来るぞ」

と言った。

Bが指差した方を見ると、確かに前方から女の人がこちらへ歩いて来る。

俺「雨宿りか?」

B「そうか? 雨宿りならもっと走って来るだろ」

A「ってか、傘差してるじゃん。バスに乗る人だろ普通」

そんな会話をしていたら、その女の人は俺達の近くまで来た。

その女の人は長髪で黒いワンピースを着ていて、黒いレース模様の傘を差していた。

そして片方には黒い傘を三本携えている。

その女の人は俺達の前に立ち止まり、三本の傘を俺達に差し出した。

A「えっと、すいません。俺らに傘を貸してくれるんですか?」

Aがそう聞くと、女の人が静かに頷いた。

A「どうする? 貸してもらう?」

俺「いやいや、知らない人に傘を貰うのかよ」

B「それもそうだな…」

A「よし、解った」

俺達は傘を断った。

A「すいません。お気持ちは嬉いんですが、遠慮させていただきます」

すると女の人は差し出した傘を引っ込めて、そのままどこかへ歩いて行った。

女の人の姿が見えなくなると、Bが

「今の女の人の顔、見たか?

顔が恐ろしく白い気がしたんだ…」

と言うものだから、俺達は笑った。

「気のせいだろ? 傘も服も黒かったから、顔が白く見えたんだろ」

と笑ってやったら、BとAの顔が曇る。

B「ちょっと待て。あの女の人の傘も服も赤かったじゃないか!」

A「は? 白かったぞ?」

俺「ちょっと待てよ。怖いよ。何で全員あの女の色が違うんだよ」

俺達は三人で雨が止むまで、女の人の消えて行った方を見るだけだった……。

特にその後、何か起きたということは無かった。

ただ、Bはその後、風邪を一週間くらい患って夏休みの殆どを潰した。

もし傘を受け取っていたらどうなってたんだろうな……。

関連記事

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

温泉街(フリー写真)

歪んだ旅館

怖いと言うよりちょっと不思議な話です。会社のK子さんという同僚から聞いたお話で、彼女の実体験です。K子さんは先月の末、妹さんと二人で箱根の温泉旅館に行ったそうです。 …

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。花火大会の後、会場近くの河原で買い…

三つの墓標

俺の高3の時の生物の担当の話。自分が実際に体験した訳じゃないけど、ある程度現場視点で話します。先生は某国立大学の出で、その大学は山にあって、昔は基地として使われていたら…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…