犬の幽霊

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

田舎の風景(フリー写真)

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。

僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。

田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。

特に寝苦しかった、ある熱帯夜のことだ。

蚊帳の中でゴロゴロしていると、不意に

「ウウウウウウウウウ」

と犬が唸るような声が、どこからともなく聞こえて来た。

聞き耳を立てていると、

「シッシッシッシ」

という水を切るような足音が、家の前を通り過ぎて行ったようだった。

起きて縁側に出てみると、暫くしたら家のブロック塀の向こうに犬の気配が戻って来て、そしてまた通り過ぎて行った。

『野犬かな…』

そう思いながら佇んでいると、祖母もやって来て

「犬じゃろうか。ちょいと見てくる」

と言い、玄関の方へ行ってしまった。

僕は壁のすぐ向こうが幅広のドブだったことを思い出し、

「ドブの中を走ってんのか~」

と納得したが、祖母は大丈夫だろうかと心配になった。

それから暫く経って祖母が帰って来た。

「どうやった?」

と聞いたが、何故か答えてくれなかった。

祖母は僕を座らせ、改まってこう言った。

「あれはもののけじゃ。犬の幽霊じゃ。見てはならんぞ」

祖母はよく恐い話をしてくれたので、これも僕を怖がらせようとしているのだなと思い、

「どんな幽霊?」

と聞くと、

「四肢しかない。首も頭もない。それがドブを走っとる」

僕は想像してゾッとした。

「ええか。あれは昔から夏になると出る、子供をさらう山犬の霊じゃ。

子供を探して一晩中走り回る。絶対に見てはならんぞ」

都会っ子を自称する僕も、そうしたものがあってもおかしくない田舎独特の空気に気圧され、すっかり怯えてしまった。

僕は祖母の言う通り、大人しく布団に入った。

しかし布団を頭から被っても、犬の唸り声が微かに聞こえる。

何度目かに家の前を足音が通り過ぎた時、ふと思った。

『頭もないのに、どうやって犬が子供をさらうのか?』

一度気になると止まらない。

僕はどうしても犬の幽霊を見たくなった。

そもそもリアルな足音を聞いているのに、それが幽霊だと言われても段々嘘臭く思えて来る。

祖母の怪談の神通力も、子供の好奇心には勝てなかったらしい。

僕はこっそりと部屋を抜け出し、玄関へ向かった。

外に出て見ると、街灯の明かりが微かに側溝を照らしていたが、肝心の犬の幽霊は見当たらなかった。

僕はやぶ蚊と戦いながら、家の前でじっと待っていた。

『何か餌でも投げたら飛んでやって来ないかなあ』

そう考えていた時、それはやって来た。

「フッフッフッフ」

と荒い息遣いが左手の方から聞こえて来て、黒い影が見えた。

側溝は大人の背丈ほどもあったので、上に居る限り犬に飛び付かれることもないと高を括っていた僕は、暗い中でよく見ようと見を乗り出した。

黄色い街灯に照らされて犬の頭が見えた時、僕は

『やっぱりばあちゃんのホラじゃあ。ただの犬や』

と妙に勝ち誇った気分になった。

しかし、それが目の前を通り過ぎた時、心臓に冷たいものが走った。

犬は何かを咥えていた。

僕には全く気付いていないのか、犬は血走った目で泥水を刎ねながら走り去って行った。

僕はその一瞬に解った。

人間の赤ん坊が、その顎に咥えられていた。

首がぶらぶらしていて、今にも千切れそうだった。

僕は腰を抜かし、その場にへたり込んだ。

一歩も動けなくなったが、

『ばあちゃんはこれ見てほっといたんか』

という考えがぐるぐる頭を回った。

「大人に教えなあかん。大人に教えなあかん」

と呟いているつもりが、カチカチ歯の根が合わなかった。

そうしているとまた犬の足音が近付いて来て、目を反らせないでいると、今度は赤ん坊の首が根元からなくなっていた。

そして犬が走り去って行く時、ちょうど僕の目の前を、赤ん坊の首が笑いながらすーっと追い掛けて行った。

僕は這うようにして家に戻ると、祖母の布団に潜り込んで泣いた。

祖母は、

「あれはもののけじゃ。あれはもののけじゃ」

と言いながら、俺を叱るように抱き締めてくれた。

年寄りの怪談は素直に怖がるべきだということを思い知らされた。

関連記事

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

桜(フリー写真)

五回目の人生

俺には高校時代からの親友Aがいる。高校時代の当時、Aの自宅には、Aの従兄弟で大学生であるBさんが居候していた。Aの父親が、Aの大学受験の勉強を見てもらう事を条件に、地方…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…