銭湯の鏡

公開日: 心霊体験 | 怖い話

imgp0095

貧乏なアパート暮らしの女です。

風呂が無いので銭湯に行ってる。

いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。

浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに談笑していた。

洗髪してると視線を感じるので顔を上げたら、自分の前の鏡に知らないお婆さんの横顔が映っていた。

横目で、こっちを見ていた(洗髪台の正面が鏡になっているので、普通なら自分の正面顔が映るはず)。

死ぬほどビックリした。ビックリし過ぎると悲鳴も出せないと初めて知った。

思わず後ろを振り向いたら、誰もいなかった。

というか、浴室には誰もいなかった。

さっきまで喋りまくってたオバちゃんたちは、みんな更衣室に移動していた。

もう一度鏡を見たらちゃんと自分の顔が映ったけど、絶対に見間違えなんかじゃないよ。

体格もポーズも違うし。白髪だったし。目が合ったし。

慌てて私も浴室から出た。

洗えたのは頭だけで体は洗えなかったけど、それどころじゃない。

怖いよ。あのお婆さん誰?

もう二度と、あの銭湯には行かない。

関連記事

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。1年生の授業で、『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

窓(フリー写真)

霊道

私は山奥の田舎に住んでいるのですが、子供の頃に体験した話をしたいと思います。小学生も低学年の頃は親と一緒に寝るのが当たり前ですが、高学年になってくると、やはり自分の部屋が欲しく…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。生まれる前だったんで人から聞いた話。場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…

きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。当時、私とA、Bの私達3人はドライブがて…

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。古…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…