木こりの不思議な話

公開日: 不思議な体験

材木(フリー写真)

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。

前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。

運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、

「よけてくれたから会釈したんじゃねぇか」と返したら、

「誰も居なかった」と言う。

振り返ったら、やはり誰も居ない。隠れるところも脇道もない。

道の山側も谷側も絶壁。

またある日、長い隋道をいつものように車で走っていると、後ろからターボエンジンの爆音が聞こえて来た。

「えらいアオってんなぁ」とバックミラーを見たが、後続車はない。

車の影はないのに、暴走族のような不規則な爆音だけがピッタリとついて来る。

相方「聞こえるか…」

俺「聞こえてる…」

相方「後ろにゃ何もねえよなあ…」

俺「何もねえ…」

「うわあああ!」と、二人でひっくり返った声を出し、ブレーキを踏んで減速すると、ターボエンジンの音だけが俺達の軽トラを追い越して行った。

翌日、落ち着きを取り戻した二人は、

「昨日のあれは、自分の軽トラの音が、隋道の中で反響して聞こえたのだ」

「追い越されたように思ったのは、軽トラが隋道の半分を過ぎた時、音の跳ね返る向きが変わったのだ。

行くのか来るのか分からない、救急車のサイレンと同じだ」

と結論を出し、何故か「今日も聞こえるはず」と決めてかかり、同じ時刻に同じ隧道を通り抜けた。

あの音があの日だけのものであったことは言うまでもない。

忘れもしない10月13日、埼玉県成木の吹上隋道での出来事。

もう幾つか不思議な話がある。

枝打ちをしていると、20メートルほど下の方で二人連れらしき女性の話し声がする。楽しそうに笑っている。

たまに鉄砲撃ちが犬を連れて入って来る事はあっても、一般のハイキングのおばさんが歩けるようなところじゃない。

もちろん道なんかない。

風に乗って遠くの人声が聞こえて来たのではと思ったが、尾根にもハイキングコースはない。

これは相方も聞いていて、気味悪がっていた。

夏の草刈の時に、現場の隅の方で、小柄な老人がジッとこちらを見ていたことがある。

好意も悪意も感じられず、ただ仕事振りを見ている、という感じだった。

俺が会釈をしても全く意に介さない風で、相方に「あのおじいさん知ってるか?」と訊いたのだが、見えていたのは俺だけだった。

その日は小雨のそぼ降る梅雨近い日だったが、おじいさんは4、5時間はそこに居たろうか。

百姓のような身なりで、古くからの地元の人という印象だった。

別の草刈の現場ではこんなこともあった。

敷地の境近くを刈っていると、境界の向こうの隣の敷地から草刈機の大きな音がする。

エンジンの調子が悪そうな大ぶかしの音。

でも隣の筆には作業者など入っていなかった。

その音はすぐ止み、それきり聞こえなくなったので、空耳だろうということにして作業を続けていた。

そのうち煙草が吸いたくなったので、きりの良いところで休もうと考えていたら、耳元で誰かが「一服だんべぇ」と囁いたのだ。

慌てて相方を探すと、遥か遠くに草刈機を振るう姿が小さく見える。とても声の届く距離ではない。

「解ったから話しかけねぇでくれ」と、思わず声に出して言ってしまった。

その後も「一服だんべぇ」は、3回ほど俺に囁き続けた。

山を降りて、ふもとの部落の人に「昔、誰か作業者が死ななかったか」と訊いてみたが、そういうことはなかったそうだ。

あの声の主は誰だったのだろう…。

更に別の草刈の現場では、『3人』に囲まれてかなりパニクった。

その時ばかりは凄い悪意と害意を全身で感じた。

一体何が気に入らなかったのか解らないが、『何かされる』と感じた俺は、

「仕事してんだよっ!忙しいんだよっ!頼むから邪魔しねぇでくれよ!!」

と大声で怒鳴った。

自分が呼ばれたと思った相方は、エンジンを止めて「呼んだかぁー」と言った。

真夏の昼下がり、気温は40度を越えていたが、冷たい汗をべったり掻きました。

関連記事

十和田湖(フリー写真)

十和田湖の竜神様

十和田湖をご存知ですか? 十和田湖周辺は大きなオオクワガタが採れる事で有名で、初夏にワクワクしながら一人、自炊車泊旅行に向かった。 湖はとても透明度が高く、暑かったから湖…

古書店の本棚(フリー写真)

客寄せ仔猫

伯父の高校時代に、伯父が好きだった娘がいた。 高校卒業後は、偶に同窓会で顔を合わせる程度の付き合いだった。 しかし数年経って、その娘が親の勧める縁談を受けて結婚し、夫の仕…

田んぼ

田んぼの案山子の秘密

私は田舎に住んでいて、学校への通学路は常に田んぼの脇道を歩いていた。 ある日、帰宅中に田んぼの中にピンク色の割烹着を着た姿が見えた。 「田植えをしているのか」と思ったが、…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。 夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

オフィス(フリー写真)

奇妙な写真

最近、バイト先の店長から聞いた話です。 その店長の兄が、10年程前に体験した事だそうです。 ※ その兄は当時、とある中小企業に勤めていたのだけど、まだ2月の寒いある…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。 もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。 目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。 その時に起きた不気味な出…

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。 霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。 何もないところで手をふると、そこだけスローになる。 それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…