木こりの不思議な話

公開日: 不思議な体験

材木(フリー写真)

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。

前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。

運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、

「よけてくれたから会釈したんじゃねぇか」と返したら、

「誰も居なかった」と言う。

振り返ったら、やはり誰も居ない。隠れるところも脇道もない。

道の山側も谷側も絶壁。

またある日、長い隋道をいつものように車で走っていると、後ろからターボエンジンの爆音が聞こえて来た。

「えらいアオってんなぁ」とバックミラーを見たが、後続車はない。

車の影はないのに、暴走族のような不規則な爆音だけがピッタリとついて来る。

相方「聞こえるか…」

俺「聞こえてる…」

相方「後ろにゃ何もねえよなあ…」

俺「何もねえ…」

「うわあああ!」と、二人でひっくり返った声を出し、ブレーキを踏んで減速すると、ターボエンジンの音だけが俺達の軽トラを追い越して行った。

翌日、落ち着きを取り戻した二人は、

「昨日のあれは、自分の軽トラの音が、隋道の中で反響して聞こえたのだ」

「追い越されたように思ったのは、軽トラが隋道の半分を過ぎた時、音の跳ね返る向きが変わったのだ。

行くのか来るのか分からない、救急車のサイレンと同じだ」

と結論を出し、何故か「今日も聞こえるはず」と決めてかかり、同じ時刻に同じ隧道を通り抜けた。

あの音があの日だけのものであったことは言うまでもない。

忘れもしない10月13日、埼玉県成木の吹上隋道での出来事。

もう幾つか不思議な話がある。

枝打ちをしていると、20メートルほど下の方で二人連れらしき女性の話し声がする。楽しそうに笑っている。

たまに鉄砲撃ちが犬を連れて入って来る事はあっても、一般のハイキングのおばさんが歩けるようなところじゃない。

もちろん道なんかない。

風に乗って遠くの人声が聞こえて来たのではと思ったが、尾根にもハイキングコースはない。

これは相方も聞いていて、気味悪がっていた。

夏の草刈の時に、現場の隅の方で、小柄な老人がジッとこちらを見ていたことがある。

好意も悪意も感じられず、ただ仕事振りを見ている、という感じだった。

俺が会釈をしても全く意に介さない風で、相方に「あのおじいさん知ってるか?」と訊いたのだが、見えていたのは俺だけだった。

その日は小雨のそぼ降る梅雨近い日だったが、おじいさんは4、5時間はそこに居たろうか。

百姓のような身なりで、古くからの地元の人という印象だった。

別の草刈の現場ではこんなこともあった。

敷地の境近くを刈っていると、境界の向こうの隣の敷地から草刈機の大きな音がする。

エンジンの調子が悪そうな大ぶかしの音。

でも隣の筆には作業者など入っていなかった。

その音はすぐ止み、それきり聞こえなくなったので、空耳だろうということにして作業を続けていた。

そのうち煙草が吸いたくなったので、きりの良いところで休もうと考えていたら、耳元で誰かが「一服だんべぇ」と囁いたのだ。

慌てて相方を探すと、遥か遠くに草刈機を振るう姿が小さく見える。とても声の届く距離ではない。

「解ったから話しかけねぇでくれ」と、思わず声に出して言ってしまった。

その後も「一服だんべぇ」は、3回ほど俺に囁き続けた。

山を降りて、ふもとの部落の人に「昔、誰か作業者が死ななかったか」と訊いてみたが、そういうことはなかったそうだ。

あの声の主は誰だったのだろう…。

更に別の草刈の現場では、『3人』に囲まれてかなりパニクった。

その時ばかりは凄い悪意と害意を全身で感じた。

一体何が気に入らなかったのか解らないが、『何かされる』と感じた俺は、

「仕事してんだよっ!忙しいんだよっ!頼むから邪魔しねぇでくれよ!!」

と大声で怒鳴った。

自分が呼ばれたと思った相方は、エンジンを止めて「呼んだかぁー」と言った。

真夏の昼下がり、気温は40度を越えていたが、冷たい汗をべったり掻きました。

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。私の故郷の村には生贄様という風習があった。生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。月曜日…

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

神様のお世話

俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。でも当時はまだ小さくて、おまけに母子家庭で一人っ子だった俺は、他の家の家庭環境なんて分からないし、同い年の子がどういう風に親と…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

駅(フリー写真)

不思議な老人と駅

今年の夏に体験した話。雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。妻はパート、子供達は学校。久しぶりの一人の時間に何をして良いや…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…