霊視

公開日: 怖い話

916151232370671

あるテレビ番組のディレクターが心霊番組の撮影をしていた。

母親、息子、娘の3人家族のインタビューカットから始まった。

彼らは目に涙を浮かべながら、父親の事を話してくれた。

その様子を見て、ディレクターは満足のいく映像が撮れそうだと感じた。

次に霊能者が登場して、父親が着ていた服から霊視をすることになっていた。

霊能者は服を握り締め、霊視を始めた。

長い沈黙…。

その沈黙は予定よりもずっと長く続いた。

何かあったのだろうか。

普段なら、流暢な話しぶりで有名な霊能者が、霊視に対して曖昧なコメントしかしない。

それもブツブツ呟いているだけで、様子がおかしい。

ディレクターはコメントをどうにか引き出そうと気の利く質問を投げかけたが、霊能者はしどろもどろになっていた。

スタッフもこの緊急事態にどうしていいか分からず、立ち尽くしたままだ。

「これでは番組が作れそうもない…。やばいことになったぞ」

ディレクターは半ばパニック状態になっていた。

帰りのマイクロバス内では、どんよりした空気が漂っていた。

ぐったりしているディレクターに、霊能者がゆっくり近づいてきて呟いた。

「惨殺されているよ」

ディレクターは驚きの表情を見せた。

さらに、霊能者は恐るべき発言をする。

「父親は惨殺されているよ、あの家族に」

「家族にだって!?」

「殺人者の前では話せないよ。家族が住んでいる家からそう遠くない裏山に埋められているよ」

関連記事

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

おにいさん祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かった頃なので遊び場には事欠かなかった。家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。その空き地が潰されて大きな工場…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。高校時代から27歳になる現在まで…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

ロシアの軍艦(フリー素材)

ロシアの軍事教練所

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。そこで知り合った医務教官から聞いた話だという事です。その…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

B型肝炎

薬害エイズ。国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…