狂った家族

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験 | 怖い話

perumural-004

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。

自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟(18)の4人家族で、弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定です。

その日も夕食後に居間で父、母、俺でテレビを見ながら「弟の家はどこにする?」とか「一人暮らしで必要は物は?」などと話しており、弟は自室で就職に関する支度をしていた。テレビは確か『なんでも鑑定団』を見ていたと思う。

「ザザ…ザザザザ……」

不意にテレビにノイズが入った。

すぐにおさまったので、俺は気にせずテレビを見続けながら「……んでさぁ」と、話しを進めていたんだが、両親に目線を移すと、ある異変に気付いた。

両親が口を半開きにして、何かに驚いたように目を全開に見開きテレビを見ていた。

「……え!?…何!? どうしたの!?」

自分は、今まで見たことのない両親の顔に動揺しながら聞いた。

「……………」

しかし、両親は俺を無視しテレビを見続けた。

突然、2人の見開いた目だけが俺を見た。

「え!!?」

次の瞬間、まるで今までなにもなかったように、

母「うん、でもさ、弟自炊とか」

父「大丈夫じゃないか? なあ」

と話し出した。

「いや……ちょっ!ちょっと待って!今の何!?今のは何!?」

うちの両親は、2人とも普段からあまり冗談とかは言わない方で、昔から堅い性格だった。だから、冗談でもあんなことをするとは到底思えなかった。

母「今のって?」

父「??」

2人共キョトンとした顔をしている。

両親の性格を知っている自分は、それが誰かを騙すためのリアクションではなく、素のリアクションであることが解り、同時に違和感を覚えた。

「え……今の…って……」

両親は覚えていない……自分があんな顔をしていたことを……。

「いや……なんでも……」

自分は口ごもり、下向いた。

母「ところで、あなたはいつ死ぬの?」

「は?」

父「そうだな、その話もした方がいいな。いつにするんだ? 自殺か? 事故か?」

「は?」

意味が分からなかった。

突然のことの連発にかなり困惑している自分は、

「あ……あ? え? 俺死……? え? ……は?」

と、かなりしどろもどろだった。

しかし、両親はまるで当たり前のように話を進めた。

父「こっちも今まで待ってたんだ。そろそろいいだろ」

母「手伝うからね。大丈夫だから。ね」

両親はなおも淡々と話をしている。

首吊りは汚いとか、睡眠薬がいいとか、飛び降りは途中で気絶すれば痛くないとか、まるで見たことがあるように……。

会話の端々では、どこが面白いのか「アハハ」と笑い声も聞こえた。

「ちょっ…ちょっと!さっきから何変なこと言ってるんだよ!!」

明らかにいつもと違う両親に不安と怖さを感じて、自分は大声で怒鳴った。

両親が自分の方に顔を向けた。

「う……!!」

両親の目が左右逆を向いていた。

父「死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

母「死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

「ひ!!!!!!」

目は左右逆を向いていたが、顔はしっかり自分の方を向きながら、壊れた人形のように繰り返し「死ね」を連呼していた。

自分は耐えられなくなり、弟の居る部屋に逃げ込んだ。

「バン!!」

弟「うわっ!びっくりした!!何!?兄貴!」

弟は机に座り書類を書いていた。

「あ…あのな!!父さんと母さんが!目が逆で…死ねって言って……あ!その前にテレビにノイズが……!!」

弟「いや、ごめん。何言ってんのかわからん」

自分でも何を言ってるか解らなかった。今の自分に起こってることが理解出来なかった。

「あのな……あの…だから……」

訳が分からなくなり頭を抱えた。

「と……とにかく、父さんと母さんが変なんだ……!!!」

弟は口を半開き、目を目一杯見開いていた……。

「あ………あぁ」

両親がおかしくなって、弟まで……徐々に弟の目が左右逆を向いていくのを見て、俺は玄関に走った。

なんなんだ!なんなんだ!なんなんだ!!

玄関から外に出る前、チラッと居間が目に入った。両親がこちらを向いて立っていた。やはり目は左右逆を向いていた。

全速力で人が通りが多い場所まで走った。その後、少し息を整え、携帯で職場の一人暮らしの先輩に事情を話し、先輩の家に行った。

先輩は霊とかお化けが見える人で、普通だったら理解不能な自分の話を真剣に聞いてくれた。

先輩「そうか……よし、明日知り合いの寺に行ってなんとかしてもらおう。今日はまず休め。お前ひどい顔してるぞ」

その日は先輩の家に泊まった。一睡もできなかったのは言うまでもない。

次の日、先輩は夜勤、俺は休みだった。朝6時、先輩の家から車で30分くらいの寺に連れて行ってもらい、そこの住職に前夜のことを話した。

住職「わかりました……大変だったでしょう。憔悴しきっている……」

自分の顔を見て、住職は心配そうに言って下さった。

その後「そのままではいけない」と言われ、先輩と住職と自分の3人で家に戻ることにした。

家の中は地獄だった。

父は両腕、両足から血をダラダラ流しながら、居間と廊下を歩いていた。居間の隅には、血の付いた包丁が数本捨ててあった。

「あと2往復したら、右足の血管を……あと3往復したら、二の腕の血管を……」

ブツブツと独り言を言っていた。

母は風呂場にいた。

満タンに水のはった浴槽に自らの頭を突っ込んで、出てを繰り返していた。自らの手で頭を押しながら…。

「あははがばっあははがばっあははがば死ぬ手前!死ぬ手前!!死ぬ手前ぇええええええええ!!!」

弟は机に向かって文字を書いていた。

ただ…手にはカッターを持ち、机の上には鏡があった。

「○○市○○町…」

自宅の住所を体に刻んでいた。

俺は恐ろしさで泣いた。

その後3人共、なんとか住職さんと応援に呼んだ他の寺の方に助けてもらいました。今はなんともないです。

ただ、今でも弟と父の体には傷が残っていて、温泉とか行くとかなり鬱になります。

長文失礼しました。

それでは、番外編ということで少し書きます。

あの後、住職さんに聞いたんですが、家族があのようになってしまった原因は、先祖にあったみたいでした。

時代劇とかで「末代まで呪ってやる」ってセリフありますよね?

あれのリアルバージョンだったみたいです。しかも呪い方も惨くて、ただ殺すのではなく、家族が出来てから乗り移り、ゆっくりと時間を掛けて追い詰めていくやり方だと聞かされました。

ただ、今回は呪う方も簡単にはいかなかったみたいで、というのも、俺の前世が高僧で、俺が生まれた時から手が出せずにおり、あの夜しびれを切らせて「死ね」って家族を使って圧力をかけたみたいでした。

しかし俺が逃げてしまい「仕方ないから他の家族だけでも」と…。

ただ呪いが強すぎて、住職さんでは完全には取れず、俺以外の家族は常に御守りを持っています。

まだ呪いは続いています。

関連記事

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。実際、お…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

男の戦い(宮大工12)

十年程前、親方の親友でやはり宮大工の棟梁であるKさんが病気で倒れてしまった時の事。親方とおかみさんは急遽お見舞いに行き、俺は親方の代理で現場を取り仕切った。三日程して親…

迷い道

昔、某電機機器メーカーの工場で派遣社員として働いていた時の話。三交代で働いていて、後一ヶ月で契約が切れる予定で、その週は準夜勤(17:00~0:30)でした。当時は運転…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…