夢の中の治療

公開日: 不思議な体験

医師(フリー写真)

俺の従兄弟の話を一つ。

非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。

人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。

従兄弟には当時付き合っていた彼女が居たが、心優しい彼は嘘を吐いて彼女に別れを告げた。

それから1年半が経ち、抗がん剤で何とか延命していたが、いよいよ抗癌剤の効き目が無くなってきたらしく、癌は徐々に大きくなって行った。

流石に自分の余命を察したのか、それまで前向きだった彼も、毎日のように死を口にするようになった。

俺は励ますつもりで、

「癌の特効薬は、実は人間の身体の中に存在しているのかもな。

お前、今日から癌が治るよう、頭の中で呪文のように唱えろ」

などと気休め程度のことを口走ってしまった(何の根拠も無く、ただ『癌からの奇跡の復活』という本で読んだ話をしただけだった)。

それから一ヶ月経ったある日、見舞いに行った俺に従兄弟が変な話をした。

話を聞くと、白衣を着た人間が白い大蛇に乗り、彼を治療に来る夢を一週間に一回ほど見るようになったらしい。

「あー、俺ついに、脳に転移しちゃったんだな(笑)」

なんて二人で笑った。

だが、それを境に奇妙なことが起こり始める。

まず体力が回復してきて、食欲が出た。

そして、癌細胞が増殖を停止したどころか、縮小し始めたのだ。

「ひょっとしたら、切れるかもしれない」

前回、姑息手術で終わっただけに、その医者の言葉は信じられなかった。

その手術の前日、夢の中にあの医者がやって来た。

彼は、

「今日が最後の治療になる」

と言ったそうだ。従兄弟は思わず、

「あなたは何者か?」

尋ねたら、

「お前が作り出した者だ」

と答えたという。

手術は成功した。と言うか、癌細胞は殆ど消えていたそうだ。

驚くべきは、術後の医者の言葉だった。

「どこかで治療しました?」

「何でですか?」

「だって、私の記録に無い治療を行われた痕があったような…。記憶違いかもしれないけど」

驚いた。と言うか、マジぞわーっとした。

医者の話によれば、極稀に末期がんからの復活をする人がいるらしい。

俺はあの医者だと思ったが、現実世界ではこんな話をしても通用しないと思い、心の中に閉まっておくこととした。

奇跡はこれで終わらなかった。

完全回復した彼は、突然別れた彼女に対してお詫びをしようと、何年かぶりに彼女に連絡をした。

それから数年後、彼らは結婚した。

新郎側は涙、涙だった。

関連記事

雪山のロッジ(フリー写真)

フデバコさん

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。 小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていて、私はロッジに泊まるグループになりました。 「寒い…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

夕日(フリー写真)

ドウドウ

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。 どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが 「ドー…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。 ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。 街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。 特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。 小学4年生の夏休みの事だ。 トイレに行って居間へ戻った…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。 初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。 俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

光の誓い

近所の「霊感おばさん」から夏祭りの時に聞いた話。 霊感おばさんの相談者の女性が、幼稚園時代に体験した話だそうです。 ※ 私は幼稚園の頃に「光の誓い」という曲を歌った事を覚えて…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。 日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。 ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…