夢の中の治療

公開日: 不思議な体験

医師(フリー写真)

俺の従兄弟の話を一つ。

非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。

人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。

従兄弟には当時付き合っていた彼女が居たが、心優しい彼は嘘を吐いて彼女に別れを告げた。

それから1年半が経ち、抗がん剤で何とか延命していたが、いよいよ抗癌剤の効き目が無くなってきたらしく、癌は徐々に大きくなって行った。

流石に自分の余命を察したのか、それまで前向きだった彼も、毎日のように死を口にするようになった。

俺は励ますつもりで、

「癌の特効薬は、実は人間の身体の中に存在しているのかもな。

お前、今日から癌が治るよう、頭の中で呪文のように唱えろ」

などと気休め程度のことを口走ってしまった(何の根拠も無く、ただ『癌からの奇跡の復活』という本で読んだ話をしただけだった)。

それから一ヶ月経ったある日、見舞いに行った俺に従兄弟が変な話をした。

話を聞くと、白衣を着た人間が白い大蛇に乗り、彼を治療に来る夢を一週間に一回ほど見るようになったらしい。

「あー、俺ついに、脳に転移しちゃったんだな(笑)」

なんて二人で笑った。

だが、それを境に奇妙なことが起こり始める。

まず体力が回復してきて、食欲が出た。

そして、癌細胞が増殖を停止したどころか、縮小し始めたのだ。

「ひょっとしたら、切れるかもしれない」

前回、姑息手術で終わっただけに、その医者の言葉は信じられなかった。

その手術の前日、夢の中にあの医者がやって来た。

彼は、

「今日が最後の治療になる」

と言ったそうだ。従兄弟は思わず、

「あなたは何者か?」

尋ねたら、

「お前が作り出した者だ」

と答えたという。

手術は成功した。と言うか、癌細胞は殆ど消えていたそうだ。

驚くべきは、術後の医者の言葉だった。

「どこかで治療しました?」

「何でですか?」

「だって、私の記録に無い治療を行われた痕があったような…。記憶違いかもしれないけど」

驚いた。と言うか、マジぞわーっとした。

医者の話によれば、極稀に末期がんからの復活をする人がいるらしい。

俺はあの医者だと思ったが、現実世界ではこんな話をしても通用しないと思い、心の中に閉まっておくこととした。

奇跡はこれで終わらなかった。

完全回復した彼は、突然別れた彼女に対してお詫びをしようと、何年かぶりに彼女に連絡をした。

それから数年後、彼らは結婚した。

新郎側は涙、涙だった。

関連記事

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。 彼には物心ついた頃から母親が居なかった。 母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。 そして彼が7才の時、父親が新しい母…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。 最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。 当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。 「私の部屋」「キッチンを挟…

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。 部室で無線機をチェック中に、 「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」 と部員が聞いて来た。 その場に…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。 ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。 最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

山(フリー素材)

岩場に付いたドア

高校時代に妙な体験をした。あまりに妙な出来事なので、これまで一度も周りから信じてもらったことがない。 ※ 高校2年生の秋。 私の通う高校は文化祭などには全く無関心なくせに、体…

失われた時間

2001年の秋。 風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。 小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。 段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…