夢の中の治療

公開日: 不思議な体験

医師(フリー写真)

俺の従兄弟の話を一つ。

非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。

人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。

従兄弟には当時付き合っていた彼女が居たが、心優しい彼は嘘を吐いて彼女に別れを告げた。

それから1年半が経ち、抗がん剤で何とか延命していたが、いよいよ抗癌剤の効き目が無くなってきたらしく、癌は徐々に大きくなって行った。

流石に自分の余命を察したのか、それまで前向きだった彼も、毎日のように死を口にするようになった。

俺は励ますつもりで、

「癌の特効薬は、実は人間の身体の中に存在しているのかもな。

お前、今日から癌が治るよう、頭の中で呪文のように唱えろ」

などと気休め程度のことを口走ってしまった(何の根拠も無く、ただ『癌からの奇跡の復活』という本で読んだ話をしただけだった)。

それから一ヶ月経ったある日、見舞いに行った俺に従兄弟が変な話をした。

話を聞くと、白衣を着た人間が白い大蛇に乗り、彼を治療に来る夢を一週間に一回ほど見るようになったらしい。

「あー、俺ついに、脳に転移しちゃったんだな(笑)」

なんて二人で笑った。

だが、それを境に奇妙なことが起こり始める。

まず体力が回復してきて、食欲が出た。

そして、癌細胞が増殖を停止したどころか、縮小し始めたのだ。

「ひょっとしたら、切れるかもしれない」

前回、姑息手術で終わっただけに、その医者の言葉は信じられなかった。

その手術の前日、夢の中にあの医者がやって来た。

彼は、

「今日が最後の治療になる」

と言ったそうだ。従兄弟は思わず、

「あなたは何者か?」

尋ねたら、

「お前が作り出した者だ」

と答えたという。

手術は成功した。と言うか、癌細胞は殆ど消えていたそうだ。

驚くべきは、術後の医者の言葉だった。

「どこかで治療しました?」

「何でですか?」

「だって、私の記録に無い治療を行われた痕があったような…。記憶違いかもしれないけど」

驚いた。と言うか、マジぞわーっとした。

医者の話によれば、極稀に末期がんからの復活をする人がいるらしい。

俺はあの医者だと思ったが、現実世界ではこんな話をしても通用しないと思い、心の中に閉まっておくこととした。

奇跡はこれで終わらなかった。

完全回復した彼は、突然別れた彼女に対してお詫びをしようと、何年かぶりに彼女に連絡をした。

それから数年後、彼らは結婚した。

新郎側は涙、涙だった。

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。 何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。 で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。 神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。 当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。 研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

食卓(フリー写真)

一つ足りない

何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。 叔母さんと中学3年生の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしてい…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。 ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。 辺りも薄暗くなってき…

ジュース(フリー写真)

ワンタ

幼稚園に入る少し前くらいだっただろうか。 子供の頃に、毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。 大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらい…