ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

公開日: 怖い話

廃屋(フリー写真)

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。

別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。

そこには電話番号も書いてあり、その番号に掛けると霊界に繋がるという噂があった。

ある日、番号をメモして電話を掛けてみた。携帯も無い時代。

電話を掛けてみると呼び出し音が鳴るが、いくら待っても誰も出ない。

友達数人と面白がって何度か電話を掛けていたが、ある日一人が

「多分、実際に青柳タンスに掛かっていると思う。みんなで青柳タンスに行って、その時一人が電話を掛けてみよう」

という話になった。

そこで俺一人が家に残って電話を掛けることになった。

みんなが青柳タンスに着くぐらいの頃に電話してみると、いつも通りの呼び出し音が鳴った後、ガチャリと音がして電話が通じた。

友達が電話を取ったと思い、

「そっちの様子はどう?」

と聞いてみたが返事が無い。

代わりに、低い男の人とおばあさんの声が混ざったような声で

「ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ」

という返事が来て電話が切れた。

恐くて恐くてみんなが帰って来るのを待ったが、結局その日は帰って来なかった。

後日、心配になりみんなの家に電話を掛けてもらうと、

「結局、電話が掛かって来なかったので、つまらなくなってみんな自分の家に戻った」

と言う。

何も言わずに家に帰ってしまうなんて変に思ったが、その日以来、みんなの様子が少し変わってしまい、俺たちは何となく疎遠になってしまった。

十数年後、同窓会でその数人の話を聞いたが、みんな学生時代に健康を害し、病気で死んでしまったらしい。

関連記事

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

ロシアの軍艦(フリー素材)

ロシアの軍事教練所

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。そこで知り合った医務教官から聞いた話だという事です。その…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

座敷(フリー素材)

おぶって来たご先祖様

ある女性歌手が幼少期、お盆の時期にお婆ちゃんの田舎で経験した話。地方なので、家々の周りの畑や田んぼの中に先祖代々の墓があるような土地。そこのお盆の風習で、親戚の中で一番…

夜の山(フリー写真)

山へのいざない

母の家系は某山と良からぬ因縁があるらしく、祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰って来れんようになるよ」 …

ラウンジ

踊り続けるアバター

PlayStation Homeを始めた頃の話。あるお化け屋敷ラウンジに、いつログインしてもずっと踊り続けているアバターが2体いるんだ。仮に「ぶらきゅー」さんと「はぴぴ」さんと…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

高田馬場のアパート

7年前の話。大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…