水の中の女

urban_art_girl_splash_paint_dark_1920x1200

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。

当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。

薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。

私はその頃奇怪な体験ばかりしていて、例えば白い靄が蠢くのを見たり、唐突に寒気を感じたりする程度だったけど、かなり薄気味悪く感じていた。

私が住んでいたのは田舎だった。

駅まで続く道は、広く荒涼とした田んぼを突っ切る水溜まりだらけの一本道だ。

雨上がりでぐちょぐちょの中、私は一人で歩いていた。

ふと私がその水溜まりに目をやった。ひときわ大きな、テーブルみたいな池に。

すると、水の中に、そいつはいた。

水の中に、白い着物の女の人がくっきりと映っていて、じっとこちらを凝視して何か言っていた。

無論、周囲の様子はおろか自分の顔すらも映らないような水深なのに。

私は死ぬほど驚き硬直して、目が離せなくなった。

水溜りに映っている時点でアレだけど、絶対人間じゃないと思った。

顔の色が土気色でかなり変な色だったし、形は人なのに出しているオーラがなんだか別のモノっぽくて、物凄い鳥肌が立った。

女は髪をバサバサ振り乱して必死に何かを訴えていた。

だが、なぜか全く聞こえない。

目を限界までカッと見開いていて、口の動きはパクパクするのを三倍速にした感じ。

その必死の形相に戦慄して、私はダッシュで逃げ出し、怯えながら家に帰った。

取り敢えず家族には何も言わずに、なんだか分からないけどさっさと忘れようと思い早めに寝た。

すると、意に反して夢の中にそいつが出てきたのだ。

夢の中で、あの女はまた髪を振り乱し、今度は両手も振り回しながら何か言っていた。

さっきと違い、もっと強く怒鳴っているようだった。

しかも、水溜まりの時は気付かなかったが、女は墓地を背にして立っていた。

私は無言で怒鳴る女に、

「何言ってるかわかんない」「きこえないきこえない」

と何度も訴えたが、私の声も相手に聞こえていないようだった。

今書いたら滑稽だが、実際に体験した身からすると滅茶苦茶怖くて、私は半泣きだった。

不毛な問答を繰り返している内に、朝になって目が覚めた。

私は全身汗だくで肩で息をしながら跳ね起き、さっきのが夢だと分かって安心する。

「夢かー…」

と言いつつ、取り敢えず暑いので着替えようと布団から出て、ふと自分の足を見た。

すると、右足の内側ら辺に、何か書いてあるのが見えた。

血文字で。

あの女の、目の血走った顔が脳裏を過った。

字は達筆というか、やたらウネウネした、墓にある卒塔婆みたいな感じで書いてあった。

しかし、うねりすぎていて読めない。というか怖い。

誰の血なのか。私は出血なんかしていない。叫びそうだった。

半狂乱でその辺にあったティッシュを取り、濡らして思い切り擦った。

なかなか取れなかった。

もうこいつに伝えても駄目だ、伝わらないと諦められたのだろう。それきり、女は二度と私の前に姿を現さなかった。

今思えば、あの血文字の内容こそ言いたかった事だろうから、写真などを撮っておいたら良かった。

それから、もし女の声が私に聞こえていたらと思うと、気が気でない。

あの延々と怒鳴る声が聞こえていたら、きっと怖すぎてショック死していたな。

20数年経った今でも鮮明に覚えている。

あの女はもう出て来なかったが、ずっと私の中に、奥の方に住み着いている。

じーっと頭の中で息を潜めているような気がするのだ。

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。車は見た事もないような暗い裏道…

仏間から聞こえる声

俺の婆ちゃんの家は、不思議な現象が沢山起こる家だった。俺自身、仏間の隣の部屋で寝ていたら、夜中に見知らぬ誰かに寝顔を覗き込まれるという経験をした事があり、翌朝、婆ちゃんにその事…

廃墟(フリー写真)

廃ホテルでの心霊体験

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない…

SOSやめてください

1984年の話です。大阪千里丘の〇〇第二小学校に通ってたんだけど、そこでは他の学校とかでは聞いたことがない怪談、というか存在の話があった。「SOSやめてください」 …

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

トプン

昨年の秋口、暇だったので札幌の某川上流にある小さなダムに釣りに行った時のこと。住宅地からさほど離れていない場所にあるので、休日には親子連れも来るのんびりした所なんだけど、その日…

白い空間

誰もいない世界

私は2年前まで看護師をしていました。今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…