地図に無い駅

夜の駅(フリー素材)

その日、彼は疲れていました。

遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。

既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。

その為いつもよりも電車での移動時間が長く、彼はそのまま電車の中で眠ってしまいました。

男性が目を覚ますと、そこには見知らぬ景色が広がっていました。

快速で通る駅とも違うので、彼は寝過ごしてしまったのかと思い、急いで電車を降りました。

その後すぐ電車は行ってしまいました。

ここがどこなのかを調べようとしますが、駅員が居ないどころか時刻表すら見当たりませんでした。

ただ「○○駅」という駅名を示す看板だけがありました。

やはり降りる駅は通り過ぎてしまったようです。彼も知らない名前の駅でした。

既に電車が通っているような時間ではなかったので、とにかく近くの町まで歩いて、そこからタクシーを拾うか、最悪でもその町に一泊してから始発を待つことにしました。

しかし辺り一面暗がりで、建物一つ見当たらない場所でした。

深い山中というほどではありませんでしたが、所謂「秘境駅」なのかと思い、とにかく近くに町が無いか探しながら歩くことにしました。

ところが、歩けど歩けど同じ景色ばかり。道も舗装されていないので歩き難く、電車で仮眠を取った程度の体力ではとても歩き続けられませんでした。

すると、近くに腰を落ち着けられる岩がありました。

それをベンチ替わりにして休憩することにしました。

すると突然、電話がかかってきました。

発信元は、近所に住む友人でした。

「お前、まだ帰ってねえの? 今日、借りてたゲーム返しに行く約束してたろ? 残業だって聞いたけど、まだ会社に居るのか? もう帰っちまったから、明日返すからな」

そうでした、今日は友人が夜に訪ねてくる予定だったのを忘れていました。

家に帰っているという友人に「何とか迎えに来てくれないか」と聞いてみました。

「今、どこ?」

「○○駅っていう駅の近く」

「○○駅~? 聞いたこと無いな…。ちょっとネットで調べるから、待っててくれ」

そう言って彼は電話を切りました。

迎えに来てくれなくても、せめてここがどこか判れば御の字です。

10分ほど経った頃でしょうか、友人から電話がかかってきました。

「駅名、合ってるか? そんな駅、無いぞ?」

既に駅から離れていたので確認することも出来ませんでしたが、友人は続けて

「そもそも、お前が乗る電車で乗り過ごしても、そんなど田舎に停車しないぞ? 終点は××市だし」

と言うのです。

確かに、乗り過ごしたとしても県庁所在地近くの町までしか電車は行けないのです。

そのまま折り返してしまっても反対側の終点は会社のある駅で、こんな地形ではありません。

そして、会話中に突然電話が切れてしまいました。

電波が届かないどころか、操作も一切受け付けません。

怖くなった彼はその場で気絶してしまいました。

気が付いた時にはすっかり日が昇っていて、周囲の地形もはっきりしてきました。

そして、ようやくここが終点近くの町であることに気が付きました。

今日は会社が休みだったので、彼はそのまま帰宅しました。

帰ってから直ぐさま、あの駅について調べてみました。

確かに友人の言った通り「○○駅」なんて駅はありませんでした。

更に詳しく知るために、質問掲示板に書き込みをすることにしました。

するとその日の夜、友人がゲームを返しに来て帰った後に回答の書き込みを見てみると、

「○○駅なら知ってます。

私の友人がその名前の駅に来たことがあると話していました。

お祓いを受けた方が良いかもしれません。

その友人もその話の後、数日後に事故で亡くなっているので」

という書き込みがありました。

翌日、彼は会社を休んで神社にお祓いをしてもらいに行きました。

その数日後に彼は車に撥ねられましたが、腕と足の骨折で済んだそうです。

関連記事

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

かごめかごめ

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。これは私が大学時代にその友人か…

家(フリー素材)

予兆

会社からの帰宅途中に新しい家があり、その家のベランダを見たら女性が体育座りをしている。それだけだったら変じゃないけどさ。よく見たら家族で体育座りをしているんだよね。 …

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

迷い道

昔、某電機機器メーカーの工場で派遣社員として働いていた時の話。三交代で働いていて、後一ヶ月で契約が切れる予定で、その週は準夜勤(17:00~0:30)でした。当時は運転…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…