地図に無い駅

夜の駅(フリー素材)

その日、彼は疲れていました。

遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。

既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。

その為いつもよりも電車での移動時間が長く、彼はそのまま電車の中で眠ってしまいました。

男性が目を覚ますと、そこには見知らぬ景色が広がっていました。

快速で通る駅とも違うので、彼は寝過ごしてしまったのかと思い、急いで電車を降りました。

その後すぐ電車は行ってしまいました。

ここがどこなのかを調べようとしますが、駅員が居ないどころか時刻表すら見当たりませんでした。

ただ「○○駅」という駅名を示す看板だけがありました。

やはり降りる駅は通り過ぎてしまったようです。彼も知らない名前の駅でした。

既に電車が通っているような時間ではなかったので、とにかく近くの町まで歩いて、そこからタクシーを拾うか、最悪でもその町に一泊してから始発を待つことにしました。

しかし辺り一面暗がりで、建物一つ見当たらない場所でした。

深い山中というほどではありませんでしたが、所謂「秘境駅」なのかと思い、とにかく近くに町が無いか探しながら歩くことにしました。

ところが、歩けど歩けど同じ景色ばかり。道も舗装されていないので歩き難く、電車で仮眠を取った程度の体力ではとても歩き続けられませんでした。

すると、近くに腰を落ち着けられる岩がありました。

それをベンチ替わりにして休憩することにしました。

すると突然、電話がかかってきました。

発信元は、近所に住む友人でした。

「お前、まだ帰ってねえの? 今日、借りてたゲーム返しに行く約束してたろ? 残業だって聞いたけど、まだ会社に居るのか? もう帰っちまったから、明日返すからな」

そうでした、今日は友人が夜に訪ねてくる予定だったのを忘れていました。

家に帰っているという友人に「何とか迎えに来てくれないか」と聞いてみました。

「今、どこ?」

「○○駅っていう駅の近く」

「○○駅~? 聞いたこと無いな…。ちょっとネットで調べるから、待っててくれ」

そう言って彼は電話を切りました。

迎えに来てくれなくても、せめてここがどこか判れば御の字です。

10分ほど経った頃でしょうか、友人から電話がかかってきました。

「駅名、合ってるか? そんな駅、無いぞ?」

既に駅から離れていたので確認することも出来ませんでしたが、友人は続けて

「そもそも、お前が乗る電車で乗り過ごしても、そんなど田舎に停車しないぞ? 終点は××市だし」

と言うのです。

確かに、乗り過ごしたとしても県庁所在地近くの町までしか電車は行けないのです。

そのまま折り返してしまっても反対側の終点は会社のある駅で、こんな地形ではありません。

そして、会話中に突然電話が切れてしまいました。

電波が届かないどころか、操作も一切受け付けません。

怖くなった彼はその場で気絶してしまいました。

気が付いた時にはすっかり日が昇っていて、周囲の地形もはっきりしてきました。

そして、ようやくここが終点近くの町であることに気が付きました。

今日は会社が休みだったので、彼はそのまま帰宅しました。

帰ってから直ぐさま、あの駅について調べてみました。

確かに友人の言った通り「○○駅」なんて駅はありませんでした。

更に詳しく知るために、質問掲示板に書き込みをすることにしました。

するとその日の夜、友人がゲームを返しに来て帰った後に回答の書き込みを見てみると、

「○○駅なら知ってます。

私の友人がその名前の駅に来たことがあると話していました。

お祓いを受けた方が良いかもしれません。

その友人もその話の後、数日後に事故で亡くなっているので」

という書き込みがありました。

翌日、彼は会社を休んで神社にお祓いをしてもらいに行きました。

その数日後に彼は車に撥ねられましたが、腕と足の骨折で済んだそうです。

関連記事

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と言われる事がある。霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。これは俺が実…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。昔の事とて、ろ…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…