ガラスに映る人

ガラス窓(フリー写真)

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。

私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。

当時中学生だった私も、放課後や休みの日は母に連れられて、その大学に時々遊びに行っていました。

ある日、私はいつものように学生服を着たまま、母と一緒にキャンパスへ遊びに行きました。

その日は授業がない日だったようで、一部の職員とシスターが居るだけで、学生は全く見かけませんでした。

キャンパスはそんなに広くないのですが、人も少なくとても静かだったので、まるでゴーストタウンのようでした。

母は会議があるとのことだったので、私を置いて会議室に向かいました。

中学生の私が制服でキャンパス内を歩いているとどうしても目立つので、一人の時は図書館で本を読んで過ごしていたのですが、その日は学生さんたちが居ないこともあって、大学を探検することにしました。

キャンパスの建物の中をあちこち回っているうちに、建物の外に出てしまいました。

この大学のメインとなる建物は、一階の壁面がガラス張りになっていて、鏡のように外の景色の広い範囲を映しています。

建物の外をぐるっと歩いてみようと思い、建物を右手側にし歩き始めました。

この時、私はガラスに映る自分と景色を眺めながら歩いていたのですが、ふと私の後方を映しているガラスに注意を向けると、後ろの方に人が居るのが見えました。

その人は私と同じデザインの学生服を着ていたので、私は同じ中学校の生徒だと思い、後ろを振り向きました。

しかし、後ろには誰も居ません。

おかしいな、見間違いかな、と思ってまたガラスを覗いてみました。

やっぱり居ます。

『これは変だ!』そう思った瞬間、その人はこちらに向かって、物凄い勢いで走って来ました。

ぱっと後ろを振り向きましたが、やはり誰も居ません。

ガラスに映っている中学生は、両手を大きく振る奇妙なフォームで走りながら、どんどん近付いて来ています。

混乱してしまった私は、その場から動けなくなっていました。

『どうしよう、どうしよう』と思っているうちに、ガラスに映る『その人』は、ガラスに映っている私の目の前まで迫って来てしまいました。

『ぶつかる!』そう思った私は、ガラスを見ながらどうにかして避けようとしたのですが、あることに気付いて、恐怖で体が固まってしまいました。

ガラスの中でこちらに向かって走って来た『その人』は、私でした。

顔も髪型も、体格も着ている制服も全く同じ、間違いなく私でした。

ただ唯一違うのは、その『私』の表情が、気味が悪いくらい歪んだ笑顔だったという点でした。

ガラスに映っているその『走って来た私』は、『立ち尽くしている私』の横を通り過ぎると、その気味の悪い歪んだ笑顔のまま、ガラスに映る景色の中を走り去って行きました。

本当に一瞬の出来事でした。

怖くなった私は母たちの居る所へ戻り、自分の身に起きたことを全部話したのですが、全く信じてもらえませんでした。

その大学の他の職員やシスターにも話をしたのですが、相手にされませんでした。

あれからもう5年近く時間が経ちましたが、特に異常はありません。

ドッペルゲンガーを見たのかもしれませんが、今のところ大きな事故や病気もなく、健康にしています。

ただ、私のこの体験は見間違いや白昼夢ではなく、間違いなく現実のものでした。

あのガラスに映るもう一人の自分を見てから、世の中にはオカルト的なものもあるのだと考えるようになりました。

冬景色(フリー写真)

おあしという神様

『おあし』という神様の話。 父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。 お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。 父の実家は当時…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。 山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。 親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。 結局、俺はその仕事を一人で行うように…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。 そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。 家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…

樹木(フリー写真)

根付

これは私が小学3年生の時に体験した話です。 当時の私の家族構成は、母方の祖父母、父母、姉、でした。 祖父の生家を建て直す事になり、壊す前に家族全員でご挨拶に伺いに行きました…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。 最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。 親父は意識が朦朧としていたが、…

さくら池

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。 僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、その…