洋館で生まれた絆

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

洋館(フリー写真)

ある小さな町に、昔から伝わる奇妙な話がある。

町の中心部から少し離れた場所に、古びた洋館が建っていた。

その洋館には、ある夜だけ窓から幽霊が現れるという噂があった。

この話は、ある若者がその洋館に住むことになった時の出来事である。

若者は、洋館の安い家賃に惹かれて引っ越してきたのだが、その噂を全く知らなかった。

引っ越しを終えたその日の夜、彼は妙な音に目覚めた。

音は、窓から聞こえることがわかった。

彼は窓を開けて外を見た。

すると、目の前に幽霊の姿が現れた。

幽霊は、若者に何かを伝えようとしているかのようだった。

しかしその声はかすれていて、何を言っているのか分からなかった。

若者は恐怖に震え、その場から逃げ出そうとした。

ところが足がすくんで動けなくなってしまった。

幽霊は、若者に向かって手を伸ばしてきた。

その瞬間、若者は気を失ってしまった。

次の日、若者は目を覚まし、昨晩のことを思い出した。

彼は恐怖を感じ、洋館を離れることを決意した。

しかし家を出る前に、彼はあることに気づいた。

昨晩の幽霊が伝えようとしていた言葉が、彼の頭の中に残っていた。

それは「助けてほしい」という言葉だった。

若者は、幽霊が困っているのではないかと思い始めた。

彼は幽霊に何ができるか考え、図書館で調べ始めた。

そしてその洋館の歴史と、亡くなった住人のことを知ることができた。

幽霊は、かつて洋館に住んでいた女性だとわかった。

彼女は家族とともに亡くなり、その魂が洋館に留まっていたのである。

若者は、彼女の魂を助けるために、祈りを捧げることを決意した。

彼は地元の神社に行き、神主に相談を持ちかけた。

神主は若者の話を聞き、幽霊の魂を成仏させるための儀式を教えてくれた。

若者は、その儀式を行うための準備を始めた。

そして満月の夜が訪れると、若者は洋館で儀式を行った。

彼は幽霊が最後に現れた窓の前で祈りを捧げ、お線香を焚いた。

次第に、幽霊の姿が現れた。

しかし今度は彼女の表情が穏やかで、怖いものではなくなっていた。

若者は、彼女に平穏な永遠を願い、祈りを捧げ続けた。

儀式が終わると、幽霊は微笑んで消えていった。

それ以来、洋館には幽霊の姿は現れなくなった。

若者は、幽霊が成仏できたことを喜び、洋館での生活を続けることにした。

そして彼はその後も、洋館に関する奇妙な話や、幽霊が助けを求めていた理由を調べ続けた。

やがて彼は、洋館の秘密を知ることになる。

洋館には、かつての住人たちが隠した財産が眠っていたのだ。

彼女はその財産を守るために、魂が成仏できずにいたのだとわかった。

若者は財産を発見し、地元の神社や福祉施設に寄付を行った。

彼はまた、洋館を修復し、町の人々が訪れる観光地として開放した。

やがてその洋館は町の誇りとなり、多くの人々が訪れるようになった。

そして若者は、幽霊のおかげで洋館の歴史と秘密を知ることができたことに感謝した。

その洋館は今も、その町の人々に愛され続けている。

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

運命(フリー写真)

運命

その日は仕事で遅くなり、終電に乗って家へ帰ることになった。 駅に着き、改札を出て家へ向かって歩き始めると、駅前広場の片隅に何人か集まっていた。 よく見てみると、集まってい…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。 その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。 それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

田舎の風景(フリー写真)

霊感の強い弟の話

高校生の頃、霊感がピークだった弟の話。 弟には小さな頃から霊感の強い友達が居る(仮にAとする)。 その日、学校帰りに Aの家へ遊びに行く途中のこと。 何ぶん田舎なも…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。 昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。 でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。 熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…