洋館で生まれた絆

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

洋館(フリー写真)

ある小さな町に、昔から伝わる奇妙な話がある。

町の中心部から少し離れた場所に、古びた洋館が建っていた。

その洋館には、ある夜だけ窓から幽霊が現れるという噂があった。

この話は、ある若者がその洋館に住むことになった時の出来事である。

若者は、洋館の安い家賃に惹かれて引っ越してきたのだが、その噂を全く知らなかった。

引っ越しを終えたその日の夜、彼は妙な音に目覚めた。

音は、窓から聞こえることがわかった。

彼は窓を開けて外を見た。

すると、目の前に幽霊の姿が現れた。

幽霊は、若者に何かを伝えようとしているかのようだった。

しかしその声はかすれていて、何を言っているのか分からなかった。

若者は恐怖に震え、その場から逃げ出そうとした。

ところが足がすくんで動けなくなってしまった。

幽霊は、若者に向かって手を伸ばしてきた。

その瞬間、若者は気を失ってしまった。

次の日、若者は目を覚まし、昨晩のことを思い出した。

彼は恐怖を感じ、洋館を離れることを決意した。

しかし家を出る前に、彼はあることに気づいた。

昨晩の幽霊が伝えようとしていた言葉が、彼の頭の中に残っていた。

それは「助けてほしい」という言葉だった。

若者は、幽霊が困っているのではないかと思い始めた。

彼は幽霊に何ができるか考え、図書館で調べ始めた。

そしてその洋館の歴史と、亡くなった住人のことを知ることができた。

幽霊は、かつて洋館に住んでいた女性だとわかった。

彼女は家族とともに亡くなり、その魂が洋館に留まっていたのである。

若者は、彼女の魂を助けるために、祈りを捧げることを決意した。

彼は地元の神社に行き、神主に相談を持ちかけた。

神主は若者の話を聞き、幽霊の魂を成仏させるための儀式を教えてくれた。

若者は、その儀式を行うための準備を始めた。

そして満月の夜が訪れると、若者は洋館で儀式を行った。

彼は幽霊が最後に現れた窓の前で祈りを捧げ、お線香を焚いた。

次第に、幽霊の姿が現れた。

しかし今度は彼女の表情が穏やかで、怖いものではなくなっていた。

若者は、彼女に平穏な永遠を願い、祈りを捧げ続けた。

儀式が終わると、幽霊は微笑んで消えていった。

それ以来、洋館には幽霊の姿は現れなくなった。

若者は、幽霊が成仏できたことを喜び、洋館での生活を続けることにした。

そして彼はその後も、洋館に関する奇妙な話や、幽霊が助けを求めていた理由を調べ続けた。

やがて彼は、洋館の秘密を知ることになる。

洋館には、かつての住人たちが隠した財産が眠っていたのだ。

彼女はその財産を守るために、魂が成仏できずにいたのだとわかった。

若者は財産を発見し、地元の神社や福祉施設に寄付を行った。

彼はまた、洋館を修復し、町の人々が訪れる観光地として開放した。

やがてその洋館は町の誇りとなり、多くの人々が訪れるようになった。

そして若者は、幽霊のおかげで洋館の歴史と秘密を知ることができたことに感謝した。

その洋館は今も、その町の人々に愛され続けている。

関連記事

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。 昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

山(フリー素材)

岩場に付いたドア

高校時代に妙な体験をした。あまりに妙な出来事なので、これまで一度も周りから信じてもらったことがない。 ※ 高校2年生の秋。 私の通う高校は文化祭などには全く無関心なくせに、体…

大蛇(浮世絵)

大蛇の恩返し

中学2年生の時の体験です。 正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。 私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられまし…

山遊び

子供の頃の話。 大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。 小学校が休みの日…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。 「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

ゲラゲラ(長編)

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。 そのマンションの真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでいる。 6階建てのマンションで、右側にマンションの玄関があり…

竹林

小学校の頃の話です。 おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。 俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構…

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。 この日は梅雨独特のジメジメした気温で、汗…