洋館で生まれた絆

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

洋館(フリー写真)

ある小さな町に、昔から伝わる奇妙な話がある。

町の中心部から少し離れた場所に、古びた洋館が建っていた。

その洋館には、ある夜だけ窓から幽霊が現れるという噂があった。

この話は、ある若者がその洋館に住むことになった時の出来事である。

若者は、洋館の安い家賃に惹かれて引っ越してきたのだが、その噂を全く知らなかった。

引っ越しを終えたその日の夜、彼は妙な音に目覚めた。

音は、窓から聞こえることがわかった。

彼は窓を開けて外を見た。

すると、目の前に幽霊の姿が現れた。

幽霊は、若者に何かを伝えようとしているかのようだった。

しかしその声はかすれていて、何を言っているのか分からなかった。

若者は恐怖に震え、その場から逃げ出そうとした。

ところが足がすくんで動けなくなってしまった。

幽霊は、若者に向かって手を伸ばしてきた。

その瞬間、若者は気を失ってしまった。

次の日、若者は目を覚まし、昨晩のことを思い出した。

彼は恐怖を感じ、洋館を離れることを決意した。

しかし家を出る前に、彼はあることに気づいた。

昨晩の幽霊が伝えようとしていた言葉が、彼の頭の中に残っていた。

それは「助けてほしい」という言葉だった。

若者は、幽霊が困っているのではないかと思い始めた。

彼は幽霊に何ができるか考え、図書館で調べ始めた。

そしてその洋館の歴史と、亡くなった住人のことを知ることができた。

幽霊は、かつて洋館に住んでいた女性だとわかった。

彼女は家族とともに亡くなり、その魂が洋館に留まっていたのである。

若者は、彼女の魂を助けるために、祈りを捧げることを決意した。

彼は地元の神社に行き、神主に相談を持ちかけた。

神主は若者の話を聞き、幽霊の魂を成仏させるための儀式を教えてくれた。

若者は、その儀式を行うための準備を始めた。

そして満月の夜が訪れると、若者は洋館で儀式を行った。

彼は幽霊が最後に現れた窓の前で祈りを捧げ、お線香を焚いた。

次第に、幽霊の姿が現れた。

しかし今度は彼女の表情が穏やかで、怖いものではなくなっていた。

若者は、彼女に平穏な永遠を願い、祈りを捧げ続けた。

儀式が終わると、幽霊は微笑んで消えていった。

それ以来、洋館には幽霊の姿は現れなくなった。

若者は、幽霊が成仏できたことを喜び、洋館での生活を続けることにした。

そして彼はその後も、洋館に関する奇妙な話や、幽霊が助けを求めていた理由を調べ続けた。

やがて彼は、洋館の秘密を知ることになる。

洋館には、かつての住人たちが隠した財産が眠っていたのだ。

彼女はその財産を守るために、魂が成仏できずにいたのだとわかった。

若者は財産を発見し、地元の神社や福祉施設に寄付を行った。

彼はまた、洋館を修復し、町の人々が訪れる観光地として開放した。

やがてその洋館は町の誇りとなり、多くの人々が訪れるようになった。

そして若者は、幽霊のおかげで洋館の歴史と秘密を知ることができたことに感謝した。

その洋館は今も、その町の人々に愛され続けている。

関連記事

見えない壁

数年前の話。 当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。 俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

十和田湖(フリー写真)

十和田湖の竜神様

十和田湖をご存知ですか? 十和田湖周辺は大きなオオクワガタが採れる事で有名で、初夏にワクワクしながら一人、自炊車泊旅行に向かった。 湖はとても透明度が高く、暑かったから湖…

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くらいの確率で。 細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…

iPhoneを横持ちする子供(フリー写真)

未来のゲーム

誰にも信じてもらえない出来事を、これから話します。 当時、私はまだ子供で、初代ゲームボーイが世に出たばかりの時代でした。 そのゲームボーイを親に買ってもらい、幸せの絶頂に…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。 前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。 他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

山道(フリー写真)

姥捨て山の老人

これは、私の兄が小学生の頃に体験した話です。 当時は私がまだ生まれる前のことでした。 春のある日、兄と祖父が近くの山で山菜採りに行きました。 彼らが目指していたのは…

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…