消えた友人

古書店(フリー写真)

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。

先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。

最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだけど、どうやら違うらしい。

事情を聴いてみたところ、結構長かったので覚えている限りを短くまとめてみた。

事は先輩が専門学校に通っていた頃から始まったそうだ。

ある日、高校の頃から仲の良かった友人から、

「バイトを始める事にした」

と電話が来たそうだ。それで、

「良いバイトだから一緒にやってみないか?」

と、先輩にもバイトを勧めたらしい。

毎日課題で忙しかった先輩は、一緒には出来ないと先に断りつつも、その友人の楽しそうな声からどんな場所なのか気になり、好奇心で面接に付いて行く事になった。

当日友人と待ち合わせてから、一緒にそのバイト先へ行った先輩。

見慣れた街を進みつつ、幾つかあまり知らない道も通ったが、頭の中の地図では大体の場所は把握出来ていたそうだ。

20分ほど歩いた所で友人が立ち止まり、

「あの店だよ!」

と前方を指差す。

その方向にあったのは、目立たないけど普通の古本屋の看板だった。

友人が、

「面接に来ましたー」

と店内に入って行くのを見送ってから、先輩は店頭に置いてあるワゴンの文庫を物色して時間を潰していた。

ふと店のガラス戸に目をやると『パート・アルバイト募集』の張り紙があった。

『こういう店でもちゃんと募集があるものなんだな』と思い、特に気にはしなかったらしいけど。

その日はそれから、友人とあの店でのバイトについて話しながら帰路に着いたそうだ。

数日後、休日に友人が、

「バイト受かったから、今日から働いてるぜ!何か買ってってくれよ(笑)」

と電話を掛けて来た。

先輩はやる事も無かったから、取り敢えず財布を持って以前通った道を辿り、古本屋へ向かったらしい。

ところが、店があった場所は普通の民家になっていた。

最初は道を間違えたのだと思い、少し戻ってから周囲を探したが、無い。

先輩は意を決して、本屋があった(と思われる)場所にある家を訪ねて、この辺りに本屋が無いか訊いてみたらしい。

「この辺りじゃ、駅前の方に行かないと無いよ」

そう言われて、もう訳が解らなくなったそうだ。

その後も友人から電話は掛かって来るし、普通に会話も出来て年始には年賀状も届くのに、何故か一度も顔を合わせていないらしい。

そしてそのまま少しずつ疎遠になり、今では携帯も通じなくなってしまったそうだ。

それから大分経ち、高校の同窓会の話が来た。

懐かしい事もあったし、もしかしたら友人に会えるかもしれないと思って、二つ返事で参加した。

先輩が会場に着くと、旧友の懐かしい顔が並んでいた。

でも、一通り見回してみても友人が居ない。

幹事だったクラスメイトに、

「○○(友人の名前)は来ないのか?」

と訊いてみたら、

「ああ? お前、何言ってるんだ? あそこで普通に飲んでるじゃん」

と、全く違うクラスメイトを指差していたそうだ。

関連記事

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

SOSやめてください

1984年の話です。大阪千里丘の〇〇第二小学校に通ってたんだけど、そこでは他の学校とかでは聞いたことがない怪談、というか存在の話があった。「SOSやめてください」 …

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。たまたま適当にネット漁…

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。…

未来都市(フリー素材)

未来からのテレビ放送

15年程前、小学生低学年の時に不思議な体験をした。当時は17時頃から始まるアニメ番組を毎日楽しみにしていた。オープニングが始まってCMも終わり、さあ始まるぞという時に、…

人形(フリー写真)

アンティークドールの夢

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。それどころか、銀色の髪…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。車は見た事もないような暗い裏道…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…