死んだ街

公開日: 心霊体験

窓(フリー写真)

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。

1年生の授業で、

『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って来る』

というものがあるんです。

それで、その先生が第一回の授業で課題に出すテーマは、いつも同じだったんですよ。

『死んだ街』というテーマなんです。

この授業の狙いは、

『顧客の漠然とした要求に、如何に具体的な映像で答え納得させるか』

というような事を勉強する授業で、今回の『死んだ街』の場合なら、一番ベタなのは寂れて見えるような映像を撮って来れば良い訳です。

でも生徒はみんなまだ学校に入ってから半年程度しか経っていない素人同然の人間ですから、そんな意図はなかなか汲み取れない訳です。

だから、結構変なものをみんな撮って来るんですね。

死んだ虫を撮って来たり、自殺する人の短編ドラマを作ってみたり。

その生徒が撮って来た映像の中に、一つ妙なものが混ざっていた、という話なんです。

その映像には『別館』と呼ばれている、うちの学校の敷地内のビルが映っていました。

夕暮れ時に生徒がカメラを持って、そのビルの中を歩きながら、ここで女が自殺して幽霊が云々…という話を延々とするというもの。

まあ何となく、実話怪談もののような、趣のある変な映像だったんです。

オチが結構良く出来ていまして、最上階の教室で怪談話を語り終わった後、カメラが突然アングルを変えて固定され画面の上の方に窓が映るのですが、その窓の外に女が張り付いているんですよ。

窓に手を押し付けるようにして。

要するに『幽霊話をしていたら幽霊が出ちゃった』というオチを付けたのだと思って、感心したんです。

外も暗くなってきていたし、カメラのピントがその女に合っていないから、表情などもちょっとぼけていて分からず、それがまた幽霊っぽくて何とも怖いんですね。

それで次の授業の後に、

「この前のアレ、テーマからは外れてたけど面白かったじゃないか」

などと言って、それを撮った生徒と話したんですよ。

そうして話している内に、妙な事に気付いたんです。

彼は、

「窓の外の女のことは知らない」

と言うんですよ。

「確かにそのビルで怪談話をしながら撮ったのですが、オチの後のその窓が映るカットは、単に撮影を終えてカメラを地面に置いた時に録画スイッチを切り忘れただけ。

それで荷物を片付け終わった時、カメラが回っていることに気付いてカメラを止めたのですが…。

まだ自分は編集機材を使えないし、上から他の映像を被せるのも変だし、だからそのままにして課題提出しちゃっただけです」

と言うんですね。

私はてっきりその生徒が僕を怖がらせようとして、オチの事をはぐらかしているのだと思って、

「あの女の子は彼女?」「あんな高い所の窓の外に立たせたりして、よく怒られなかったなー」

と言って、からかっていたんです。

そうしたら、彼が

「何言ってるんだ!」

と怒り出しまして、一緒にその彼が撮って来た作品を編集室で見ることにしたんです。

それで女が映っているところを見て、私がホラホラと窓の所を示したら、彼は真っ青な顔になり、

「こんなもの撮ってない」「俺は知らない」

と言い、そのまま帰っちゃったんですよ。

そして私は一人編集室に取り残されまして、

「最後まで芸達者な奴だなあ」

とニヤニヤしながら、彼の撮った窓の外の女の映像を見ていたのですが、そこで気付いたんです。

映っている教室の窓の大きさから逆算すると、その女、顔の大きさが70センチくらいある計算になるんです。

関連記事

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

エレベーター(フリー写真)

オンボロデパート

予期せぬ時に予期せぬ出来事が起きると、どうして良いか分からなくなる。これは、俺が先日体験した話。俺はその日、市内のデパートに買い物に行った。デパートと言っても大…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。だがそんなことは…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…