神隠しの森と村の伝承

農村(フリー写真)

ある山村に、不思議な伝承があった。

その伝承によれば、村の奥地にある古い神社には、神隠しの力があると言われていた。

神隠しとは、神や妖怪が人間を自分の世界に連れ去ってしまう現象のことである。

村の人々は、神隠しが起こることを恐れ、神社に近づくことを避けていた。

ある日、村に外から若いカップルがやってきた。

彼らは神社の伝承に興味を持ち、危険を顧みずにその場所を訪れることにした。

村人たちは彼らに、絶対に神社に行ってはいけないと忠告した。

しかし若いカップルはその忠告を無視し、神社へと向かった。

神社へと続く道は、暗くて険しい山道であった。

彼らは手探りで進み、ついに神社にたどり着いた。

その神社は荒れ果てており、昔の面影はほとんど残っていなかった。

彼らは、その場で記念撮影をし、何事もなく帰ろうとした。

ところがその瞬間、突然強い風が吹き、彼らは目の前が真っ暗になってしまった。

次の瞬間、彼らは見知らぬ場所に立っていた。

その場所は、神社の裏手にある奥の森であった。

彼らは自分たちの身に神隠しが起こったことに気づき、恐怖に震えた。

彼らは必死で元の世界に戻ろうとしたが、どうしても道が分からず、迷ってしまった。

夜が更けるにつれ、森の中はどんどん暗くなっていった。

彼らは、どんどん深い闇の中に取り込まれていくような気がした。

そして彼らはついに、森の中で見たこともないような奇妙な生き物たちに出会った。

それらの生き物たちは、彼らを自分たちの世界に連れて行こうとした。

彼らは手を繋ぎ、必死で抵抗した。

そして彼らは何とか、その生き物たちから逃れることに成功した。

しかしまだ闇の森から出ることはできず、彼らはどうすればよいかわからなくなってしまった。

その時、彼らは遠くで聞こえる小さな祈りの声を聞いた。

彼らはその声に導かれるように歩き始めた。

やがて、彼らは神社の近くにある小さな池にたどり着いた。

その池には、美しい月が映っていた。

彼らはその光に導かれるように、再び神社に向かった。

神社に戻ると、彼らは無事に元の世界に戻ることができた。

彼らは無事に戻れたことを喜び、村に戻って村人たちに報告した。

村人たちは、彼らが神隠しを体験し、無事に戻ってきたことに驚きと感謝の気持ちでいっぱいだった。

彼らは神社に感謝の気持ちを伝えるために、神社をきれいに掃除し、お供え物をした。

その後、村人たちは神社を大切にすることで、神隠しの力が鎮まり、村は平和になったと言われている。

この話は今も、村の人々に語り継がれている。

関連記事

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。 その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。 公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。 時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。 大抵の場合、じっとしてい…

山道(フリー素材)

異界の神社

夏の時期に自分が体験した、不思議で気味の悪い話。 21歳の時だから3年前の夏。確か8月の二週目だった。 上京して大学に通っていた俺は、夏休みを利用して実家に里帰りしていた。…

死臭

人間って、死が近づくと死臭がするよね。 介護の仕事をしていた時、亡くなるお年寄りは3、4日前から死臭を漂わせてた。 それも、その人の部屋の外まで臭うような、かなりハッキリした臭い…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。 特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。 小学4年生の夏休みの事だ。 トイレに行って居間へ戻った…

リゾート(昼)

リゾートバイト(前編)

これは夏休みも間近に迫った大学3年生の頃の話。 大学の友人の樹と覚、そして修(俺)の3人で、海に旅行しようと計画を立てたんだ。 計画段階で、樹が「どうせなら海でバイトしない…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。 ある日、いつものように一人…

秘密

小学四年生の時の話。 当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。 既に高…