ビジネスホテルでの心霊体験

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。

従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。

あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、通用口を開けるのが主な業務だった。

ある日、台風が接近して激しい豪雨になった。

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、朝までゆっくりして居られそうな気がした。

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

飛び込みの客も無いだろうし、外出中の客も居なかった。

激しい雨音に耳が慣れた頃、はっとして目が覚めた。少し眠ってしまったらしい。

表玄関の方を見ると…、おやっ、人が居る。

と言うか、人が座り込んでいるらしい。

ちょっとただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントへ戻った。

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体を無くすほどの酔客も居るのだ。

鍵を持って振り返ると、玄関に人影は無かった。

歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰も居ない。

自動扉のシリンダー錠を掛けて、ゆっくりと扉を閉め戻ろうとすると、宙に浮いた素足が目に入った。

顔を上げると同時に、すとんと腰が抜けた。

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していた。

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。こちらを見ているのかも分からない。

女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦り付けるようにカウンターの方へ移動した。

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

その間、一分も無かったと思う。

幽霊を見たと我に返るまで、その場から動けずに居た。

深夜3時だったが、僕は構わずフロアの照明を点けた。

友人に電話を掛け、今起きた事を興奮して喋った。

ずっと鳥肌が立っており、震えが止まらなかった。

その日でバイトを辞めたのだが、警備会社の上司は

「そうか、見ちゃったのか」

と言って、引き止めなかった。

関連記事

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。 肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。 巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。 当時、友人は会社の社員寮や…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。 ある日、結婚している8歳上の姉が2…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

校舎(フリー写真)

ツンバイさん

これは俺が小学5年生だった時の話だ。 当時、俺の通っていた学校では『心霊写真』を撮影するのが流行っていた。 俺のクラスの何人かも使い捨てカメラを持ち、放課後の校舎で幽霊が出…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

生き霊

母の会社の同僚の話。仮に村上さんとします。 村上さんはいつからか、肩こりのようなものに悩まされていた。それまでは、そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。 若い時…

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…