ビジネスホテルでの心霊体験

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。

従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。

あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、通用口を開けるのが主な業務だった。

ある日、台風が接近して激しい豪雨になった。

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、朝までゆっくりして居られそうな気がした。

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

飛び込みの客も無いだろうし、外出中の客も居なかった。

激しい雨音に耳が慣れた頃、はっとして目が覚めた。少し眠ってしまったらしい。

表玄関の方を見ると…、おやっ、人が居る。

と言うか、人が座り込んでいるらしい。

ちょっとただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントへ戻った。

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体を無くすほどの酔客も居るのだ。

鍵を持って振り返ると、玄関に人影は無かった。

歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰も居ない。

自動扉のシリンダー錠を掛けて、ゆっくりと扉を閉め戻ろうとすると、宙に浮いた素足が目に入った。

顔を上げると同時に、すとんと腰が抜けた。

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していた。

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。こちらを見ているのかも分からない。

女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦り付けるようにカウンターの方へ移動した。

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

その間、一分も無かったと思う。

幽霊を見たと我に返るまで、その場から動けずに居た。

深夜3時だったが、僕は構わずフロアの照明を点けた。

友人に電話を掛け、今起きた事を興奮して喋った。

ずっと鳥肌が立っており、震えが止まらなかった。

その日でバイトを辞めたのだが、警備会社の上司は

「そうか、見ちゃったのか」

と言って、引き止めなかった。

関連記事

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

青いテント(フリー写真)

青いテント

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。また、赤外線センサーを用いて自動シャ…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

クリスマス(フリー写真)

塾のクリスマス企画

俺が小学生だった頃の話。近所の小さな珠算塾(ソロバン塾)に通っていた俺は、毎年クリスマスの日の塾を楽しみにしていた。クリスマスの日だけはあまり授業をやらずに、先生が子供…