ビジネスホテルでの心霊体験

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。

従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。

あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、通用口を開けるのが主な業務だった。

ある日、台風が接近して激しい豪雨になった。

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、朝までゆっくりして居られそうな気がした。

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

飛び込みの客も無いだろうし、外出中の客も居なかった。

激しい雨音に耳が慣れた頃、はっとして目が覚めた。少し眠ってしまったらしい。

表玄関の方を見ると…、おやっ、人が居る。

と言うか、人が座り込んでいるらしい。

ちょっとただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントへ戻った。

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体を無くすほどの酔客も居るのだ。

鍵を持って振り返ると、玄関に人影は無かった。

歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰も居ない。

自動扉のシリンダー錠を掛けて、ゆっくりと扉を閉め戻ろうとすると、宙に浮いた素足が目に入った。

顔を上げると同時に、すとんと腰が抜けた。

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していた。

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。こちらを見ているのかも分からない。

女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦り付けるようにカウンターの方へ移動した。

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

その間、一分も無かったと思う。

幽霊を見たと我に返るまで、その場から動けずに居た。

深夜3時だったが、僕は構わずフロアの照明を点けた。

友人に電話を掛け、今起きた事を興奮して喋った。

ずっと鳥肌が立っており、震えが止まらなかった。

その日でバイトを辞めたのだが、警備会社の上司は

「そうか、見ちゃったのか」

と言って、引き止めなかった。

関連記事

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

OK

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。当時は人面犬や口裂け女など怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、TVはもちろん、コロコロコミックなどの児童雑誌でも怪談話が山のように掲…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな?幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

呼ばれてる

皆さんは深夜、急に喉が渇いて水を飲みに2階から1階まで降りた事はありませんか?もしかしたらマンションやアパート、平屋建ての方もいるかもしれませんが。そんな時は霊に呼ばれ…