ビジネスホテルでの心霊体験

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。

従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。

あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、通用口を開けるのが主な業務だった。

ある日、台風が接近して激しい豪雨になった。

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、朝までゆっくりして居られそうな気がした。

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

飛び込みの客も無いだろうし、外出中の客も居なかった。

激しい雨音に耳が慣れた頃、はっとして目が覚めた。少し眠ってしまったらしい。

表玄関の方を見ると…、おやっ、人が居る。

と言うか、人が座り込んでいるらしい。

ちょっとただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントへ戻った。

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体を無くすほどの酔客も居るのだ。

鍵を持って振り返ると、玄関に人影は無かった。

歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰も居ない。

自動扉のシリンダー錠を掛けて、ゆっくりと扉を閉め戻ろうとすると、宙に浮いた素足が目に入った。

顔を上げると同時に、すとんと腰が抜けた。

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していた。

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。こちらを見ているのかも分からない。

女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦り付けるようにカウンターの方へ移動した。

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

その間、一分も無かったと思う。

幽霊を見たと我に返るまで、その場から動けずに居た。

深夜3時だったが、僕は構わずフロアの照明を点けた。

友人に電話を掛け、今起きた事を興奮して喋った。

ずっと鳥肌が立っており、震えが止まらなかった。

その日でバイトを辞めたのだが、警備会社の上司は

「そうか、見ちゃったのか」

と言って、引き止めなかった。

関連記事

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。しかし…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。私の家は山の上の方にある。夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。私の家からコ…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

生き霊

母の会社の同僚の話。仮に村上さんとします。村上さんはいつからか、肩こりのようなものに悩まされていた。それまでは、そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。若い時…

シャワー(フリー写真)

誰かの髪

数年前、私は妹と東京で二人暮らしをしていました。元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるもの…