ビジネスホテルでの心霊体験

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。

従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。

あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、通用口を開けるのが主な業務だった。

ある日、台風が接近して激しい豪雨になった。

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、朝までゆっくりして居られそうな気がした。

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

飛び込みの客も無いだろうし、外出中の客も居なかった。

激しい雨音に耳が慣れた頃、はっとして目が覚めた。少し眠ってしまったらしい。

表玄関の方を見ると…、おやっ、人が居る。

と言うか、人が座り込んでいるらしい。

ちょっとただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントへ戻った。

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体を無くすほどの酔客も居るのだ。

鍵を持って振り返ると、玄関に人影は無かった。

歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰も居ない。

自動扉のシリンダー錠を掛けて、ゆっくりと扉を閉め戻ろうとすると、宙に浮いた素足が目に入った。

顔を上げると同時に、すとんと腰が抜けた。

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していた。

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。こちらを見ているのかも分からない。

女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦り付けるようにカウンターの方へ移動した。

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

その間、一分も無かったと思う。

幽霊を見たと我に返るまで、その場から動けずに居た。

深夜3時だったが、僕は構わずフロアの照明を点けた。

友人に電話を掛け、今起きた事を興奮して喋った。

ずっと鳥肌が立っており、震えが止まらなかった。

その日でバイトを辞めたのだが、警備会社の上司は

「そうか、見ちゃったのか」

と言って、引き止めなかった。

スーパーマーケット(フリー写真)

台風の日の親子

以前スーパーで働いていた時の話。 その日は台風が近付いていて、午前中は雨になる前に買い物をしておこうと客がいつもより多かった。 夕方を過ぎて雨が本降りになると、客はほぼ来な…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。 お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。 それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。 そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

夜の林(フリー写真)

お経の声

大学時代の話。実話です。 俺が通っていた大学の近くに自殺の名所があった。 林を暫く入った所にある滝(以下S滝)だ。 自殺の名所と言っても、景色も良く街からそんなに遠…

新築分譲

つたない文章になりますが、お話させて貰ってもよろしいでしょうか? 自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。 少し状況を整理したいので前置き…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。 その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。 これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。 それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…