止まった時間

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

銀杏の木(フリー写真)

私が小学校3年生か4年生の時のことです。

友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。

小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいました。

その神社は町の中にあるのですが、普段は神主さんも居ない所で、いつも表戸は閉まっていました。境内は教室4つ分くらいの広さです。

季節は秋で、一面に銀杏の葉が散っていたのを覚えています。

確か男子4人と、女子は私一人でした。私は小さい頃はきかん気で、男子と遊ぶことの方が多い子供でした。

男の子と遊ぶと意地悪をされることも多いのですが、それでも女の子と遊ぶよりはずっと楽しい、そんな子供でした。

私が鬼の番になり、木にもたれて

「ダルマさんが転んだ」

と早口で言って振り向くと、みんなは止まっています。

そういうルールなのですが、とても強い違和感を感じました。

ピクリとも動かないし、呼吸をしている感じさえないのです。

そしてその時、私も振り向いた状態で体が固まってしまい、どこも動かせないことに気付きました。

ただし目の前の光景は見えます。

驚いたことに、宙に舞っている木の葉が、そのまま張り付いたように空中で止まっています。

その時、私の耳に微かな鈴の音が聞こえて来ました。それはどうやら神社の中から響いているようです。

顔を動かすことが出来ないので分かりませんが、神社の扉が開いたようです。

中から何かがこちらに歩み寄って来ます。

…5歩、6歩、そしてその鈴の音の主は私の目の前に来て、やっと姿を見て取ることが出来ました。

それは夜店で売っているようなキツネのお面を被った、白い着物を着た痩せた男の人でした。

齢は判りませんが、それほど老人とは思えませんでした。

その人は私の方を見て、

「やれやれ、お嬢ちゃん時を止めてしまったようじゃな。

驚いたことだ、前に会った時からもう二百年にもなる」

そして、動きを止めている私たち5人の一人一人の顔を見渡すと、

「ふうむ、やっぱり止めたのはお嬢ちゃんじゃな。

本当ならばそなたをもらうのじゃが、何か強い守りが働いておる」

そう言って4人の男の顔を順番にしげしげと見て、

「この子が一番兄弟が多いようじゃな。この子をもらおう」

そう言って一人の男の子の頭を撫でました。

そして私に向かって、

「あんたはこのことを覚えとるじゃろうが、誰にも言ってはいかん。

もし言ったら、この面を外してお前の家にゆく」

そして風景が溶けるように歪み、ダルマさんが転んだの場面は動き出しました。

何事も無かったかのように、男の子の一人がぴくりと動きました。元に戻ったのです。

後で聞いてみても、私以外は誰も時が止まったことも、お面を被った人が来たことも覚えていませんでした。

私は短い夢を見ていたのだと考えることにしました。

でも、そうとは思えない出来事がありました。

お面を被った人が頭を撫でた男の子が、数日後に亡くなったのです。

先生の話では、原因不明の高熱によるとのことでした。

あの時のことは夢ではなかったと今では思っています。

どうして時が止まったのか、どうして私が連れて行かれなかったのかは判りません。

ただ思い当たることは、私の祖母がかつて若い頃に、沖縄で拝み屋のようなものをやっていたと聞いたことがあるくらいです。

怖くなくてすみません。でも本当の話です。

関連記事

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。正座させられた俺に、両親の後ろに回…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。それから地名、人名等は仮名としました。もったいぶ…

山道(フリー写真)

掛け声の正体

無名に近い芸能人の方がテレビで語っていた怖い話。その方の実家近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。高校時代のある日、仲間数人と連れ立って、…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

蔵(フリー写真)

漬物石

去年の7月のことだ。俺の祖父と祖母は老人ホームで既に他界していて、実家を管理する人がいなかったから、荒れ放題になってしまっていた。本来ならば、相続の関係で俺の母親の姉(…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。古…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。ある日、隣の市の…