止まった時間

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

銀杏の木(フリー写真)

私が小学校3年生か4年生の時のことです。

友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。

小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいました。

その神社は町の中にあるのですが、普段は神主さんも居ない所で、いつも表戸は閉まっていました。境内は教室4つ分くらいの広さです。

季節は秋で、一面に銀杏の葉が散っていたのを覚えています。

確か男子4人と、女子は私一人でした。私は小さい頃はきかん気で、男子と遊ぶことの方が多い子供でした。

男の子と遊ぶと意地悪をされることも多いのですが、それでも女の子と遊ぶよりはずっと楽しい、そんな子供でした。

私が鬼の番になり、木にもたれて

「ダルマさんが転んだ」

と早口で言って振り向くと、みんなは止まっています。

そういうルールなのですが、とても強い違和感を感じました。

ピクリとも動かないし、呼吸をしている感じさえないのです。

そしてその時、私も振り向いた状態で体が固まってしまい、どこも動かせないことに気付きました。

ただし目の前の光景は見えます。

驚いたことに、宙に舞っている木の葉が、そのまま張り付いたように空中で止まっています。

その時、私の耳に微かな鈴の音が聞こえて来ました。それはどうやら神社の中から響いているようです。

顔を動かすことが出来ないので分かりませんが、神社の扉が開いたようです。

中から何かがこちらに歩み寄って来ます。

…5歩、6歩、そしてその鈴の音の主は私の目の前に来て、やっと姿を見て取ることが出来ました。

それは夜店で売っているようなキツネのお面を被った、白い着物を着た痩せた男の人でした。

齢は判りませんが、それほど老人とは思えませんでした。

その人は私の方を見て、

「やれやれ、お嬢ちゃん時を止めてしまったようじゃな。

驚いたことだ、前に会った時からもう二百年にもなる」

そして、動きを止めている私たち5人の一人一人の顔を見渡すと、

「ふうむ、やっぱり止めたのはお嬢ちゃんじゃな。

本当ならばそなたをもらうのじゃが、何か強い守りが働いておる」

そう言って4人の男の顔を順番にしげしげと見て、

「この子が一番兄弟が多いようじゃな。この子をもらおう」

そう言って一人の男の子の頭を撫でました。

そして私に向かって、

「あんたはこのことを覚えとるじゃろうが、誰にも言ってはいかん。

もし言ったら、この面を外してお前の家にゆく」

そして風景が溶けるように歪み、ダルマさんが転んだの場面は動き出しました。

何事も無かったかのように、男の子の一人がぴくりと動きました。元に戻ったのです。

後で聞いてみても、私以外は誰も時が止まったことも、お面を被った人が来たことも覚えていませんでした。

私は短い夢を見ていたのだと考えることにしました。

でも、そうとは思えない出来事がありました。

お面を被った人が頭を撫でた男の子が、数日後に亡くなったのです。

先生の話では、原因不明の高熱によるとのことでした。

あの時のことは夢ではなかったと今では思っています。

どうして時が止まったのか、どうして私が連れて行かれなかったのかは判りません。

ただ思い当たることは、私の祖母がかつて若い頃に、沖縄で拝み屋のようなものをやっていたと聞いたことがあるくらいです。

怖くなくてすみません。でも本当の話です。

関連記事

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。 初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。 私たちはもぎった…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。 そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。 家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。 俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。 受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。 溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

黄泉の国の体験

同窓会の案内が来て、中学生だった当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。 この間の夜、ふと目が覚めると目の前に血を流した女の人がいた。 寝ぼけていたし起こされてムカつい…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。 今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。 Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

白い顔の女

大学時代の友人、藤本の話をします。藤本は入学当初から賑やかで遊び好きな男でした。 その藤本が2年の春から大学の近くにアパートを借りて、一人暮しを始める事になったのです。 晴…

おにいさん祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かった頃なので遊び場には事欠かなかった。家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。 その空き地が潰されて大きな工場…

マリエ

うちの近所にまことしやかに囁かれている「マリエ」というお話です。 オッチャンは焦っていた。今日も仕事の接待で深夜になってしまった。いつものT字路を曲がるとそこには古びた神社があっ…