後天性の霊感

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

厨房(フリーイラスト)

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。

一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。

その二人(AとBにします)曰く、そのファミレスは霊の通り道なのだそうです。

私は初めは信じていなかった、と言うかビビりなので信じないようにしていたのですが…。

ある時、Aと二人でキッチンで働いている時に、Aが食器洗浄機を動かしながら

「邪魔すんな!」

と叫びました。

私はその時Aとは離れて仕事しており、特に会話もしていなかったので、一体どうしたのか聞くと、五歳くらいの子供が足元で遊んでいるらしい。

勿論そんな子供は居ません。

何事も無かったかのように作業を続けるAに戸惑っていると、接客していたBが

「またあの子供居たね~」

と普通に言っていて、何となく私も『見える人にとっては普通の事なんだな』と思うようになりました。

そのファミレスにはデータ管理用のパソコンが二畳ぐらいの個室にあり、ドアには小窓が付いていました。

ある時、Bがそこで入力していると急に真っ青な顔で出て来て、誰かドアを叩いたか聞いて来ました。

ちょうどキッチンから食器を下げる用の棚の向こう側にそのドアがあるので、ドアはキッチンから見えているのですが、誰もドアには近付いてもいません。

B曰く、そのドアを

「バン!!」

と強く叩かれたとの事。

そんなはずはないとドアを見ると、小窓の所に手形が付いていたり…。

ちなみにそのパソコン部屋はやばいらしく、入力に時間がかかると、壁から二本手が生えて来て何かを探しているらしい。

そんな中で働いて二年が過ぎたお盆の時期の事です。

AとBが、

「やっぱこの時期は多いね~」

と、いつものように話をしています。

そんな中で作業をしていると、視界の外れで、小さな子供が食器洗浄機に向かって走って行くのが見えました。

ハッと見ても誰も居ない…深夜の二時半です。お客さんの中にもそんな子供が居るはずありません。

その事をAとBに伝えると、

「おー!見えるようになったのか!」とA。

「見えるようになったらしょうがないねー」とB。

二人の話によれば、霊感の強い人には先天性と後天性があり、後天性の人は、霊感の強い人の傍に居ると見える人になりやすいそうです。

ちなみに霊感が強い人は、意識して霊を見る事が出来るが、強くない人は、視界の外れなど見ようとしていない所で見えるとか…。

私は間もなくバイトを辞めました。それから少し経ちファミレスも潰れていました。

現在、私は霊感ゼロです。見える人にはなるべく接しないようにしています。

私にとってあの時のAとBが洒落怖でした。

この世で一番欲しくないものは霊感です。

関連記事

人面犬

9月頃、旅行で東北のある県に行った。ついでに遠い親戚に顔を出す事になった。 結構な田舎で従姉妹夫婦と子供、旦那の両親が同居してて俺は初見で挨拶したりしてた。 お父さんが熱帯…

異世界での体験談(長編)

異世界とか霊界とか、信じる信じないではなく、当たり前にあるものだと思って生きてきました。 死んだおじいちゃんが出雲大社で修行していて、祈祷師のような事もやっていたから。 家…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。 子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

神様のお世話

俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。 でも当時はまだ小さくて、おまけに母子家庭で一人っ子だった俺は、他の家の家庭環境なんて分からないし、同い年の子がどういう風に親と…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。 5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。 母に…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…