寺生まれのTさん

公開日: 心霊体験 | 怖い話

悪夢

俺は久々に嫌な夢を見た。

ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている。

俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。

すると男は突然、ノコギリで家の柱を切り出した。

思わず「やめろ!」と叫ぶ俺。

するとゆっくりこちらを振り返る男。

その顔は、見るも無残に潰されて顔中に釘が打ち付けてある。

「お前もこうなりたいのか? お前もこうなりたいのか?

してやろうか? してやろうか?」

ゆっくり俺に近付く男。

俺は金縛りに遭ったかのように動けず、そして男のノコギリが俺の顔に…。

そこで目が覚めた。

嫌な夢だ。後味が悪い。

俺は水を飲もうと立ち上がった。

俺の目に飛び込んで来たのは、無残にも傷つけられた家の柱だった。

俺は恐怖で腰を抜かしてしまった。

あの男は現実に居る。

そして次は本当に俺の顔が刻まれてしまうのではないかと怯えた。

その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた。

しかしTさんは「所詮、夢だろ?」と冷たい対応。

これでは引き下がれないので必死に「何とかしてください!」と頼み込むと、

「それじゃあ、俺の作った御守りをやるからそれを枕元に置いて寝ろ、そうすりゃ大丈夫だ」

と、御守りを渡してくれた。

次の日、不安ながらも朝の早かった俺は床に就いた。

そこでまた夢を見た。

「つづき、つづき、つづき!つづき!つづき!つづき!」

またあの男だ!

俺は夢の中でTさんの御守りを探した。

しかしどこにも見当たらない。

「これ? これ? これ?」

何と御守りを男が持っている。もうおしまいだ。

だが次の瞬間、御守りが眩い光に包まれ、どこからともなくTさんの声が。

「破ぁ!!」

御守りは光と共に飛び散り、男の半身を吹き飛ばした。

「あああああああああ」

半身でのたうつ男を尻目に、俺は夢から目覚めた。

枕元にあったはずの御守りは、どこを探しても見つからなかった。

その話をTさんに話すと、

「半身を吹き飛ばした? やれやれ、威力は親父の作った奴の半分か…」

と呟くTさん。

寺生まれは凄い。

俺は感動を覚えずには居られなかった。

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。 埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。 それにまつわるお話です…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。 1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。 毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。 彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。 その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。 …

蔵(フリー写真)

漬物石

去年の7月のことだ。 俺の祖父と祖母は老人ホームで既に他界していて、実家を管理する人がいなかったから、荒れ放題になってしまっていた。 本来ならば、相続の関係で俺の母親の姉(…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。 姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。 当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。 お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。 それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

学校の屋上(フリー背景素材)

卒業式に撮った写真

俺がまだ小学生の頃、ある日の道徳の授業の時のこと。 先生が学生時代の頃に「こっくりさん」が流行っていて、その時にクラスの女子が取り憑かれ、みんなでお祓いに連れて行ったという話があ…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。 中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。 『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。 「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…