寺生まれのTさん

公開日: 心霊体験 | 怖い話

悪夢

俺は久々に嫌な夢を見た。

ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている。

俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。

すると男は突然、ノコギリで家の柱を切り出した。

思わず「やめろ!」と叫ぶ俺。

するとゆっくりこちらを振り返る男。

その顔は、見るも無残に潰されて顔中に釘が打ち付けてある。

「お前もこうなりたいのか? お前もこうなりたいのか?

してやろうか? してやろうか?」

ゆっくり俺に近付く男。

俺は金縛りに遭ったかのように動けず、そして男のノコギリが俺の顔に…。

そこで目が覚めた。

嫌な夢だ。後味が悪い。

俺は水を飲もうと立ち上がった。

俺の目に飛び込んで来たのは、無残にも傷つけられた家の柱だった。

俺は恐怖で腰を抜かしてしまった。

あの男は現実に居る。

そして次は本当に俺の顔が刻まれてしまうのではないかと怯えた。

その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた。

しかしTさんは「所詮、夢だろ?」と冷たい対応。

これでは引き下がれないので必死に「何とかしてください!」と頼み込むと、

「それじゃあ、俺の作った御守りをやるからそれを枕元に置いて寝ろ、そうすりゃ大丈夫だ」

と、御守りを渡してくれた。

次の日、不安ながらも朝の早かった俺は床に就いた。

そこでまた夢を見た。

「つづき、つづき、つづき!つづき!つづき!つづき!」

またあの男だ!

俺は夢の中でTさんの御守りを探した。

しかしどこにも見当たらない。

「これ? これ? これ?」

何と御守りを男が持っている。もうおしまいだ。

だが次の瞬間、御守りが眩い光に包まれ、どこからともなくTさんの声が。

「破ぁ!!」

御守りは光と共に飛び散り、男の半身を吹き飛ばした。

「あああああああああ」

半身でのたうつ男を尻目に、俺は夢から目覚めた。

枕元にあったはずの御守りは、どこを探しても見つからなかった。

その話をTさんに話すと、

「半身を吹き飛ばした? やれやれ、威力は親父の作った奴の半分か…」

と呟くTさん。

寺生まれは凄い。

俺は感動を覚えずには居られなかった。

嫌な感じがする場所

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前らさ、行っちゃいけない場所って分かる? 誰かに行っちゃいけないって言われた訳でもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしま…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。 山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。 その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。 当時、私とA、Bの私達3人はドライブがて…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

プラットフォーム(フリー素材)

プラットフォームの死神

小学生の時の事なので思い違いかもしれないけど、謎だった体験。 家族と出掛けた帰り、確か夜の21時頃に、駅のホームで電車を待っていた。 ホームには他にも少数の人が居て、少し離…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。 俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

婚約指輪(フリー写真)

鬼の面

私には15歳年の離れた兄が居ます。 私が10歳の年に、兄(当時25歳)がお見合いをしました。 ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。 玄関…