幽霊鉄塔

公開日: 怖い話

鉄塔

私はドコモ関連の設備管理の仕事をしていますが、昨年の年末に信じられない体験をしました。これまで幽霊や妖怪を信じたことはなかったのですが、この出来事は私の認識を覆すものでした。現実なのか幻覚なのかはっきりしないままですが、その日の出来事を話します。

昨年12月27日、私と上司2人で山頂にあるアンテナ鉄塔の点検に出かけました。途中で雪が深くなり、神社の前に車を停めて徒歩で進むことにしました。木の枝には雪が積もっておらず、Kさんは「木の枝に積もった雪はすぐに下へ落ちるから」と説明しました。鉄塔への道中、木の枝やフェンスに細く裂かれた黒い文字が書かれた紙が絡みついているのを見つけました。

鉄塔内では、動物の毛と血痕を発見しましたが、どうやら鹿のもののようでした。毛は集めて外に捨て、血痕を薄めました。点検中、遠くで「ホゥゥゥゥ」という声が聞こえ、私はその声の主を探しましたが、KさんとTさん以外には誰もいませんでした。

点検を終えて帰る途中、私は裸足の足跡を発見し、それは歩くと現れ消える不思議な現象でした。KさんとTさんは途中で神社に詣でると言い出し、私は何とか車に乗せて会社に戻りました。

翌日、KさんとTさんは休みを取り、Tさんはその後会社を辞めました。Kさんは行方不明になってしまい、連絡が取れなくなりました。あの山を降りる時に、彼らを無理にでも連れて帰るべきだったと後悔しています。

関連記事

赤い服の女の子

以前に書き込みした者ですが、もう一つ、二十年程前の話をします。 私はオカルト掲示板でもお馴染みの、例の生き人形の生放送を見ました。 スタジオがパニックになったなど詳細は覚…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。 何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。 ウォーリーの特徴は…

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。 夜になったら、い…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

B型肝炎

薬害エイズ。 国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。 非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。 夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。 欠伸を噛み殺しながら、 『そろそろ火の始末をして…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。 父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。 風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

山(フリー写真)

山の物の怪

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。 裕福だった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。 ※ ある…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。 俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。 友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…