昭和のような町並みの異世界

10df56873e74573d1f9df83efbda1294_l

田舎の高校に通っていた高1の夏休みの時の話をします。

部活が20時に終わり、その後23時くらいまで部室で怖い話をしていた。

さすがに遅くなったから帰るかという事になり、家が近いAといつも通り帰る事に。

しかし、怪談話で怖くなって帰れなくなったJを家まで送って行く事になった。

Jの家は自分の家の反対方向のド田舎なのに。

今思うと何故自分たちが送って行くことになったのか謎。

3人で自転車を走らせていると、空は晴れ渡っているのに道が異様に暗いことに気付いた。

並んで走っている隣の奴の顔も確認できるか判らないくらい。

あと時折、何も無い所でいきなり顔に霧吹きで水をかけられたように、顔がいきなり濡れるという事が何度もあった。

天気雨とかじゃなく局所的に一瞬だけ。

最初は3人で

「こえぇぇ!」

と半分ふざけながらいたので何とか平気だったんだけど、段々空気全体がおかしいことに気付き始めて、とにかく急ぐ事だけを考えていたと思う。

Jの家に着くと、もう午前0時半になっていた。

自転車で30分の道のりなのに…とJは不思議がっていた。

とにかく怖いのと、夜も遅いのでAと一緒に家路を急ぐことに。

来た道を戻っていたはずなのに、いつの間にか全く知らない場所に。

「いつ道を間違えたんだろう」

などと思い、電柱にある住所を見てみるとJの家があるI町の隣の隣のK市に来ていた。

時計は午前0時45分。

A「K市にいるってことは、いつの間にか俺らの家を通り過ぎちゃったみたいだな」

俺「だな。とにかく急ぐか。西にひたすら行けば新幹線の線路にでるはず。そしたらもう少しで家だ」

しかし、なぜか道にあった看板や地図を参考にしながら西を目指しても新幹線の線路なんて無い。

昭和っぽい町並みやシャッターの閉まった商店の前をひたすら走り続けた。

2時間程走ってやっと遠くに線路が確認できた。

線路の近くにある、小さい頃に通い慣れた市民プールも発見できて、Aと一緒に安心していた。

プールの裏は田んぼばかりで、用水路が張り巡らされていた。

用水路を渡る時、いつも使う橋があったからその橋を通ろうとしたのだが、橋が無くなっている。

というか橋に続く道が無くなっていた。プールから一本道なのに…。

仕方なく住宅地を縫うように走り、見知らぬ橋で用水路を渡る事に。

そして橋を渡ろうとした途端、急に息苦しくなり、音も明かりも無くなり、空気が更に重くなり異様な雰囲気になった。

Aを見ると涙目で目をキョロキョロさせながら口をパクパクしている。

多分俺もそうなっていた。

「ここはヤバイ…!」

と感じ急いで橋を引き返した。

橋から離れてやっと呼吸が落ち着いた時は、二人とも冷や汗でびっしょり。

その後はどうやって水路を渡り帰ったかは覚えてない。家に着いたら午前4時になっていた。

後日Aと昼間にプールに行ったついでに橋を念入り探して見たけど、結局見つからなかった。

いつも使う橋も元に戻っていた。あと昭和な町並みや商店はK市やその周りの街には無い事が判った。

一体自分とAはどこを彷徨っていたのか、橋を渡っていたらどうなっていたのかと考えると今も怖い。

Aもその時の話はよく覚えている。

ちなみに自分は方向感覚だけは優れていて、道に迷ったのはこの時以外経験してない。

部活の仲間にAと話したら、「お前が道に迷うなんて珍しい」と笑われた。

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。 夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。 俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。 ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。 でも、いざ到着するとみんな…

秘密基地

サイキック少年

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。 昔、秘密基地とか作りませんでしたか? 僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…

んーーーー

現在も住んでいる自宅での話。 今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。 …

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 特…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。 高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に 「イトウって知ってる…