三日前の異世界

公開日: 異世界に行った話

タクシー(フリー写真)

俺の出身は宇都宮で、高校を卒業して3年制の専門学校へ行くために上京した。

夏休みのある日、赤羽駅の近くの居酒屋で深夜まで飲み、タクシーを捕まえて家の近くの大きな公園まで乗せてもらった。

車内で運転手さんと話していたのだが、いつの間にか寝てしまい、起きて気が付いたらまだ車内。

車が停車しているのでおかしいなと思ったら、運転手さんも寝ている。

慌てて起こして話を聞いたら、いつの間にか寝ていたらしい。

しかも「現在地が判らない」と言い出した。

辺りはまだ真っ暗だったので数十分寝ていただけかと思い、俺は時計を見たが止まっている。

料金メーターは表示されていない。無線も使えない。人気の無い町の路肩だった。

慌ててあちこち走り回り、公衆電話を見つけて運転手が会社に電話したら、

「何でお前が(タクシーに)乗ってるの?」

と言われた。

コンビニを見つけて店員さんにここはどこかと聞くと、栃木県の小山市だと言われた。しかも日付は三日前。

怖くなった俺は、公衆電話から家に電話を掛けると、知らない女性の声がしてすぐに切れた。

運転手はとにかく会社に戻ると言い張り、高速に乗って赤羽まで戻ることになった。

赤羽駅の近くのタクシー会社に到着し、今まであったことを話したが、当然の如く信じてもらえない。

3時間ほど前に運転手が電話を掛けた事を話しても、電話は無かったそうだ。

疲れているから二人ともソファーで休めと言われ、そのまま一睡もしないうちに朝になり、朝のニュースを見ると日付が元通りになっていた。

家に電話を掛けても、普段通り親が出た。

夢でも見たのだろうということになったが、あれは絶対に夢ではない。

関連記事

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。俺が聞き伝えでこ…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

消えた数時間

今日、変な体験をした。早目に仕事が終わったから、行きつけのスナックで一杯飲んで行くかと思い、スナックが入ってる雑居ビルのエレベーターに乗った。俺は飲む時に使う金を決め、…

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

時空の狭間(フリー素材)

カヨさん

神奈川、静岡近辺のホテル旅館や会社の保養施設関係では、表現はそれぞれ違うけど、恐らく時空が歪んだのだろうと推察出来る話は昔からあるよ。姉が以前に働いていた旅館では、スタッフの間…

亡くなったはずの役者さん

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。しかし役者さんは、ある日病…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…