三日前の異世界

公開日: 異世界に行った話

タクシー(フリー写真)

俺の出身は宇都宮で、高校を卒業して3年制の専門学校へ行くために上京した。

夏休みのある日、赤羽駅の近くの居酒屋で深夜まで飲み、タクシーを捕まえて家の近くの大きな公園まで乗せてもらった。

車内で運転手さんと話していたのだが、いつの間にか寝てしまい、起きて気が付いたらまだ車内。

車が停車しているのでおかしいなと思ったら、運転手さんも寝ている。

慌てて起こして話を聞いたら、いつの間にか寝ていたらしい。

しかも「現在地が判らない」と言い出した。

辺りはまだ真っ暗だったので数十分寝ていただけかと思い、俺は時計を見たが止まっている。

料金メーターは表示されていない。無線も使えない。人気の無い町の路肩だった。

慌ててあちこち走り回り、公衆電話を見つけて運転手が会社に電話したら、

「何でお前が(タクシーに)乗ってるの?」

と言われた。

コンビニを見つけて店員さんにここはどこかと聞くと、栃木県の小山市だと言われた。しかも日付は三日前。

怖くなった俺は、公衆電話から家に電話を掛けると、知らない女性の声がしてすぐに切れた。

運転手はとにかく会社に戻ると言い張り、高速に乗って赤羽まで戻ることになった。

赤羽駅の近くのタクシー会社に到着し、今まであったことを話したが、当然の如く信じてもらえない。

3時間ほど前に運転手が電話を掛けた事を話しても、電話は無かったそうだ。

疲れているから二人ともソファーで休めと言われ、そのまま一睡もしないうちに朝になり、朝のニュースを見ると日付が元通りになっていた。

家に電話を掛けても、普段通り親が出た。

夢でも見たのだろうということになったが、あれは絶対に夢ではない。

関連記事

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。田舎と言って…

地底世界

小学校2年生の頃の話。山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

ショートカット

小学校の頃の体験です。私が通っていた校舎は4階建てでした。校舎の両端にそれぞれ階段があって、東階段と西階段と呼ばれていました。東階段部分の校舎は3階までしかなく…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

住宅街(フリー写真)

交差した時空

現在でも忘れられない、10年以上前の不思議な体験です。免許を取得したばかりの頃、母のグリーンのミラパルコを借りて、近所を練習がてら走っていた時の事です。その日は友達が数…

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました?10の14乗分の1くらいの確率で。細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。あの世界に行くのはいつも決まって、…

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。…