三日前の異世界

公開日: 異世界に行った話

タクシー(フリー写真)

俺の出身は宇都宮で、高校を卒業して3年制の専門学校へ行くために上京した。

夏休みのある日、赤羽駅の近くの居酒屋で深夜まで飲み、タクシーを捕まえて家の近くの大きな公園まで乗せてもらった。

車内で運転手さんと話していたのだが、いつの間にか寝てしまい、起きて気が付いたらまだ車内。

車が停車しているのでおかしいなと思ったら、運転手さんも寝ている。

慌てて起こして話を聞いたら、いつの間にか寝ていたらしい。

しかも「現在地が判らない」と言い出した。

辺りはまだ真っ暗だったので数十分寝ていただけかと思い、俺は時計を見たが止まっている。

料金メーターは表示されていない。無線も使えない。人気の無い町の路肩だった。

慌ててあちこち走り回り、公衆電話を見つけて運転手が会社に電話したら、

「何でお前が(タクシーに)乗ってるの?」

と言われた。

コンビニを見つけて店員さんにここはどこかと聞くと、栃木県の小山市だと言われた。しかも日付は三日前。

怖くなった俺は、公衆電話から家に電話を掛けると、知らない女性の声がしてすぐに切れた。

運転手はとにかく会社に戻ると言い張り、高速に乗って赤羽まで戻ることになった。

赤羽駅の近くのタクシー会社に到着し、今まであったことを話したが、当然の如く信じてもらえない。

3時間ほど前に運転手が電話を掛けた事を話しても、電話は無かったそうだ。

疲れているから二人ともソファーで休めと言われ、そのまま一睡もしないうちに朝になり、朝のニュースを見ると日付が元通りになっていた。

家に電話を掛けても、普段通り親が出た。

夢でも見たのだろうということになったが、あれは絶対に夢ではない。

関連記事

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

団地(フリー写真)

ずれた世界

母がまだ幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。一番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りて行くと、一階の団地の入口に見知らぬおばさんが居た。その団地には、郵便受けが…

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…

次元の歪み

先に断っておきます。この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。もし今から私が話す話を…

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…

ワームホールの出現

私が二十歳になって初めての選挙の時のことだから9年程前の話です。その日の朝、初めての選挙で投票に行ったんです。投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るのは卒業式以…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

大学校舎(フリー写真)

NO BADY

二ヶ月ほど前に体験した話です。もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。 ※ 朝、起きたのが10時だった。『もう、10時か…』大学は9時半から始ま…