川を流れる仏壇

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

川(フリー写真)

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。

周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。

ある日、学校から帰宅すると、ちょうど父親が出掛けるところだった。

長靴にカッパズボンと明らかに普通の格好では無かったし、物凄く険しい表情をしていた。

そんな父が何故出掛けるのか気になり、長靴を履こうとしている父に

「どうしたん?」

と聞いた。

すると父は、

「ヒロちゃんが川で遊んでて行方不明になった」

と険しい顔で言った。

ヒロちゃんと言うのは、近所の3歳くらいの子供だ。

家のすぐ近くに川があり、母親と一緒に水遊びをしていたらしい。

母親が家の電話に気付き、

「川から上がって待ってなさい」

と言って家に戻ったらしい。

そして戻った時には、既にヒロちゃんの姿は無かったという事だ。

川は岸側の方は基本的に緩やかだが、真ん中はかなり流れが強い。

流されて下流の方に行った可能性があるため、捜索隊として行くとの事だった。

それだけ言うと父は、

「行って来る」

と言って行ってしまった。

自分もヒロちゃんの事はよく知っていたし、ここから川まで歩いて2分程度の距離という事もあり、手伝いに行こうと思い長靴を履き川へ向かった。

川に着いてみると、既に何人もの大人が川に入り探していた。

砂利の所で母親が座り込んで泣いているのが見えた。

取り敢えず下に降り、父を見つけて一緒に探す事にした。

確かに浅い所は流れが緩いが、真ん中の方に行くと流石に高校2年生の自分でも足を取られそうになる。

『これはもう助からないんじゃないか…』

と考えてしまう程だった。

そんな中でも暫く探し続け、空も薄い灰色になり、日も沈みかけたその時、

「おい、何か流れてこんか?」

と一人の男が言った。

自分も目を凝らして見ると、確かに何か黒い物が上流からこちらに向かって流れて来る。

何だろうと見ていたが、近くに来るにつれてそれが何だか判り、背筋が凍り付いた。

仏壇が流れている。

どんどんこちらの方に流れて来るが、見れば見るほど不気味で、少し小さくボロボロになっている。

タイミングがタイミングだけに、全員動けなくなってしまった。

数秒の沈黙の後、おもむろに村長だった人が口を開いた。

「ヒロちゃん、向こうに連れて行かれちゃったのかもしれんね」

その言葉を聞いた私は、更に気味が悪くなってしまった。

ヒロちゃんの遺体は3日後にもっと下流の方で発見されたのだが、腐敗がとても酷かったらしい。

それにしても気になるのは、あの仏壇の事だが…。

後日、上流の方に行ってみたがそこは民家一つ無く、殆ど人が立ち入れないような険しい崖になっていたらしい。

その日も誰かがそこへ行ったという話は全く聞かないし、それじゃあ一体誰が…という事になるが、それは判らない。

関連記事

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。図書館で本を借りたら、本の中に『こんにちわ』と書かれたメモが入っていた。次の週にまた別の本を借りたら、『こんにちわ。このまえ…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…

十和田湖(フリー写真)

十和田湖の竜神様

十和田湖をご存知ですか?十和田湖周辺は大きなオオクワガタが採れる事で有名で、初夏にワクワクしながら一人、自炊車泊旅行に向かった。湖はとても透明度が高く、暑かったから湖…

かくれんぼ

かくれんぼの夢

これは四つ下の弟の話。当時、弟は小4、俺は中2、兄貴は高1だった。兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆ど無かった。俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをし…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

夜の山(フリー写真)

山へのいざない

母の家系は某山と良からぬ因縁があるらしく、祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰って来れんようになるよ」 …