川を流れる仏壇

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

川(フリー写真)

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。

周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。

ある日、学校から帰宅すると、ちょうど父親が出掛けるところだった。

長靴にカッパズボンと明らかに普通の格好では無かったし、物凄く険しい表情をしていた。

そんな父が何故出掛けるのか気になり、長靴を履こうとしている父に

「どうしたん?」

と聞いた。

すると父は、

「ヒロちゃんが川で遊んでて行方不明になった」

と険しい顔で言った。

ヒロちゃんと言うのは、近所の3歳くらいの子供だ。

家のすぐ近くに川があり、母親と一緒に水遊びをしていたらしい。

母親が家の電話に気付き、

「川から上がって待ってなさい」

と言って家に戻ったらしい。

そして戻った時には、既にヒロちゃんの姿は無かったという事だ。

川は岸側の方は基本的に緩やかだが、真ん中はかなり流れが強い。

流されて下流の方に行った可能性があるため、捜索隊として行くとの事だった。

それだけ言うと父は、

「行って来る」

と言って行ってしまった。

自分もヒロちゃんの事はよく知っていたし、ここから川まで歩いて2分程度の距離という事もあり、手伝いに行こうと思い長靴を履き川へ向かった。

川に着いてみると、既に何人もの大人が川に入り探していた。

砂利の所で母親が座り込んで泣いているのが見えた。

取り敢えず下に降り、父を見つけて一緒に探す事にした。

確かに浅い所は流れが緩いが、真ん中の方に行くと流石に高校2年生の自分でも足を取られそうになる。

『これはもう助からないんじゃないか…』

と考えてしまう程だった。

そんな中でも暫く探し続け、空も薄い灰色になり、日も沈みかけたその時、

「おい、何か流れてこんか?」

と一人の男が言った。

自分も目を凝らして見ると、確かに何か黒い物が上流からこちらに向かって流れて来る。

何だろうと見ていたが、近くに来るにつれてそれが何だか判り、背筋が凍り付いた。

仏壇が流れている。

どんどんこちらの方に流れて来るが、見れば見るほど不気味で、少し小さくボロボロになっている。

タイミングがタイミングだけに、全員動けなくなってしまった。

数秒の沈黙の後、おもむろに村長だった人が口を開いた。

「ヒロちゃん、向こうに連れて行かれちゃったのかもしれんね」

その言葉を聞いた私は、更に気味が悪くなってしまった。

ヒロちゃんの遺体は3日後にもっと下流の方で発見されたのだが、腐敗がとても酷かったらしい。

それにしても気になるのは、あの仏壇の事だが…。

後日、上流の方に行ってみたがそこは民家一つ無く、殆ど人が立ち入れないような険しい崖になっていたらしい。

その日も誰かがそこへ行ったという話は全く聞かないし、それじゃあ一体誰が…という事になるが、それは判らない。

関連記事

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

夢

記憶を追って来る女

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは…

校舎(フリー写真)

消えたヤンキー

現在就活中で、大阪と兵庫の辺りをうろうろしている。昨日ホテルに帰る途中のタクシーの中で、一緒に居た友人が何故か怖い話を始めた。その時に運転手さんから聞いた話。…

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。交際は当時、無茶…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…