川を流れる仏壇

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

川(フリー写真)

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。

周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。

ある日、学校から帰宅すると、ちょうど父親が出掛けるところだった。

長靴にカッパズボンと明らかに普通の格好では無かったし、物凄く険しい表情をしていた。

そんな父が何故出掛けるのか気になり、長靴を履こうとしている父に

「どうしたん?」

と聞いた。

すると父は、

「ヒロちゃんが川で遊んでて行方不明になった」

と険しい顔で言った。

ヒロちゃんと言うのは、近所の3歳くらいの子供だ。

家のすぐ近くに川があり、母親と一緒に水遊びをしていたらしい。

母親が家の電話に気付き、

「川から上がって待ってなさい」

と言って家に戻ったらしい。

そして戻った時には、既にヒロちゃんの姿は無かったという事だ。

川は岸側の方は基本的に緩やかだが、真ん中はかなり流れが強い。

流されて下流の方に行った可能性があるため、捜索隊として行くとの事だった。

それだけ言うと父は、

「行って来る」

と言って行ってしまった。

自分もヒロちゃんの事はよく知っていたし、ここから川まで歩いて2分程度の距離という事もあり、手伝いに行こうと思い長靴を履き川へ向かった。

川に着いてみると、既に何人もの大人が川に入り探していた。

砂利の所で母親が座り込んで泣いているのが見えた。

取り敢えず下に降り、父を見つけて一緒に探す事にした。

確かに浅い所は流れが緩いが、真ん中の方に行くと流石に高校2年生の自分でも足を取られそうになる。

『これはもう助からないんじゃないか…』

と考えてしまう程だった。

そんな中でも暫く探し続け、空も薄い灰色になり、日も沈みかけたその時、

「おい、何か流れてこんか?」

と一人の男が言った。

自分も目を凝らして見ると、確かに何か黒い物が上流からこちらに向かって流れて来る。

何だろうと見ていたが、近くに来るにつれてそれが何だか判り、背筋が凍り付いた。

仏壇が流れている。

どんどんこちらの方に流れて来るが、見れば見るほど不気味で、少し小さくボロボロになっている。

タイミングがタイミングだけに、全員動けなくなってしまった。

数秒の沈黙の後、おもむろに村長だった人が口を開いた。

「ヒロちゃん、向こうに連れて行かれちゃったのかもしれんね」

その言葉を聞いた私は、更に気味が悪くなってしまった。

ヒロちゃんの遺体は3日後にもっと下流の方で発見されたのだが、腐敗がとても酷かったらしい。

それにしても気になるのは、あの仏壇の事だが…。

後日、上流の方に行ってみたがそこは民家一つ無く、殆ど人が立ち入れないような険しい崖になっていたらしい。

その日も誰かがそこへ行ったという話は全く聞かないし、それじゃあ一体誰が…という事になるが、それは判らない。

関連記事

プルタブ(フリー素材)

不思議なプルタブ

小学5年生の夏、集団旅行に行った帰りの事。貸し切りの電車の中、友人と缶ジュースを飲みながら雑談していた。私はスポーツ飲料を飲み干し、その缶を窓辺に置いて網棚の上から荷物…

DNA(フリー画像)

遺伝した記憶

数年前、実家で甥っ子や姪っ子たちとトトロを観ていた。「そういや、うちも昔はこんなお風呂だったよねぇ」と俺が言うと、何故か家族全員がきょとんとした顔をする。「ほら…

山(フリー素材)

岩場に付いたドア

高校時代に妙な体験をした。あまりに妙な出来事なので、これまで一度も周りから信じてもらったことがない。 ※ 高校2年生の秋。私の通う高校は文化祭などには全く無関心なくせに、体…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。最初は学生の頃。提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。残り三日程でもう一度書き上げな…

おどって

一年くらい前に誰かがテレビで喋っていた話。ある女の子が夢を見ていた。夢の中で女の子は家の階段を登っている。すると誰かに足を掴まれた。振り向くと皺くちゃの…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…