川を流れる仏壇

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

川(フリー写真)

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。

周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。

ある日、学校から帰宅すると、ちょうど父親が出掛けるところだった。

長靴にカッパズボンと明らかに普通の格好では無かったし、物凄く険しい表情をしていた。

そんな父が何故出掛けるのか気になり、長靴を履こうとしている父に

「どうしたん?」

と聞いた。

すると父は、

「ヒロちゃんが川で遊んでて行方不明になった」

と険しい顔で言った。

ヒロちゃんと言うのは、近所の3歳くらいの子供だ。

家のすぐ近くに川があり、母親と一緒に水遊びをしていたらしい。

母親が家の電話に気付き、

「川から上がって待ってなさい」

と言って家に戻ったらしい。

そして戻った時には、既にヒロちゃんの姿は無かったという事だ。

川は岸側の方は基本的に緩やかだが、真ん中はかなり流れが強い。

流されて下流の方に行った可能性があるため、捜索隊として行くとの事だった。

それだけ言うと父は、

「行って来る」

と言って行ってしまった。

自分もヒロちゃんの事はよく知っていたし、ここから川まで歩いて2分程度の距離という事もあり、手伝いに行こうと思い長靴を履き川へ向かった。

川に着いてみると、既に何人もの大人が川に入り探していた。

砂利の所で母親が座り込んで泣いているのが見えた。

取り敢えず下に降り、父を見つけて一緒に探す事にした。

確かに浅い所は流れが緩いが、真ん中の方に行くと流石に高校2年生の自分でも足を取られそうになる。

『これはもう助からないんじゃないか…』

と考えてしまう程だった。

そんな中でも暫く探し続け、空も薄い灰色になり、日も沈みかけたその時、

「おい、何か流れてこんか?」

と一人の男が言った。

自分も目を凝らして見ると、確かに何か黒い物が上流からこちらに向かって流れて来る。

何だろうと見ていたが、近くに来るにつれてそれが何だか判り、背筋が凍り付いた。

仏壇が流れている。

どんどんこちらの方に流れて来るが、見れば見るほど不気味で、少し小さくボロボロになっている。

タイミングがタイミングだけに、全員動けなくなってしまった。

数秒の沈黙の後、おもむろに村長だった人が口を開いた。

「ヒロちゃん、向こうに連れて行かれちゃったのかもしれんね」

その言葉を聞いた私は、更に気味が悪くなってしまった。

ヒロちゃんの遺体は3日後にもっと下流の方で発見されたのだが、腐敗がとても酷かったらしい。

それにしても気になるのは、あの仏壇の事だが…。

後日、上流の方に行ってみたがそこは民家一つ無く、殆ど人が立ち入れないような険しい崖になっていたらしい。

その日も誰かがそこへ行ったという話は全く聞かないし、それじゃあ一体誰が…という事になるが、それは判らない。

関連記事

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。今も出稼ぎがある地だから推して知る…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

一家が失踪した神隠し事件

平成14年9月7日、広島県世羅町京丸の「京丸ダム」の湖底に車が転落しているのを通行人が発見し、警察に通報した。車内からは四人の遺体が見つかり、遺体は昨年6月4日から一家4人で行…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…