山の神様と冥界への道

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

spiritual-art-painting-devotion-686x1024-pagespeed-ce-zgxdaxtcto

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。

そして、その友人の中にAさんという方が居ます。

私が彼と最後に話をしたのは高校生の頃です。

高校卒業後、進学の関係で地元を離れてからは一度も会っていない上、結構な年齢に達していた筈なので、今は亡くなってしまっているかも知れません。

Aさんは県内でも山深い山村の出身で、実に色々な話を知っていました。

私にも沢山の話を教えてくれましたが、その中でも印象深い話をさせて頂こうと思います。

Aさんが少年の頃(戦前)、罠を仕掛けては狸や狐、イタチなどの小動物を獲っては、皮を剥いで売っていたそうです。

そんなある日の事。Aさんはいつものように仕掛けた罠を見回りに、山へと入りました。

獲らぬ狸の皮算用をしていたAさんですが、その日の収穫はゼロ。

すっかり気落ちしたAさんは、元来た道を引き返し始めました。

ところが、通い慣れた道、目を瞑ってでも帰る事のできる自信のある山道であった筈なのに、周囲の風景がまるで違うのです。

『どこかで道を間違えたのか? いいや、そんな筈は無いんだが…』

Aさんは見覚えのある道を探し始めました。

しかし、行けども行けども知らない場所ばかり。そうこうする内に日も暮れ始めました。

『これはいよいよマズイぞ。下手をしたら、山で夜を明かさないといけない』

何とか元の道に出ようと必死になりましたが、全ては徒労に終りました。

すっかり暗くなった山の中でAさんは途方に暮れました。ところが…。

耳を澄ませると、どこからか人の話し声が聞こえる。

最初は幽霊か何かと思ったのですが、よくよく見渡せば遠くに灯かりも見える。

『しめた!人が居る!今日はあそこに厄介になろう』

Aさんは灯かりを目指して歩き始めました。

やがて、灯かりのすぐ目の前まで来たAさん。焚き火がチロチロと燃えています。

焚き火を起した主に事情を説明しようとしたのですが、そこで言葉に詰まってしまいました。

焚き火の前には、2人の人が居ました。

どちらも女性で、焚き火を挟んで向かい合い、何事かを話しています。

2人はとても美人で、豪華な着物を着ていました。

『綺麗なのは大変結構なんだが…でも、どうしてこんな山の奥に、女性が2人きりで居るんだろう?』

何も話せずに突っ立ってるAさんに、片方の女性が、

「そこでは寒いでしょう、近くで当たりなさい」

と、優しく声を掛けてくれました。

Aさんは無言で火の近くに行くと座りました。2人は相変わらず話を続けています。

そこで、Aさんは変な事に気付きました。

目の前の焚き火なのですが、確かに燃えている。燃えてはいるが、薪が無い。また、音も全然無い。

ただ、地面の上で火が燃えてるだけなのです。

『こんな火などあるものか。きっと、この2人は人ではない。狐か狸か知らんが、きっと化かされているのだ…。

これは大変な所へ迷い込んだものだ…せめて、怒らせないように気を付けないと』

さっきまでは人が居て助かったと思っていたAさんは、急に心細くなりました。

兎に角、目の前の2人は人でない事は確かだ。下手をすれば命まで取られかねない…。

すると突然、「お前は、○○の所のAでしょう?」声を掛けられました。

先程声を掛けてきた女性が、いきなり話し掛けてきたのです。

何で俺の事を知っているのだ…内心ビクビクしながら、正直に答えようかどうか迷いました。

正直に答えたら喰われてしまうかも知れん。何せ、今まで俺は結構な数の狸だの狐の皮を剥いでるんだ。

こんな所で仲間の敵討ちなどされたら、逃げようが無いじゃないか。

「隠さなくても良い、こちらはお前の事をよく知っている。お前の父や母の事も、よく知っている」

Aさんは何を言われているのか全然分かりませんでした。俺の父親や母親を知っているってどういう事だ。

「あまり子供を驚かせるものじゃない。見なさい、怖がってるでないの」

もう1人の女性が、答えに詰まっているAさんを見かねてか、助け舟を出してくれました。

彼女は続けて話します。

「私達に化かされていると思ってるみたいだけど、決してそんな事はしないから安心しなさい。

明るくなってきたらね、道を1つ越えて更にずっと下りなさい。そうすれば、村への道に出られるから」

何とかAさんは声を出しました。

「何で俺の事を知ってるんですか? お二人は誰?」

すると、2人はそれぞれ名前を言いましたが、やたらと長くて難しい名前でした。

「立派な名前ですね」と言うと、二人は笑って返しました。

そして、「私達は皆、こんな名前だから」と言いました。

やがて、夜も明けてきました。

すると、

「そろそろ山を下りなさい。さっきも言ったけれど、ここを真っ直ぐ下りなさい。

途中で細い道があるけれど、それを行ってはいけない。その道を越えて、更に下へと下りなさい」

「その細い道は何の道なんですか?」とAさんは質問しましたが、

「知ってもしょうがない事だから」と返されるだけでした。

2人に別れを言い、Aさんは山を下り始めました。

下りる途中、後ろを振り返りましたが、既に灯かりは消えて人の気配も消えていたそうです。

女性に言われた通り山を下ったAさんですが、さっき言われたような細い道が見えてきたそうです。

『ここを下った方が、早く山から出られそうなんだけどなぁ…』

そんな考えが頭を過ぎります。

「行っては駄目だと言われたけど、見た目は全然普通の道だし、この道を下ってしまおう!」

そう思って踏み出そうとした時です。道の奥から、人が1人歩いて来るのが見えました。

『なんだ、俺以外にも人が居るじゃないか。やっぱりさっきの2人は狐か狸だ。

この道を無視して更に下ったら、滝壺なんかがあるに違いない。

危ない危ない、騙されるところだった』

そう思いながら、道を歩いて来る人に声を掛けようとしたAさん。

しかし、相手の姿を見て絶句してしまいました。

見た目は確かに人でした。そして、昔の貴族の従者が着てるような狩衣を着ています。

しかし、Aさんが驚いたのは、その人の服装ではありません。

その狩衣を着た人物。袖から出ている手足に、皮膚も無ければ肉も無い。

要するに、白い骨が剥き出しになっていました。

また顔には、目の部分だけに穴を開けた木の面を被っています。

その下も白骨であろう事は、当然予想できました。

そいつがフラフラと道を歩いて来る。

何故白骨が歩けるんだ。これこそおかしいじゃないか。

Aさんは、とっさに茂みに身を隠しました。

逃げようとして下手に動くより、藪に隠れてやり過ごそうと考えたのです。

その白骨は、相変わらずフラフラと歩いてきます。

そしてよくよく見れば、何かを引きずっているようでした。

その引きずってる物を見て、Aさんは再度仰天します。

足に縄を掛けられた白骨でした。

しかし、引きずっている奴が狩衣を着ているのに対して、引きずられている白骨は立派な着物を着ています。

恐らく、貴族か何かなのでしょう。

Aさんが推測するに、狩衣の男は主殺しをしたのではないか、との事です。

ここで言う『主』とは、引きずられている貴族風の白骨。

その従者たる男は、その罪の為に死罪となったのではないか…。

が、当時のA少年は、そんな事を考えるほど余裕がありません。

ただただ、頼むから気付かれませんように…と願うのが精一杯でした。

やがてその白骨は、Aさんの隠れている茂みの前までやって来ました。

そして、そのまま通り過ぎてくれるかと思いきや…そこで立ち止まって周囲を見渡し始めました。

『しまった!気付かれたか…』

狩衣の白骨は、縄を持つ方とは逆の手を、そろそろと腰の刀に伸ばします。

もはや一刻の猶予もなりません。

見付かるのは時間の問題であるように思えました。いや、既に見付かっているのかも。

『じっとしていても見付かる。ここはイチかバチか…やるしかない』

Aさんは声にならない声を挙げながら藪から飛び出し、一足飛びに道を飛び越えて、転がるように山を下り始めました。

後ろからは刀が空を切るような音がしましたが、振り返る勇気などありませんでした。

躓いたり転んだり、枝に顔を打たれたりしながらも必死に山を下り、気付けば自分の住む村のすぐ近くの道に出ていました。

日はすっかり昇っていましたが、それでも安心できずに村まで駆けて行きました。

村では、「Aが消えた、神隠しにでも遭ったのではないか」と話し合っている最中でした。

Aさんは事の次第を両親に話したそうです。

それを聞いた両親は、「山の神様が息子を護って下さった」と大層喜んだそうです。

また、2人の女性が話した「自分の名前」ですが、

1つは村の近くにある山、もう1つは少々遠方だが有名な山に居る神様の名前ではないか、との事でした。

狩衣の男と貴族の白骨に関しては、両親も全く知らなかったそうです。

Aさん自身も色々調べてみましたが、結局分からなかったそうです。

もし、Aさんが女性の言う事を聞かずに、最初の道を行ったらどうなっていたか。

もし、狩衣の男に捕まっていたら…全ては闇の中です。

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。 旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で …

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。 中でも特に山にはよく入った。うんざり…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。 幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。 Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。 「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。 夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。 ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…

夜桜(フリー写真)

桜の精

うちのおかんの話。 当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。 長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。 かなりの貧乏で、姑とお舅との…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…