霧島駅

2011_53570_106309

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。

体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。

田舎と言っても普段からそこに住んでおり、その時も都会から田舎に帰る…いわゆる帰宅の最中であった。

普段は余裕を持って21時頃には都会を出るのだけど、この時は友人と遅くまで飲んでおり、最終電車として田舎に向かった。

敢えて駅名を伏せても仕方ないから詳しく書くと、埼玉県にある飯能駅という駅発の電車で、出発時刻は23時過ぎぐらいだったと思う。

自分はその駅から終点にあたる西武秩父駅まで行かなければならなかったから、アルコールと眠気の両方と闘いながら、早く着かないかということだけを考えていた。

この始発駅から終点駅までが大凡一時間弱なんだけど、ちょうど半分ぐらい来たところでトンネルに入ったのね。

確かに田舎行きの電車だから終点に着くまでの間には何度か短いトンネルにも入るし、とても長いトンネルもあるのだけど、自分の中では妙な気持ちになったのよ。

「こんなところにトンネルあったけ?」と。

普段は特急に乗っる事が多いし、寝ている事も多いから記憶が曖昧なだけかな…と。

その時はそう自分に言い聞かせたけど、帰ってきて調べてみたら、あの辺りにはトンネルは無いようだった。

ちなみにトンネルの前の駅の名前は、東吾野駅。

自分の記憶によれば東吾野→吾野→西吾野と続いているはずだった。

もちろん、今調べてみてもそうだったのだけど…。

トンネルから出ると、辺りは霧一面で、この辺はこんなに霧が出るんだ…と感傷に浸っていたのを覚えている。

一昨日は朝も少し小雨が降っていたし、それなりな気温だったから、この時期はこうなりやすいのかな、運転士さん大変そうだなと思った。

トンネルを抜け、視界不明瞭なまま10分程度進んで行ってから徐々に変な気持ちになってきた。

というのも、この3つの駅はそれぞれ5分ずつ程の距離しか開いていない。

それなのにまだ駅に着かないのだ。

酔っ払っているし、寝ぼけてもいるから覚えてないのかなと思いつつも、この電車はかなり揺れるので、殆ど寝ていなかったはず。

また、この路線の電車は快速なども無いので、通過してしまったということもないはずだ…と、自問自答が始まった。

きさらぎ駅なんかも行ってみたいと思いつつも、そういう話を知っていただけあって凄く怖くなってきた。

怖くなってきたのも束の間、一瞬トンネルに入ったかと思うと、特にアナウンスもなく電車が停車した。

自分がこの路線の電車に乗っていて電車がトンネル近くで止まる理由は、線路の交換待ちか、もしくは事故かと思っていたのだけど…。

『ここで?』と疑問に思った。

そしたら更に驚くことにドアが開いたのだ。

絶句だった。

気持ち悪かったり、酔っぱらっていた気持ちは一瞬で冷めてしまった。

深夜だというのにほんのりオレンジ色に明るかったから、駅か何かかなと考えながらも、こんな経験初めてだったから、とにかく乗務員のアナウンスを待っていた。

だけどアナウンスも無く、ただただドアが開いたままだった。

誰かに話をしようにも、みんな寝ているからチキンな俺は話しかけることもできず、ただただ待っていた。

すると何事もなかったようにドアが閉まったので、驚いて窓から外を確認すると人影が2つ程あり、また、駅の看板がチラッと見えた。

記憶力も動体視力も良い方だと自負しているので、見間違いという事は無いと思う。

確かに「霧島」と書いてあった。左右の駅は吾野←→東吾野となっていたのは確かである。

ドアが閉まってから電車は発車し、トンネルに入った。

トンネルに入ったかと思うとまたすぐに出て、更に5分程走ったら吾野駅に停車した。

その時は普通にアナウンスがあったし、もちろんさっきの事についての説明は無かった。

吾野駅では何人か降りた。

その吾野駅では特に霧が出ておらず、頭の中は疑問符で一杯だった。

その後、20分ぐらいして終点の駅に着いた訳なんだけど、不思議な事にちゃんと定刻に到着したんだよね。

帰宅してからすぐにググったんだけど、霧島は鹿児島にしか無いし、行った事も無い。

無事に帰って来られたから良かったんだけど、またあの電車に乗るのが怖いなと思っている。

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。 親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。 気が付いたら古い…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。 最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。 親父は意識が朦朧としていたが、…

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。 でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。 家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

赤信号(フリー写真)

ニコニコ

中学生の時の話。 当時6歳だった弟と剣道の道場に通っていた時のこと。 道場の近くに大きな交差点があるんだけど、そこの横断歩道で信号が赤から青に変わるのを待っていた。 …

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。 ある日、いつものように一人…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。 友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…