千明姉ちゃん

女性のシルエット(フリーイラスト)

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?

この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。

整形ではない。何故ならその姉さんはとても綺麗だったから、整形する必要なんてない(栗山千明に似ていたので、従兄弟と俺は本名で呼ばずに「千明姉ちゃん」と勝手に呼んでいた)。

その千明姉ちゃんが結婚することになって、従兄弟たちと俺の家族で会いに行った時のことだ。

千明姉ちゃんは全然違う顔(柔道選手の吉田沙保里)になっていた。

最初はその女性が千明姉ちゃんだと気が付かなったくらいだ。

一緒に会いに言った従兄弟にこっそり、

「顔が変わってるよな?」

と言ったら、従兄弟も

「おお、あんな顔じゃなかったよな。栗山千明そっくりだったじゃん」

と言う。

やはり従兄弟も、その女性が千明姉ちゃんだと気が付かなかったと言う。

「つーか、俺ら千明姉ちゃんのこと、超好きだったじゃん!」

と従兄弟。

俺と従兄弟はまだガキの頃、「将来千明姉ちゃんと結婚する!」と言い争っていた。

今回もその千明姉ちゃんが結婚すると聞いて、俺と従兄弟はブロークンハートだったのだ。

俺と従兄弟は納得が行かないので、

「昔の写真が見たいね」

と誘導訊問して、千明姉ちゃんの昔のアルバムを持って来てもらい写真を見た。

そこに写っている千明姉ちゃんは栗山千明ではなく、吉田沙保里の顔をしていた。

俺と従兄弟は( ゚д゚)ポカーン

不思議なのは周りの反応。

妹も含め親戚一同は、吉田沙保里フェイスの千明姉ちゃんに何も違和感を覚えていないようだ。極普通に接している。

帰りの車の中で俺と従兄弟は、

「あれは千明姉ちゃんじゃないな。あんな顔じゃないよ」

と家族に言ったら、

「失礼なことを言うんじゃない」

と怒られた。

俺と従兄弟は、あの女性は千明姉ちゃんではないと思っている。

だったら『千明姉ちゃん』という渾名は何よ?

「千明姉ちゃん」と呼んだら、姉ちゃんは普通に返事をするし。

昔の写真は吉田沙保里フェイスだしな。

俺と従兄弟が記憶を捏造しているということか?

かつて同級生に親戚一同で写った写真を見せたことがある。

その時、同級生も

「この女の人誰? 栗山千明そっくりじゃん」

と言っていたしな。

今でも納得が行かん。

関連記事

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

田舎道(フリー写真)

ぼうなき様

ぼうなき様って知ってる?想像以上にマイナーな行事だったので、地元から出て話題にした時は誰も知らなかった。有名なS神社で行われる七五三の続きのような行事で、十歳前後の女の…

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。2年生になった頃に木造校舎の建て…

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

教室(フリー素材)

M君の記憶

中学二年の終わりに引っ越す事になった。引っ越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。M君とは幼稚園から中学二年まで同じ学校で、…

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。気が付いたら古い…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…