千明姉ちゃん

女性のシルエット(フリーイラスト)

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?

この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。

整形ではない。何故ならその姉さんはとても綺麗だったから、整形する必要なんてない(栗山千明に似ていたので、従兄弟と俺は本名で呼ばずに「千明姉ちゃん」と勝手に呼んでいた)。

その千明姉ちゃんが結婚することになって、従兄弟たちと俺の家族で会いに行った時のことだ。

千明姉ちゃんは全然違う顔(柔道選手の吉田沙保里)になっていた。

最初はその女性が千明姉ちゃんだと気が付かなったくらいだ。

一緒に会いに言った従兄弟にこっそり、

「顔が変わってるよな?」

と言ったら、従兄弟も

「おお、あんな顔じゃなかったよな。栗山千明そっくりだったじゃん」

と言う。

やはり従兄弟も、その女性が千明姉ちゃんだと気が付かなかったと言う。

「つーか、俺ら千明姉ちゃんのこと、超好きだったじゃん!」

と従兄弟。

俺と従兄弟はまだガキの頃、「将来千明姉ちゃんと結婚する!」と言い争っていた。

今回もその千明姉ちゃんが結婚すると聞いて、俺と従兄弟はブロークンハートだったのだ。

俺と従兄弟は納得が行かないので、

「昔の写真が見たいね」

と誘導訊問して、千明姉ちゃんの昔のアルバムを持って来てもらい写真を見た。

そこに写っている千明姉ちゃんは栗山千明ではなく、吉田沙保里の顔をしていた。

俺と従兄弟は( ゚д゚)ポカーン

不思議なのは周りの反応。

妹も含め親戚一同は、吉田沙保里フェイスの千明姉ちゃんに何も違和感を覚えていないようだ。極普通に接している。

帰りの車の中で俺と従兄弟は、

「あれは千明姉ちゃんじゃないな。あんな顔じゃないよ」

と家族に言ったら、

「失礼なことを言うんじゃない」

と怒られた。

俺と従兄弟は、あの女性は千明姉ちゃんではないと思っている。

だったら『千明姉ちゃん』という渾名は何よ?

「千明姉ちゃん」と呼んだら、姉ちゃんは普通に返事をするし。

昔の写真は吉田沙保里フェイスだしな。

俺と従兄弟が記憶を捏造しているということか?

かつて同級生に親戚一同で写った写真を見せたことがある。

その時、同級生も

「この女の人誰? 栗山千明そっくりじゃん」

と言っていたしな。

今でも納得が行かん。

関連記事

光の誓い

近所の「霊感おばさん」から夏祭りの時に聞いた話。霊感おばさんの相談者の女性が、幼稚園時代に体験した話だそうです。 ※ 私は幼稚園の頃に「光の誓い」という曲を歌った事を覚えて…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

ビル(フリー写真)

何も無い空間

俺が建設業の見習いをしていた2、3年前の体験です。その年の夏は滅茶苦茶暑くて、その日は特に忙しかった。現場は既設ビル内。何とか定時までに終わらせなければならず、上の人に…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

都市(フリー写真)

見知らぬ町

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしてい…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

エレベーター

今から5年前、渋谷のとある会社に勤めていた時の体験。深夜残業になり、夜中まで仕事をしてた。事務所は6階建ての雑居ビルの4階で、深夜になると非常階段は閉められてエレベーター以外降…