身代わり

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

飲食店(フリー素材)

少し昔の話をする。

私の友人が飲食店の店長をする事になった。

その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃だった。

友人は忙しそうに働いていたが、何とか時間を作って席まで来てくれた。

でも、間近で顔を見て驚いた。

土気色と言うか…不気味なほど顔色が悪く、生気が無かった。

話を聞くと、オープン前から二ヶ月近く一日も休日が無いとの事。

しかも朝の7時起きで、仕事が終わって家に帰るのは午前3時。

仕事内容は一日中立ちっぱなし、事務的な雑用も友人が一人でこなしていた。

店長である友人は雇われ店長だけど、補佐役の人がまだ未熟で任せられないからそんなハードワークになってしまっていると言っていた。

友人は泣きそうな顔で、肩が痛い、腰が痛い、首が痛い、頭が痛い、足が痛いと何回も呟いていた。

休みをもらいなよと言っても、忙しい今は自分の代わりが居ないから無理だと首を振った。

翌日は本当に大事な予約が入っているから、今すぐ過労で倒れても休めないと力無く笑った友人を見て、本当に心が痛んだ。

家に帰り、何か力になってやりたいのに何にも出来ない自分を恨めしく思いながら、その夜はいつまでも寝付けなかった。

翌日目を覚ますと、身体中が今まで体験したことのないような痛みに襲われていた。

とにかく頭の天辺から足の先まで痛くて堪らず涙が出た。

身体に力も入らないし、何をするも気力が湧かない。

結局その日は風邪でも引いたのだと思い、大人しくベッドの中で過ごした。

夜になり友人から電話が掛かってきた。

何故か今日は昨日までの疲労が一切無く、嘘のように元気になったと言う。

肩も、腰も、首も、頭も、足も、全く痛くないし顔色も久しぶりに良かったと。

おかげで大事な予約も無事に今終わったんだと話し、声も弾んでいた。

その時、私が一日中苦しんでいた痛みの理由が解ったような気がした。

翌日、目を覚ますと前日の痛みが嘘のように無くなっていた。

その後、友人は少ししてやっとまともな労働環境になった。

今では独立して自分の店を持ち、そこそこ評判の繁盛店になっている。

私はあの日の事を友人に話した事もないし、今後話すつもりもない。

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。 そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。 親方に呼ばれ、 …

白無垢の花嫁

白無垢の花嫁さん

俺がまだ小学低学年の頃に体験した話。 俺の家は当時、夏になると田舎に帰っていたんだよね。 そんな時に必ず泊まる小さな民宿があるんだ。 各部屋の入り口はドアではなく襖…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。 あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。 ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。 友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。 そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。 スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

夜のオフィス(フリー素材)

中小ソフトウェアハウス

中小ソフトウェアハウスに勤めていた友人Kの話です。 あるプロジェクトの納期がきつくデスマーチとなり、Kとその先輩は連日徹夜で作業していたそうです。 ところが、以前のプロジ…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。 転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。 金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。 そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。 彼は登山歴3年くらいの経験…