身代わり

飲食店(フリー素材)

少し昔の話をする。

私の友人が飲食店の店長をする事になった。

その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃だった。

友人は忙しそうに働いていたが、何とか時間を作って席まで来てくれた。

でも、間近で顔を見て驚いた。

土気色と言うか…不気味なほど顔色が悪く、生気が無かった。

話を聞くと、オープン前から二ヶ月近く一日も休日が無いとの事。

しかも朝の7時起きで、仕事が終わって家に帰るのは午前3時。

仕事内容は一日中立ちっぱなし、事務的な雑用も友人が一人でこなしていた。

店長である友人は雇われ店長だけど、補佐役の人がまだ未熟で任せられないからそんなハードワークになってしまっていると言っていた。

友人は泣きそうな顔で、肩が痛い、腰が痛い、首が痛い、頭が痛い、足が痛いと何回も呟いていた。

休みをもらいなよと言っても、忙しい今は自分の代わりが居ないから無理だと首を振った。

翌日は本当に大事な予約が入っているから、今すぐ過労で倒れても休めないと力無く笑った友人を見て、本当に心が痛んだ。

家に帰り、何か力になってやりたいのに何にも出来ない自分を恨めしく思いながら、その夜はいつまでも寝付けなかった。

翌日目を覚ますと、身体中が今まで体験したことのないような痛みに襲われていた。

とにかく頭の天辺から足の先まで痛くて堪らず涙が出た。

身体に力も入らないし、何をするも気力が湧かない。

結局その日は風邪でも引いたのだと思い、大人しくベッドの中で過ごした。

夜になり友人から電話が掛かってきた。

何故か今日は昨日までの疲労が一切無く、嘘のように元気になったと言う。

肩も、腰も、首も、頭も、足も、全く痛くないし顔色も久しぶりに良かったと。

おかげで大事な予約も無事に今終わったんだと話し、声も弾んでいた。

その時、私が一日中苦しんでいた痛みの理由が解ったような気がした。

翌日、目を覚ますと前日の痛みが嘘のように無くなっていた。

その後、友人は少ししてやっとまともな労働環境になった。

今では独立して自分の店を持ち、そこそこ評判の繁盛店になっている。

私はあの日の事を友人に話した事もないし、今後話すつもりもない。

関連記事

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

田舎道(フリー写真)

ぼうなき様

ぼうなき様って知ってる?想像以上にマイナーな行事だったので、地元から出て話題にした時は誰も知らなかった。有名なS神社で行われる七五三の続きのような行事で、十歳前後の女の…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。整形ではない。何故なら…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。ある日、Tという後輩が自…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。小洒落た雑…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…