誰もいない世界

白い空間

私は2年前まで看護師をしていました。

今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。

その日は二交代勤務の日勤でした。朝7時半頃にいつもの通用口を通ったのですが、院内が不気味なほど閑散としていました。

人の気配が全く無いのです。いつもなら朝食などでばたばたしているはずなのに。

私は更衣室に向かいましたが、同じシフトの同僚すらいません。

携帯で連絡をしてみると、電源が入っていないか電波が届かないというメッセージが流れます。

取り敢えず、引き継ぎのためステーションへ行こうと思いました。

でもその途中、職員どころか患者さんまで見当たらないのです。

それまでこんな異常事態に遭遇したことがなかったので、怖くなりました。

とにかく誰でも良いから探そうと思い立ちましたが、無闇に歩き回るのも恐ろしく感じ、内線電話の受話器を取りました。

しかし、あの「ツー」という発信前のトーン音さえ聞こえないのです。

軽くパニクっていた私は、もう一度自分の携帯で色々な人に電話をかけようとしたのですが、床に落としてしまいました。

慌てて携帯を拾い待ち受け画面を見ると、実家の番号が出ていたので迷わずダイヤルしました。

いつも聞いているあの発信音が聞こえた時には涙が出ました。

「ガチャ」という音と共に、私はまくし立てました。

「もしもしお母さん? 私」

「あんた今どこにいるの? △△さん(同僚)から連絡あったわよ、病院から。

時間になっても来ないから、もしかして事故にでも遭ったんじゃないかって」

それを聞いて、私は力が抜けたというか腰が抜け、その場に座り込みました。

そしてぞっとすることに気が付きました。

先程携帯を落とした場所にバッテリーが落ちていたのです。

バッテリーも無いのに母と会話をしていたのです。

携帯を投げ出して、どこへ向かうでもなく私は逃げ出しました。

どこをどう走ったのかは覚えていませんが、通用口の近くまで来て一歩も前に進めないほど疲れ果て、中腰の姿勢のまま息を整えようとしました。

あともう少しで外に出られるのにどうしてそこで休もうとしたのか、未だに解りません。

私はふと顔を上げました。

目の前には壁に設置された姿見がありました。

しかしよくよく見ると、鏡に映っていなければならない私の姿が無かったのです。

そこで意識を失いました。

目覚めた時、私はステーション内のソファーの上にいました。

周りはいつもの活気ある職場です。

私が最初に連絡し、自宅に電話をくれた同僚が言うには、通用口近くで私は倒れていたらしいのです。

不思議なのは、それを彼女に教えてくれた方がいたのですが、どうしても思い出せないと言うことです。

彼女は実際にその人を見たのに、どんな顔だったのか、どれくらいの身長だったのか、性別さえも「思い出せない」のです。

その同僚に私も色々質問されましたが、私の身に起きたことを裏付ける確たる証拠は挙げられませんでした。

投げ捨てた携帯電話や、更衣室のロッカーに入れた所持品が何もかも無くなっていたからです。

それに私の見た大きな鏡さえ元々無いのですから。

関連記事

ビー玉(フリー写真)

A子ちゃんの夢

ちょっと辻褄の合わない不思議な経験で、自分でも偶然なのか思い込みなのか、本当にそうだったのか自信がないのですが。子供の頃、大人になっても憶えているような印象的な夢を見た事があり…

都市(フリー写真)

見知らぬ町

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしてい…

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。この日は梅雨独特のジメジメし…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …