誰もいない世界

白い空間

私は2年前まで看護師をしていました。

今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。

その日は二交代勤務の日勤でした。朝7時半頃にいつもの通用口を通ったのですが、院内が不気味なほど閑散としていました。

人の気配が全く無いのです。いつもなら朝食などでばたばたしているはずなのに。

私は更衣室に向かいましたが、同じシフトの同僚すらいません。

携帯で連絡をしてみると、電源が入っていないか電波が届かないというメッセージが流れます。

取り敢えず、引き継ぎのためステーションへ行こうと思いました。

でもその途中、職員どころか患者さんまで見当たらないのです。

それまでこんな異常事態に遭遇したことがなかったので、怖くなりました。

とにかく誰でも良いから探そうと思い立ちましたが、無闇に歩き回るのも恐ろしく感じ、内線電話の受話器を取りました。

しかし、あの「ツー」という発信前のトーン音さえ聞こえないのです。

軽くパニクっていた私は、もう一度自分の携帯で色々な人に電話をかけようとしたのですが、床に落としてしまいました。

慌てて携帯を拾い待ち受け画面を見ると、実家の番号が出ていたので迷わずダイヤルしました。

いつも聞いているあの発信音が聞こえた時には涙が出ました。

「ガチャ」という音と共に、私はまくし立てました。

「もしもしお母さん? 私」

「あんた今どこにいるの? △△さん(同僚)から連絡あったわよ、病院から。

時間になっても来ないから、もしかして事故にでも遭ったんじゃないかって」

それを聞いて、私は力が抜けたというか腰が抜け、その場に座り込みました。

そしてぞっとすることに気が付きました。

先程携帯を落とした場所にバッテリーが落ちていたのです。

バッテリーも無いのに母と会話をしていたのです。

携帯を投げ出して、どこへ向かうでもなく私は逃げ出しました。

どこをどう走ったのかは覚えていませんが、通用口の近くまで来て一歩も前に進めないほど疲れ果て、中腰の姿勢のまま息を整えようとしました。

あともう少しで外に出られるのにどうしてそこで休もうとしたのか、未だに解りません。

私はふと顔を上げました。

目の前には壁に設置された姿見がありました。

しかしよくよく見ると、鏡に映っていなければならない私の姿が無かったのです。

そこで意識を失いました。

目覚めた時、私はステーション内のソファーの上にいました。

周りはいつもの活気ある職場です。

私が最初に連絡し、自宅に電話をくれた同僚が言うには、通用口近くで私は倒れていたらしいのです。

不思議なのは、それを彼女に教えてくれた方がいたのですが、どうしても思い出せないと言うことです。

彼女は実際にその人を見たのに、どんな顔だったのか、どれくらいの身長だったのか、性別さえも「思い出せない」のです。

その同僚に私も色々質問されましたが、私の身に起きたことを裏付ける確たる証拠は挙げられませんでした。

投げ捨てた携帯電話や、更衣室のロッカーに入れた所持品が何もかも無くなっていたからです。

それに私の見た大きな鏡さえ元々無いのですから。

青蛙(フリー写真)

井守と青蛙

もう大分前のことになりますが、私は当時、金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もありその経営に行き詰まっていました。 そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。…

見えない壁

数年前の話。 当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。 俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。 特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。 小学4年生の夏休みの事だ。 トイレに行って居間へ戻った…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。 早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。 叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。 仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。 あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。 ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。 夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。 俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…