担任が連れてきた女の子

公開日: 不思議な体験

DSC_0040

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。

女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。

俺と母親が「娘さんか?」と思いつつも担任を客間に通してで三者面談をした。

俺の授業態度やら何やら話してる内に、次の家に行く時間が迫ってたようで、時計を見て慌てた感じで話を切り上げた。

担任は切り上げた事を謝りつつ帰ろうとしたので、母親は居間の女の子を呼びに行った。

俺も連れてた女の子が誰なのか訊いてみた。

担任は「一人で来てるから近所の子じゃない?」と。

そして、そのまま次の家に訪問に行った。

軽く混乱したまま母親にそう告げに居間に行くと、母親は茶菓子を片付けながら「いないから帰ったみたい」と。

腑に落ちない内に解決したので、訳が分からないまま、ゲームでもしようと自室に行った。

適当にゲームやって晩飯食ってテレビ視て、21時を越えたので布団を出そうと収納のふすまを開けた。

そこに女の子がいた。開けてないふすま側の布団の陰に。本気で驚いて声を上げた。

父親がその声を聞いて何事か確認しに来た。

俺がその事を説明しようとしたら、後ろから女の子が「お邪魔してます」と。

問答無用でひっぱたかれた。母親も後から来てギョッとしてた。

訳が分からないまま父親に説教を食らった。

母親はその間、女の子にどういう事か聞いたのだが、単に「かくれんぼしてた」と答えた。一家三人大パニック。

とりあえず女の子は帰ったが、訳が分からない俺は、散々身に覚えの無い事で叱られた。

とにかく納得がいかないから、詳しい事情を聞いたはずの母親にどこの誰なのか聞いた。

素性は判らないが、単に遊びに来てかくれんぼしてただけ。

「一人で帰れるから、また遊びに来る」くらいしか話さなかったらしい。

そして、それっきり。未だに父母も誰なのかさっぱり。近所に住んでるかすらも。

納得いかないままずっと放置していた思い出でした。

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。 彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。 きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。 当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。 彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。 なかなかの収穫を上げ、下山し…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。 何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。 校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。 そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。 スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

非常階段

数年前、職場で体験した出来事です。 その頃、僕の職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。 普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故が相次ぎ、クレーム処理に…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。 基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

命の大切さ

つい最近の出来事です。 職場で色々あって、自殺未遂しちゃったのね。 それで気分転換のため田舎に帰省したんだ。もちろん自殺未遂のことは秘密にして。 すると、信心深いばあ…