何で戻ってくるんだ

公開日: 不思議な体験 | 超常現象

しおかぜ橋

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。

その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。

その橋は自殺の名所で、枯れた物や新しい物まで常に橋の歩道には、花束があったのを憶えています。

ある週末の夜、私は走り仲間達と飲んでました。そのうち、仲間の一人が「今から峠行ってみない?」って言い出したんです。

皆も乗り気で、車にワインやらビールやらを積み込んで出かけて行きました。

道中でビールをあおりワインを飲みながら目的地に向かってましたので、捕まらないように遠回りでも大通りを避けながら車を走らせてました。

なので、おのずと湖の反対側から来る形となり、その橋を渡らなければ、目的地に着かなくなってしまうのです。

しかし、自殺の名所と言う事は知っていましたが怖いと感じた事もなく、橋を渡るのに躊躇いなどは特に感じませんでした。

そして橋に差し掛かろうとしたときに、友人の一人が用を足したいと言い出したんです。

そこで橋の脇にあるスペースに車を止め、皆で用を足すために車を降りました。

その時、 他の友人(K)が飲み終わった空のビール缶やワイン瓶を橋の上から捨て出したんです。

特に私達も止める事などせず、車の外で暫らくの間話をしていました。どのくらいそうしていたでしょうか。

「ドカーン」という凄い音で私達は一様に話を止め、音のした方を振り向きました。

しかし私達の目線の先には、我々の乗ってきた車がエンジンのかかった状態で止まっているだけです。

「???」

皆が何が起こったのか判らずにいました。

そのまま皆が動けずにいると、車のフロントガラスの上を何かの破片がずり落ちてくるのが見えたのです。

「え? 何?」とその車の持ち主で、ここまで運転してきた奴が車に駆け寄り、フロントガラス辺りに散らばった破片を拾って皆の元に持ってきました。

それは緑色をしたワイン瓶の欠片であり、そのラベルは我々が車で飲んでいた物のでした。

しかし、その瓶はKが我々の目の前で、橋の下に投げ捨てたはずです。そして、誰が言い出したと言う訳ではなかったのですが、皆同じ事を考えたんでしょうね。

「橋の下にキャンパ-等、人がいたのか?」って。

そして、Kがビンを捨てた場所まで行き、皆で橋の下を覗き込んだんです。

そして下を覗きこんだ俺たちはもう一度、一様に黙る事になりました。橋の下には、湖に流れ込む川が闇の中飛沫を上げ、ゴウゴウと唸っているのです。

流れは急であり、人が居るとは到底思えません。それでも私達は信じられない思いで、黒い川を見つめ続けていました。

そんな硬直した雰囲気を破ったのが、Kの「何でここに投げ捨てたビンが、戻ってくるんだ?」と言う言葉でした。

そして低い声で「やばくないか?」と続けたのです。

それにはその場にいた皆が感じていたことでした。運転をしてきた友人が「急げ!車に乗れ!」と発した事により私達は一目散に車に乗り込みました。

急いで車を発進させ、その場を離れる事だけを考え運転をしている友人を「急げ急げ」と急かしました。

そして橋を中腹ほどまで渡った時でしょうか車の屋根の上に何かが当たり音がしたんです。

「カツン」「カン」「コン」って。

もう何も言わなくても屋根に何が当たってるのか分かりました。ビンと一緒に捨てたビールの空き缶。それ以外考えられません。

皆酔いなんかとっくに冷め、真っ青な顔でまんじりともせず、事が過ぎるのをただただ待つだけでした。

そして橋を渡りきる頃にその音も止み、我々もほっとする事が出来たのです。

黄泉の国の体験

同窓会の案内が来て、中学生だった当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。 この間の夜、ふと目が覚めると目の前に血を流した女の人がいた。 寝ぼけていたし起こされてムカつい…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。 NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。 おじさんが 「どう?わかったかな?」 と言ったので、TVの前で …

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です 当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。 それでちょっと眠くなって…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。 その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。 私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。 喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

田舎の夜(フリー写真)

田舎の不思議な行事

これは今から約15年前、南伊豆の小さな村で私が実際に体験した、怖いと言うより少し不思議な話です。 小学3年生の夏。私たち家族(父・母・私)は、お盆休みを伊豆のK村という場所で過…