何で戻ってくるんだ

公開日: 不思議な体験 | 超常現象

しおかぜ橋

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。

その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。

その橋は自殺の名所で、枯れた物や新しい物まで常に橋の歩道には、花束があったのを憶えています。

ある週末の夜、私は走り仲間達と飲んでました。そのうち、仲間の一人が「今から峠行ってみない?」って言い出したんです。

皆も乗り気で、車にワインやらビールやらを積み込んで出かけて行きました。

道中でビールをあおりワインを飲みながら目的地に向かってましたので、捕まらないように遠回りでも大通りを避けながら車を走らせてました。

なので、おのずと湖の反対側から来る形となり、その橋を渡らなければ、目的地に着かなくなってしまうのです。

しかし、自殺の名所と言う事は知っていましたが怖いと感じた事もなく、橋を渡るのに躊躇いなどは特に感じませんでした。

そして橋に差し掛かろうとしたときに、友人の一人が用を足したいと言い出したんです。

そこで橋の脇にあるスペースに車を止め、皆で用を足すために車を降りました。

その時、 他の友人(K)が飲み終わった空のビール缶やワイン瓶を橋の上から捨て出したんです。

特に私達も止める事などせず、車の外で暫らくの間話をしていました。どのくらいそうしていたでしょうか。

「ドカーン」という凄い音で私達は一様に話を止め、音のした方を振り向きました。

しかし私達の目線の先には、我々の乗ってきた車がエンジンのかかった状態で止まっているだけです。

「???」

皆が何が起こったのか判らずにいました。

そのまま皆が動けずにいると、車のフロントガラスの上を何かの破片がずり落ちてくるのが見えたのです。

「え? 何?」とその車の持ち主で、ここまで運転してきた奴が車に駆け寄り、フロントガラス辺りに散らばった破片を拾って皆の元に持ってきました。

それは緑色をしたワイン瓶の欠片であり、そのラベルは我々が車で飲んでいた物のでした。

しかし、その瓶はKが我々の目の前で、橋の下に投げ捨てたはずです。そして、誰が言い出したと言う訳ではなかったのですが、皆同じ事を考えたんでしょうね。

「橋の下にキャンパ-等、人がいたのか?」って。

そして、Kがビンを捨てた場所まで行き、皆で橋の下を覗き込んだんです。

そして下を覗きこんだ俺たちはもう一度、一様に黙る事になりました。橋の下には、湖に流れ込む川が闇の中飛沫を上げ、ゴウゴウと唸っているのです。

流れは急であり、人が居るとは到底思えません。それでも私達は信じられない思いで、黒い川を見つめ続けていました。

そんな硬直した雰囲気を破ったのが、Kの「何でここに投げ捨てたビンが、戻ってくるんだ?」と言う言葉でした。

そして低い声で「やばくないか?」と続けたのです。

それにはその場にいた皆が感じていたことでした。運転をしてきた友人が「急げ!車に乗れ!」と発した事により私達は一目散に車に乗り込みました。

急いで車を発進させ、その場を離れる事だけを考え運転をしている友人を「急げ急げ」と急かしました。

そして橋を中腹ほどまで渡った時でしょうか車の屋根の上に何かが当たり音がしたんです。

「カツン」「カン」「コン」って。

もう何も言わなくても屋根に何が当たってるのか分かりました。ビンと一緒に捨てたビールの空き缶。それ以外考えられません。

皆酔いなんかとっくに冷め、真っ青な顔でまんじりともせず、事が過ぎるのをただただ待つだけでした。

そして橋を渡りきる頃にその音も止み、我々もほっとする事が出来たのです。

失われた時間

2001年の秋。 風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

田舎の風景(フリー写真)

指切り地蔵様

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。 指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。 小さな頃、その地蔵様と指切りをした…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。 そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。 性格は温厚で意外…

駅(フリー写真)

不思議な老人と駅

今年の夏に体験した話。 雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。 妻はパート、子供達は学校。 久しぶりの一人の時間に何をして良いや…

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。 そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。 その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。 今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…