何で戻ってくるんだ

公開日: 不思議な体験 | 超常現象

しおかぜ橋

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。

その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。

その橋は自殺の名所で、枯れた物や新しい物まで常に橋の歩道には、花束があったのを憶えています。

ある週末の夜、私は走り仲間達と飲んでました。そのうち、仲間の一人が「今から峠行ってみない?」って言い出したんです。

皆も乗り気で、車にワインやらビールやらを積み込んで出かけて行きました。

道中でビールをあおりワインを飲みながら目的地に向かってましたので、捕まらないように遠回りでも大通りを避けながら車を走らせてました。

なので、おのずと湖の反対側から来る形となり、その橋を渡らなければ、目的地に着かなくなってしまうのです。

しかし、自殺の名所と言う事は知っていましたが怖いと感じた事もなく、橋を渡るのに躊躇いなどは特に感じませんでした。

そして橋に差し掛かろうとしたときに、友人の一人が用を足したいと言い出したんです。

そこで橋の脇にあるスペースに車を止め、皆で用を足すために車を降りました。

その時、 他の友人(K)が飲み終わった空のビール缶やワイン瓶を橋の上から捨て出したんです。

特に私達も止める事などせず、車の外で暫らくの間話をしていました。どのくらいそうしていたでしょうか。

「ドカーン」という凄い音で私達は一様に話を止め、音のした方を振り向きました。

しかし私達の目線の先には、我々の乗ってきた車がエンジンのかかった状態で止まっているだけです。

「???」

皆が何が起こったのか判らずにいました。

そのまま皆が動けずにいると、車のフロントガラスの上を何かの破片がずり落ちてくるのが見えたのです。

「え? 何?」とその車の持ち主で、ここまで運転してきた奴が車に駆け寄り、フロントガラス辺りに散らばった破片を拾って皆の元に持ってきました。

それは緑色をしたワイン瓶の欠片であり、そのラベルは我々が車で飲んでいた物のでした。

しかし、その瓶はKが我々の目の前で、橋の下に投げ捨てたはずです。そして、誰が言い出したと言う訳ではなかったのですが、皆同じ事を考えたんでしょうね。

「橋の下にキャンパ-等、人がいたのか?」って。

そして、Kがビンを捨てた場所まで行き、皆で橋の下を覗き込んだんです。

そして下を覗きこんだ俺たちはもう一度、一様に黙る事になりました。橋の下には、湖に流れ込む川が闇の中飛沫を上げ、ゴウゴウと唸っているのです。

流れは急であり、人が居るとは到底思えません。それでも私達は信じられない思いで、黒い川を見つめ続けていました。

そんな硬直した雰囲気を破ったのが、Kの「何でここに投げ捨てたビンが、戻ってくるんだ?」と言う言葉でした。

そして低い声で「やばくないか?」と続けたのです。

それにはその場にいた皆が感じていたことでした。運転をしてきた友人が「急げ!車に乗れ!」と発した事により私達は一目散に車に乗り込みました。

急いで車を発進させ、その場を離れる事だけを考え運転をしている友人を「急げ急げ」と急かしました。

そして橋を中腹ほどまで渡った時でしょうか車の屋根の上に何かが当たり音がしたんです。

「カツン」「カン」「コン」って。

もう何も言わなくても屋根に何が当たってるのか分かりました。ビンと一緒に捨てたビールの空き缶。それ以外考えられません。

皆酔いなんかとっくに冷め、真っ青な顔でまんじりともせず、事が過ぎるのをただただ待つだけでした。

そして橋を渡りきる頃にその音も止み、我々もほっとする事が出来たのです。

関連記事

抽象画(フリー素材)

同じ夢を見る

小学校3年生の頃、夢の中でこれは夢だと気が付いた。 何度か経験していたので、自分の場合は首に力を入れるイメージをすると夢から覚められると知っていた。 しかしその時は何となく…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。 四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

紅葉(フリー素材)

幻の宴

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった。その時に体験した話。 ※ 日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせい…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。 米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。 その時に起きた不気味な出…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。 そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。 スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…