おじさんの予言

四つ葉のクローバー(フリー素材)

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。

二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに

「あなたに膜のようなものが掛かって見える。

私の知り合いによく言い当てるおじさんがいるから、そのおじさんに視てもらったら?

でもその人、滅多に立ち飲みにも来ないし、今度来たら聞いといてあげる」

と言われました。

いきなりの言葉に私は驚きましたが、その時は『何かの宗教の誘いかな?』と思いました。

しかしそのおじさんの話を聞いている最中、偶然にもそのおじさんが良いタイミングでニコニコと店に入って来ました。

全くの偶然の出会いで、狐に摘まれたような感覚でした。

そのおじさんは私をジーッと眺めながら、

「これからおっちゃんの言うことは、神さんが言わはることやからよく聞きや。

但し3分の1しか言えへんからな。おっちゃんには全部視えとるけどな」

と言って話し始めました。

以下、おじさんの話。

「……今のご主人は、お子さんを学校にも出してやれないような人やなあ。

肝臓も大分いかれているし、5年後にこの人、入院するで。

この人、悪運をかなり吸ってるし、あんたも婦人系の大病するから気を付けや。

仕事は近い将来、マイクを持つ仕事もする。結構向いてるで。アナウンサーみたいな仕事や。

再婚は30歳頃やし(もう主人と別れることを予測しているかのように)、『店をあんたにさせたる』と言う人が現れるから、その人がええで。

あんた、これから色んな人と出会うし、あんたの後ろに人が無数に見える。

色々としんどいけど、でも31歳からピタッと収まるから安心しいや。

あと左の脳が詰まるから気を付けるように……」

そう言って私の手を開かせ、おじさんは私と手の平を合わせ、

「おっちゃんがあんたの悪運を吸うて運を上げたげよ」

と言うと、私の手の平にパワーを与えるような仕草をしました。

そして、

「さあ、これからあんたの運はどんどん上がるで」

と言ってくれました。

詳しく聞いてもニコニコするだけで、お名前も聞けず、身元も教えてくれませんでした。

何だか変な気持ちでおじさんと別れました。

父とは13歳で生き別れ、19歳で結婚した私は、当時何をしても運が付いていませんでした。

一人目の子供は早産逆子で生まれてすぐ死んでしまい、もう一人すぐに無事産みましたが、生活は苦しく夫が遊び好きだったため、夫のスロット代のなどの多額の借金の返済を抱えていました。

よくやっていたなと今では思いますが、恥ずかしながら24歳にしてファミリーレストランへも行ったことも無く、旅行などの経験も当然無く、とにかく毎日食べられるだけで有難いという感じの毎日でした。

私はそんな感じの生活に追われ、そのおじさんのことはすっかり忘れて日々を過ごしていました。

おじさんと会ってから半年後、主人の浮気が発覚し別れることになりました。

その3年後、疲れが出てか初産の無理がたたってか、急激な酷い腹痛に襲われ入院。

卵管が破れ、そこから内臓に血液が漏れて危うく命を落とすところでした。

別れた主人も、後で聞いたところではちょうどその5年後に肝臓を煩い入院していたとのことでした。

主人と別れてから4年後、友人の強い薦めで、全く経験が無かったにも関わらず葬式の司会の仕事をするようになりまして、毎日沢山の人と出会いました。

仕事も楽しく、とても充実した毎日でした。

30歳で再婚。31歳で下の子を出産。

偶然にも、敷金は無し・家賃3万という夢のような条件で物件を紹介してもらい、商売の経験も特に無かったのですが、主人の薦めで小さな服飾雑貨のお店をすることになりました。

優しい夫と可愛い子供たちに囲まれ、今では人並みな生活を送ることが出来ており、とても幸せに暮らしています。

後は左の脳が詰まるということだけが、まだおじさんの予言で当たっていないことになりますので、怖い気もしています。

おじさんの予言は、今思えばほぼパーフェクトに当たっています。

付喪神

私の家は昔、質屋だった。 と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。 ある日、隣の市の…

カブト虫

夜、友人4人と車で山道走ってたら、1人が急に「虫がいた。停めて。カブト虫探す」 って言って時速30kmで走ってる車から飛び降りて、ゲラゲラ笑いながら山の中に消えていった。 実家に…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。 何もないところで手をふると、そこだけスローになる。 それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。 念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。 そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。 その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。 だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

幽霊船

これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。 曾祖父が亡くなる数ヶ月前、どうしたことか、親戚を集めて色々な話を聞かせてくれたのです。 私の実家は鹿児島県のとある離島なんで…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…