おじさんの予言

四つ葉のクローバー(フリー素材)

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。

二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに

「あなたに膜のようなものが掛かって見える。

私の知り合いによく言い当てるおじさんがいるから、そのおじさんに視てもらったら?

でもその人、滅多に立ち飲みにも来ないし、今度来たら聞いといてあげる」

と言われました。

いきなりの言葉に私は驚きましたが、その時は『何かの宗教の誘いかな?』と思いました。

しかしそのおじさんの話を聞いている最中、偶然にもそのおじさんが良いタイミングでニコニコと店に入って来ました。

全くの偶然の出会いで、狐に摘まれたような感覚でした。

そのおじさんは私をジーッと眺めながら、

「これからおっちゃんの言うことは、神さんが言わはることやからよく聞きや。

但し3分の1しか言えへんからな。おっちゃんには全部視えとるけどな」

と言って話し始めました。

以下、おじさんの話。

「……今のご主人は、お子さんを学校にも出してやれないような人やなあ。

肝臓も大分いかれているし、5年後にこの人、入院するで。

この人、悪運をかなり吸ってるし、あんたも婦人系の大病するから気を付けや。

仕事は近い将来、マイクを持つ仕事もする。結構向いてるで。アナウンサーみたいな仕事や。

再婚は30歳頃やし(もう主人と別れることを予測しているかのように)、『店をあんたにさせたる』と言う人が現れるから、その人がええで。

あんた、これから色んな人と出会うし、あんたの後ろに人が無数に見える。

色々としんどいけど、でも31歳からピタッと収まるから安心しいや。

あと左の脳が詰まるから気を付けるように……」

そう言って私の手を開かせ、おじさんは私と手の平を合わせ、

「おっちゃんがあんたの悪運を吸うて運を上げたげよ」

と言うと、私の手の平にパワーを与えるような仕草をしました。

そして、

「さあ、これからあんたの運はどんどん上がるで」

と言ってくれました。

詳しく聞いてもニコニコするだけで、お名前も聞けず、身元も教えてくれませんでした。

何だか変な気持ちでおじさんと別れました。

父とは13歳で生き別れ、19歳で結婚した私は、当時何をしても運が付いていませんでした。

一人目の子供は早産逆子で生まれてすぐ死んでしまい、もう一人すぐに無事産みましたが、生活は苦しく夫が遊び好きだったため、夫のスロット代のなどの多額の借金の返済を抱えていました。

よくやっていたなと今では思いますが、恥ずかしながら24歳にしてファミリーレストランへも行ったことも無く、旅行などの経験も当然無く、とにかく毎日食べられるだけで有難いという感じの毎日でした。

私はそんな感じの生活に追われ、そのおじさんのことはすっかり忘れて日々を過ごしていました。

おじさんと会ってから半年後、主人の浮気が発覚し別れることになりました。

その3年後、疲れが出てか初産の無理がたたってか、急激な酷い腹痛に襲われ入院。

卵管が破れ、そこから内臓に血液が漏れて危うく命を落とすところでした。

別れた主人も、後で聞いたところではちょうどその5年後に肝臓を煩い入院していたとのことでした。

主人と別れてから4年後、友人の強い薦めで、全く経験が無かったにも関わらず葬式の司会の仕事をするようになりまして、毎日沢山の人と出会いました。

仕事も楽しく、とても充実した毎日でした。

30歳で再婚。31歳で下の子を出産。

偶然にも、敷金は無し・家賃3万という夢のような条件で物件を紹介してもらい、商売の経験も特に無かったのですが、主人の薦めで小さな服飾雑貨のお店をすることになりました。

優しい夫と可愛い子供たちに囲まれ、今では人並みな生活を送ることが出来ており、とても幸せに暮らしています。

後は左の脳が詰まるということだけが、まだおじさんの予言で当たっていないことになりますので、怖い気もしています。

おじさんの予言は、今思えばほぼパーフェクトに当たっています。

関連記事

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。その事を思い出すと、今でも涙…

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

夕日(フリー写真)

ドウドウ

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが「ドー…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。やはり修行をしていますと…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

死臭

人間って、死が近づくと死臭がするよね。介護の仕事をしていた時、亡くなるお年寄りは3、4日前から死臭を漂わせてた。 それも、その人の部屋の外まで臭うような、かなりハッキリした臭い…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…