イトウ

女性のシルエット(フリー素材)

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。

高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に

「イトウって知ってる?」

と言われた。

「イトウ? 知らないなぁ」

「何言ってるんだよ。お前と同級生だろ? 地元の友達だろ?」

「いや、知らんし」

数日後…。

「やっぱりイトウって知ってるだろ? アイツ、お前と仲良かったらしいぞ」

「だから知らないって…」

「しらばっくれるなよ!」

「はぁ? そんな奴いないっつぅの!」

それでケンカになった。そいつは俺に薄情だと言う。

俺は知らない奴を知っている奴だと言われて、何か癪に障ったので切れた。

まあ、若い頃だから血の気は多いとして、それでもクラスの奴は異常に切れた。

家に帰り、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけど、やはりイトウなんていなかった。

結局それ以降そいつとは話すことは無くなり、転校して行った。

変な蟠りが残ったけど、俺は暫くイトウの名を忘れていた。

それから学年が変わって高二になった頃、またイトウの名を耳にすることになる。

今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴に、

「なぁ、イトウって知ってる? お前と同じ中学なんだろ?」

「いや知らないって…」

「だってさ、お前と同じ部活で、三年間一緒だったって言ってたよ」

「はぁ? ちょっとどういう知り合いなのか詳しく教えてくれよ」

久々にその名前を聞いて嫌なことを思い出したけど、正体が知りたかったので詳しく聞いてみた。

「女だよ、背の低いさ…。友達の友達なんだよね。こないだそいつとカラオケ行ってさ、何かノリのいい奴」

「いや…知らない…女なら尚更知らない…」

「マジ…? 連れて来てやるよ。本当にイトウ、お前のこと詳しいから…」

俺はそれを聞いて怖くなったよ。本当にどれだけ記憶を辿っても知らない奴なんだから。

割とよく聞く苗字だけど、イトウなんて同級生は一人もいない。

それから数日が経った頃。

「お前に会わせようとしたイトウさ…いなくなったらしい」

「え? なんで?」

「わからん。突然家を捨てて、夜逃げみたいな感じだったって…」

「…」

その後、イトウは意外なところで現れる。

地元の友達が、

「なぁ、イトウって同級生いたっけ?」

「いない!お前も知ってるかって言われるの?」

「お前もか!!」

それで俺らの地元のグループで話題になった。

イトウとかいうおかしな奴が、俺らの知り合いだと言う。

この現象は俺だけではなく周辺の友達にも波及して、他にも三人同じ体験をした奴がいた。

それも三人とも違う高校で、全く別々の友達から聞いたという話だった。

「怖いな…マジ、イトウって誰だよ?」

「俺が聞きてぇよ!!」

同窓会でそのことをみんなに聞いたが、誰も知らなかった。

ただ連絡がつかない奴の中で、イトウという苗字になった奴はいたかもしれないが、それも確認できた訳じゃなかった。

それから半年程が過ぎ、今度は幼馴染の従姉妹が

「ねぇ、イトウって知ってる?」

ゾッとした。いつものイトウの話だったよ。

背の低い女で、俺と同じ部活。仲の良い友達だったイトウ。

従姉妹は俺のことをよく知っている。

「イトウなんて…いないよね…?」

「いない…」

それから数年間、イトウは姿を消す。

イトウのことは頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた。

大学卒業間近、バイト先で

「なぁ、イトウって知ってる?」

その場に倒れそうになったよ。

「背の低い女で、俺と部活が同じの?」

「そうそう(笑)。やっぱり知り合いなんだ」

「今も連絡取ってるの?」

「ああ、高校の時の部活の知り合いで…」

こいつは俺と同い年なので、もし高校の時の知り合いであるなら、イトウはその頃行方不明だったはずなんだけど…。

「今さ!そいつと連絡つかない?」

「ああ、つくよ!イトウもさ、今度飲みたいって言ってたし、ちょうどいいよ」

携帯電話の先からイトウの声が聞こえる。

「もしもしぃ」

「今さ、…うんうん」

微かにだけどイトウの声が聞こえる。

実在する人物なんだ!

「悪い…イトウさ、何か具合悪いからって電話切られた…」

「そうか…じゃあまた今度頼むよ」

次こそはイトウと話す。

次にバイト行った時、イトウの知り合いだという奴の態度が急変した。

俺が何を話しかけても無視。

軽い虐めみたいな感じの雰囲気になっていた。

なぜかバイト先の奴からハブられる俺。

その日の帰りに店長からクビを言い渡された。

文句は言ったが、「悪いが暫く来ないでくれ」の一点張り。

気が付いたらそのバイト先は潰れていた。

結局、イトウとの接点は無くなった。

最初に俺にイトウの話を振ったクラスの奴もいなくなり、次の部活の奴もその後、退学になった。

三人の同級生とも疎遠になった。三人とも良い噂を聞かなかった。今はどうしているか完全に判らない。

従姉妹もその後、精神的に病んで今は話せる状態じゃない。

結局、イトウのことに関しては判らず仕舞いだったのかな…。

なんて思っていたら、先週彼女が

「イトウって知ってる?」

まだイトウは俺の周りをウロチョロしているのかもしれない。

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。 そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。 彼は登山歴3年くらいの経験…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。 そのせいか、電車の急停止が多い。 急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。 子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。 昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。 学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。 繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…