イトウ

女性のシルエット(フリー素材)

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。

高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に

「イトウって知ってる?」

と言われた。

「イトウ? 知らないなぁ」

「何言ってるんだよ。お前と同級生だろ? 地元の友達だろ?」

「いや、知らんし」

数日後…。

「やっぱりイトウって知ってるだろ? アイツ、お前と仲良かったらしいぞ」

「だから知らないって…」

「しらばっくれるなよ!」

「はぁ? そんな奴いないっつぅの!」

それでケンカになった。そいつは俺に薄情だと言う。

俺は知らない奴を知っている奴だと言われて、何か癪に障ったので切れた。

まあ、若い頃だから血の気は多いとして、それでもクラスの奴は異常に切れた。

家に帰り、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけど、やはりイトウなんていなかった。

結局それ以降そいつとは話すことは無くなり、転校して行った。

変な蟠りが残ったけど、俺は暫くイトウの名を忘れていた。

それから学年が変わって高二になった頃、またイトウの名を耳にすることになる。

今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴に、

「なぁ、イトウって知ってる? お前と同じ中学なんだろ?」

「いや知らないって…」

「だってさ、お前と同じ部活で、三年間一緒だったって言ってたよ」

「はぁ? ちょっとどういう知り合いなのか詳しく教えてくれよ」

久々にその名前を聞いて嫌なことを思い出したけど、正体が知りたかったので詳しく聞いてみた。

「女だよ、背の低いさ…。友達の友達なんだよね。こないだそいつとカラオケ行ってさ、何かノリのいい奴」

「いや…知らない…女なら尚更知らない…」

「マジ…? 連れて来てやるよ。本当にイトウ、お前のこと詳しいから…」

俺はそれを聞いて怖くなったよ。本当にどれだけ記憶を辿っても知らない奴なんだから。

割とよく聞く苗字だけど、イトウなんて同級生は一人もいない。

それから数日が経った頃。

「お前に会わせようとしたイトウさ…いなくなったらしい」

「え? なんで?」

「わからん。突然家を捨てて、夜逃げみたいな感じだったって…」

「…」

その後、イトウは意外なところで現れる。

地元の友達が、

「なぁ、イトウって同級生いたっけ?」

「いない!お前も知ってるかって言われるの?」

「お前もか!!」

それで俺らの地元のグループで話題になった。

イトウとかいうおかしな奴が、俺らの知り合いだと言う。

この現象は俺だけではなく周辺の友達にも波及して、他にも三人同じ体験をした奴がいた。

それも三人とも違う高校で、全く別々の友達から聞いたという話だった。

「怖いな…マジ、イトウって誰だよ?」

「俺が聞きてぇよ!!」

同窓会でそのことをみんなに聞いたが、誰も知らなかった。

ただ連絡がつかない奴の中で、イトウという苗字になった奴はいたかもしれないが、それも確認できた訳じゃなかった。

それから半年程が過ぎ、今度は幼馴染の従姉妹が

「ねぇ、イトウって知ってる?」

ゾッとした。いつものイトウの話だったよ。

背の低い女で、俺と同じ部活。仲の良い友達だったイトウ。

従姉妹は俺のことをよく知っている。

「イトウなんて…いないよね…?」

「いない…」

それから数年間、イトウは姿を消す。

イトウのことは頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた。

大学卒業間近、バイト先で

「なぁ、イトウって知ってる?」

その場に倒れそうになったよ。

「背の低い女で、俺と部活が同じの?」

「そうそう(笑)。やっぱり知り合いなんだ」

「今も連絡取ってるの?」

「ああ、高校の時の部活の知り合いで…」

こいつは俺と同い年なので、もし高校の時の知り合いであるなら、イトウはその頃行方不明だったはずなんだけど…。

「今さ!そいつと連絡つかない?」

「ああ、つくよ!イトウもさ、今度飲みたいって言ってたし、ちょうどいいよ」

携帯電話の先からイトウの声が聞こえる。

「もしもしぃ」

「今さ、…うんうん」

微かにだけどイトウの声が聞こえる。

実在する人物なんだ!

「悪い…イトウさ、何か具合悪いからって電話切られた…」

「そうか…じゃあまた今度頼むよ」

次こそはイトウと話す。

次にバイト行った時、イトウの知り合いだという奴の態度が急変した。

俺が何を話しかけても無視。

軽い虐めみたいな感じの雰囲気になっていた。

なぜかバイト先の奴からハブられる俺。

その日の帰りに店長からクビを言い渡された。

文句は言ったが、「悪いが暫く来ないでくれ」の一点張り。

気が付いたらそのバイト先は潰れていた。

結局、イトウとの接点は無くなった。

最初に俺にイトウの話を振ったクラスの奴もいなくなり、次の部活の奴もその後、退学になった。

三人の同級生とも疎遠になった。三人とも良い噂を聞かなかった。今はどうしているか完全に判らない。

従姉妹もその後、精神的に病んで今は話せる状態じゃない。

結局、イトウのことに関しては判らず仕舞いだったのかな…。

なんて思っていたら、先週彼女が

「イトウって知ってる?」

まだイトウは俺の周りをウロチョロしているのかもしれない。

ゲラゲラ(長編)

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。そのマンションの真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでいる。6階建てのマンションで、右側にマンションの玄関があり…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。山一つと言っても、子…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

ITエリート

某県では次世代を背負って立つITエリートを育てようと、IT教育にたいそう力を入れている。それゆえ、この県の公立学校では、IT教育関連の設備投資に限っては、湯水のように予算を使うことがで…