予知夢

フラクタル模様(フリー素材)

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。

でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってしまうから信用出来ない。

見たいものが見られる訳ではないから、これで飯を食って行けない。ただ、ヤバそうな夢を見た時は気を付けるようにしているんだけどね。

こんな事件があった。

高校生の頃、夢で友人が宇宙人にさらわれてボコボコにされる夢を見た。

景色は友人の家の近くで、時刻は夕方頃。

目が覚めると家のチャイムが鳴った。現れたのは夢に出てきた友人。

『そう言えば遊ぶ約束してたっけ』と思っていたら、友人の服が夢で見たものと同じ事に気が付いた。

嫌な感じがしたから、友人に「夕方からは家から出るな」と言っておいた。

仲が良い数名の友人達は俺の予知夢の事を知っていたから、「解った」と言ってくれた。

これで今日は大丈夫だろうと思い、俺は夕方からバイトへ出かけたんだけど、これが甘かった…。

次の日、学校で会うと友人は全身に怪我をしていた。

何があったのか聞くと、夕方から言われた通りに家に居たが、やたらと遊びの誘いの電話が入った。

先輩から呼び出されたりもしたが、全部断り頑張って家の中に居た。

ところが母ちゃんが事故ったと親父から電話が入り、慌てて家を飛び出した。

すると家の近くの路地で他校の不良に絡まれ、ボコボコにされた。

場所も夢の通りで当たっていたが、運命というのはなかなか回避出来ないものらしい。

ついでに、もう一つ小話。

予知夢が予知夢である分かる時は、その瞬間でなければ分からない事が多いんだけど、これはその時の話。

街を歩いていると一匹の着包みのような鳥がやって来て、「こっち来いよ」と俺を誘う。

付いて行くと集会所のような場所に着き、みんな何やら語っていた。会話の内容はよく聞こえなかった。

そこに居たのは4人くらいが人間で、後の10人くらいは鳥だった。

そこに居た俺は何だか嫌になり、その場所を出て行ってしまう。

こんな脈絡の無い夢を見た。

それから3日ほど経った日、街を歩いていると一人の男が近付いて来て「あなた凄い力を持っていますね!!私そういう人が分かるんです」と言われ驚いた。

軽く話を聞くと、彼は不思議な能力を持っている人はオーラで見分けられるらしく、そういう人を集めているのだとか…。

胡散臭かったが何だか気になり、来週の集会に顔を出す事にした。

行ってみるとそこは前に夢で見た集会所。

そこには大体15人くらいの人が居て、あの4人の人間だった人達も夢と同じ場所に居た(物凄いデブと、女子高生。後は忘れた)。

それぞれ自分の能力について順番に語り出したがどれも微妙で、同じ予知夢能力の男も居たが、俺とは全く体験している内容が違っていた。

夢の通り嫌な気分になり始め、その集会所から出ようとしたら俺の話の番が回ってきていた。

「気分が悪いんで帰ります」と言うと、霊感があるらしいおばちゃんが「あんたに女の霊が憑いているわ」などと言い出した。

御祓いだか何だか知らないが、背中をバシバシ叩かれたので頭にきて帰ってしまった。

きっとあの4人だけは本物だったんだろうな…。

あの時はさっさと帰ってしまったが、声でも掛ければ良かったと思ったのでした。

関連記事

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。 前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。 運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、 …

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。 一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。 最初はどんな出会いだったかは憶えて…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

タクシー(フリー写真)

契約書の拇印

俺の親父の話を書きます。 親父はタクシーの運転手をしています。 夜中2時を過ぎた頃だったそうです。40代くらいの一人の男性が病院から乗って来ました。 行き先は違う近…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。 当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。 研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。 ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。 でも、いざ到着するとみんな…

夜のオフィス(フリー素材)

中小ソフトウェアハウス

中小ソフトウェアハウスに勤めていた友人Kの話です。 あるプロジェクトの納期がきつくデスマーチとなり、Kとその先輩は連日徹夜で作業していたそうです。 ところが、以前のプロジ…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。 この日は梅雨独特のジメジメした気温で、汗…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。 これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…