予知夢

フラクタル模様(フリー素材)

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。

でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってしまうから信用出来ない。

見たいものが見られる訳ではないから、これで飯を食って行けない。ただ、ヤバそうな夢を見た時は気を付けるようにしているんだけどね。

こんな事件があった。

高校生の頃、夢で友人が宇宙人にさらわれてボコボコにされる夢を見た。

景色は友人の家の近くで、時刻は夕方頃。

目が覚めると家のチャイムが鳴った。現れたのは夢に出てきた友人。

『そう言えば遊ぶ約束してたっけ』と思っていたら、友人の服が夢で見たものと同じ事に気が付いた。

嫌な感じがしたから、友人に「夕方からは家から出るな」と言っておいた。

仲が良い数名の友人達は俺の予知夢の事を知っていたから、「解った」と言ってくれた。

これで今日は大丈夫だろうと思い、俺は夕方からバイトへ出かけたんだけど、これが甘かった…。

次の日、学校で会うと友人は全身に怪我をしていた。

何があったのか聞くと、夕方から言われた通りに家に居たが、やたらと遊びの誘いの電話が入った。

先輩から呼び出されたりもしたが、全部断り頑張って家の中に居た。

ところが母ちゃんが事故ったと親父から電話が入り、慌てて家を飛び出した。

すると家の近くの路地で他校の不良に絡まれ、ボコボコにされた。

場所も夢の通りで当たっていたが、運命というのはなかなか回避出来ないものらしい。

ついでに、もう一つ小話。

予知夢が予知夢である分かる時は、その瞬間でなければ分からない事が多いんだけど、これはその時の話。

街を歩いていると一匹の着包みのような鳥がやって来て、「こっち来いよ」と俺を誘う。

付いて行くと集会所のような場所に着き、みんな何やら語っていた。会話の内容はよく聞こえなかった。

そこに居たのは4人くらいが人間で、後の10人くらいは鳥だった。

そこに居た俺は何だか嫌になり、その場所を出て行ってしまう。

こんな脈絡の無い夢を見た。

それから3日ほど経った日、街を歩いていると一人の男が近付いて来て「あなた凄い力を持っていますね!!私そういう人が分かるんです」と言われ驚いた。

軽く話を聞くと、彼は不思議な能力を持っている人はオーラで見分けられるらしく、そういう人を集めているのだとか…。

胡散臭かったが何だか気になり、来週の集会に顔を出す事にした。

行ってみるとそこは前に夢で見た集会所。

そこには大体15人くらいの人が居て、あの4人の人間だった人達も夢と同じ場所に居た(物凄いデブと、女子高生。後は忘れた)。

それぞれ自分の能力について順番に語り出したがどれも微妙で、同じ予知夢能力の男も居たが、俺とは全く体験している内容が違っていた。

夢の通り嫌な気分になり始め、その集会所から出ようとしたら俺の話の番が回ってきていた。

「気分が悪いんで帰ります」と言うと、霊感があるらしいおばちゃんが「あんたに女の霊が憑いているわ」などと言い出した。

御祓いだか何だか知らないが、背中をバシバシ叩かれたので頭にきて帰ってしまった。

きっとあの4人だけは本物だったんだろうな…。

あの時はさっさと帰ってしまったが、声でも掛ければ良かったと思ったのでした。

未来都市(フリー素材)

未来からのテレビ放送

15年程前、小学生低学年の時に不思議な体験をした。 当時は17時頃から始まるアニメ番組を毎日楽しみにしていた。 オープニングが始まってCMも終わり、さあ始まるぞという時に、…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …

森(フリー写真)

森の中の人

俺は中学の時、死のうと思っていた。凄い虐めに遭っていて、教師も見て見ぬ振り。両親共に不倫していて俺に興味なし。 身体中に痣があり、その日は顔もボコボコで、もう息をするのも辛かった…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。 喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。 すると小綺麗…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。 高校2年生の夏休みの時の話。 友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。 その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。 「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…

田舎道(フリー写真)

ぼうなき様

ぼうなき様って知ってる? 想像以上にマイナーな行事だったので、地元から出て話題にした時は誰も知らなかった。 有名なS神社で行われる七五三の続きのような行事で、十歳前後の女の…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

山遊び

子供の頃の話。 大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。 小学校が休みの日…