予知夢

フラクタル模様(フリー素材)

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。

でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってしまうから信用出来ない。

見たいものが見られる訳ではないから、これで飯を食って行けない。ただ、ヤバそうな夢を見た時は気を付けるようにしているんだけどね。

こんな事件があった。

高校生の頃、夢で友人が宇宙人にさらわれてボコボコにされる夢を見た。

景色は友人の家の近くで、時刻は夕方頃。

目が覚めると家のチャイムが鳴った。現れたのは夢に出てきた友人。

『そう言えば遊ぶ約束してたっけ』と思っていたら、友人の服が夢で見たものと同じ事に気が付いた。

嫌な感じがしたから、友人に「夕方からは家から出るな」と言っておいた。

仲が良い数名の友人達は俺の予知夢の事を知っていたから、「解った」と言ってくれた。

これで今日は大丈夫だろうと思い、俺は夕方からバイトへ出かけたんだけど、これが甘かった…。

次の日、学校で会うと友人は全身に怪我をしていた。

何があったのか聞くと、夕方から言われた通りに家に居たが、やたらと遊びの誘いの電話が入った。

先輩から呼び出されたりもしたが、全部断り頑張って家の中に居た。

ところが母ちゃんが事故ったと親父から電話が入り、慌てて家を飛び出した。

すると家の近くの路地で他校の不良に絡まれ、ボコボコにされた。

場所も夢の通りで当たっていたが、運命というのはなかなか回避出来ないものらしい。

ついでに、もう一つ小話。

予知夢が予知夢である分かる時は、その瞬間でなければ分からない事が多いんだけど、これはその時の話。

街を歩いていると一匹の着包みのような鳥がやって来て、「こっち来いよ」と俺を誘う。

付いて行くと集会所のような場所に着き、みんな何やら語っていた。会話の内容はよく聞こえなかった。

そこに居たのは4人くらいが人間で、後の10人くらいは鳥だった。

そこに居た俺は何だか嫌になり、その場所を出て行ってしまう。

こんな脈絡の無い夢を見た。

それから3日ほど経った日、街を歩いていると一人の男が近付いて来て「あなた凄い力を持っていますね!!私そういう人が分かるんです」と言われ驚いた。

軽く話を聞くと、彼は不思議な能力を持っている人はオーラで見分けられるらしく、そういう人を集めているのだとか…。

胡散臭かったが何だか気になり、来週の集会に顔を出す事にした。

行ってみるとそこは前に夢で見た集会所。

そこには大体15人くらいの人が居て、あの4人の人間だった人達も夢と同じ場所に居た(物凄いデブと、女子高生。後は忘れた)。

それぞれ自分の能力について順番に語り出したがどれも微妙で、同じ予知夢能力の男も居たが、俺とは全く体験している内容が違っていた。

夢の通り嫌な気分になり始め、その集会所から出ようとしたら俺の話の番が回ってきていた。

「気分が悪いんで帰ります」と言うと、霊感があるらしいおばちゃんが「あんたに女の霊が憑いているわ」などと言い出した。

御祓いだか何だか知らないが、背中をバシバシ叩かれたので頭にきて帰ってしまった。

きっとあの4人だけは本物だったんだろうな…。

あの時はさっさと帰ってしまったが、声でも掛ければ良かったと思ったのでした。

山道(フリー素材)

異界の神社

夏の時期に自分が体験した、不思議で気味の悪い話。 21歳の時だから3年前の夏。確か8月の二週目だった。 上京して大学に通っていた俺は、夏休みを利用して実家に里帰りしていた。…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。 当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。 当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。 夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。 一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。 数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。 会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。 市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。 うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。 当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

白い犬(フリー写真)

おかげ犬

知り合いが体験した話。 とある鄙びた峠道を歩いていると、いつの間にか犬が一頭、後をついて来る。 痩せた白い体毛の犬で、首には大きな風呂敷包みを提げている。 彼の方を…