予知夢

フラクタル模様(フリー素材)

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。

でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってしまうから信用出来ない。

見たいものが見られる訳ではないから、これで飯を食って行けない。ただ、ヤバそうな夢を見た時は気を付けるようにしているんだけどね。

こんな事件があった。

高校生の頃、夢で友人が宇宙人にさらわれてボコボコにされる夢を見た。

景色は友人の家の近くで、時刻は夕方頃。

目が覚めると家のチャイムが鳴った。現れたのは夢に出てきた友人。

『そう言えば遊ぶ約束してたっけ』と思っていたら、友人の服が夢で見たものと同じ事に気が付いた。

嫌な感じがしたから、友人に「夕方からは家から出るな」と言っておいた。

仲が良い数名の友人達は俺の予知夢の事を知っていたから、「解った」と言ってくれた。

これで今日は大丈夫だろうと思い、俺は夕方からバイトへ出かけたんだけど、これが甘かった…。

次の日、学校で会うと友人は全身に怪我をしていた。

何があったのか聞くと、夕方から言われた通りに家に居たが、やたらと遊びの誘いの電話が入った。

先輩から呼び出されたりもしたが、全部断り頑張って家の中に居た。

ところが母ちゃんが事故ったと親父から電話が入り、慌てて家を飛び出した。

すると家の近くの路地で他校の不良に絡まれ、ボコボコにされた。

場所も夢の通りで当たっていたが、運命というのはなかなか回避出来ないものらしい。

ついでに、もう一つ小話。

予知夢が予知夢である分かる時は、その瞬間でなければ分からない事が多いんだけど、これはその時の話。

街を歩いていると一匹の着包みのような鳥がやって来て、「こっち来いよ」と俺を誘う。

付いて行くと集会所のような場所に着き、みんな何やら語っていた。会話の内容はよく聞こえなかった。

そこに居たのは4人くらいが人間で、後の10人くらいは鳥だった。

そこに居た俺は何だか嫌になり、その場所を出て行ってしまう。

こんな脈絡の無い夢を見た。

それから3日ほど経った日、街を歩いていると一人の男が近付いて来て「あなた凄い力を持っていますね!!私そういう人が分かるんです」と言われ驚いた。

軽く話を聞くと、彼は不思議な能力を持っている人はオーラで見分けられるらしく、そういう人を集めているのだとか…。

胡散臭かったが何だか気になり、来週の集会に顔を出す事にした。

行ってみるとそこは前に夢で見た集会所。

そこには大体15人くらいの人が居て、あの4人の人間だった人達も夢と同じ場所に居た(物凄いデブと、女子高生。後は忘れた)。

それぞれ自分の能力について順番に語り出したがどれも微妙で、同じ予知夢能力の男も居たが、俺とは全く体験している内容が違っていた。

夢の通り嫌な気分になり始め、その集会所から出ようとしたら俺の話の番が回ってきていた。

「気分が悪いんで帰ります」と言うと、霊感があるらしいおばちゃんが「あんたに女の霊が憑いているわ」などと言い出した。

御祓いだか何だか知らないが、背中をバシバシ叩かれたので頭にきて帰ってしまった。

きっとあの4人だけは本物だったんだろうな…。

あの時はさっさと帰ってしまったが、声でも掛ければ良かったと思ったのでした。

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。当時中学生だった…

食われた宇宙人

3年前グアムにダイビングに行った時、名古屋から来たダイバーからこんな話を聞いた。その人が1990年4月にインドネシアの小さな漁村で1週間滞在して潜っていた時の事。2日目…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。山一つと言っても、子…

タクシー(フリー写真)

三日前の異世界

俺の出身は宇都宮で、高校を卒業して3年制の専門学校へ行くために上京した。夏休みのある日、赤羽駅の近くの居酒屋で深夜まで飲み、タクシーを捕まえて家の近くの大きな公園まで乗せても…

家(フリー素材)

予兆

会社からの帰宅途中に新しい家があり、その家のベランダを見たら女性が体育座りをしている。それだけだったら変じゃないけどさ。よく見たら家族で体育座りをしているんだよね。 …

ドア(フリー写真)

見知らぬ場所

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

2才児の直感

家の子は2才くらいまでは色々と見える子だった。印象深いのは、20年ぶりくらいに中学の同級生が訪ねてきた時のこと。その同級生は、昔は性悪で金の亡者だったが、金持ちと結婚し…