忠告

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

near-death-experience-light-tunnel

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。

これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の体に戻ろうとしたのですが、どこから入れば良いのか分からずあれこれ試していたら、臍から繋がっていた糸みたいなものを間違って切ってしまったのです。

すると急に首のあたりを誰かに掴まれ、真っ暗な場所に連れて行かれました。

何も見えない場所でしたが、微かに人の声のような音がする方向へ歩いて行き、急に明るい場所に出たと思ったら、そこは洞窟の入口でした。

その洞窟に入って間もなく別れ道になっていました。

どちらへ行こうか迷っていると、白い着物を着た人たちが右の方へ入って行くので、僕もそちらへ進んだのです。

何時間か歩いてヘトヘトになった頃、前を歩いている人が急に振り返って、

「ここから先は君の来る所じゃないよ、さっきの別れ道を左に行きなさい」

と言うのです。

しかし僕は、

「ずっと後を歩いているのに、なんで入口で教えてくれないんだよ!」

と憎まれ口を叩き、彼を無視してそのまま歩き続けたのです。

そこから先何人も「引き返せ」と言っていましたが、無視して歩き続けました。

10人程の忠告を無視した頃、また急に明るい場所に出たかと思ったところで目が覚めました。

気が付くと病院のベッドの上で、お袋が手を握り涙を流していました。

あの時、周りの忠告通り戻って、左の道を進んだらどうなっていたのだろう…。

関連記事

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。車は見た事もないような暗い裏道…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。最初は学生の頃。提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。残り三日程でもう一度書き上げな…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

思い出のテトリス

祖母が亡くなった時の話。祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっ…

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …