忠告

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

near-death-experience-light-tunnel

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。

これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の体に戻ろうとしたのですが、どこから入れば良いのか分からずあれこれ試していたら、臍から繋がっていた糸みたいなものを間違って切ってしまったのです。

すると急に首のあたりを誰かに掴まれ、真っ暗な場所に連れて行かれました。

何も見えない場所でしたが、微かに人の声のような音がする方向へ歩いて行き、急に明るい場所に出たと思ったら、そこは洞窟の入口でした。

その洞窟に入って間もなく別れ道になっていました。

どちらへ行こうか迷っていると、白い着物を着た人たちが右の方へ入って行くので、僕もそちらへ進んだのです。

何時間か歩いてヘトヘトになった頃、前を歩いている人が急に振り返って、

「ここから先は君の来る所じゃないよ、さっきの別れ道を左に行きなさい」

と言うのです。

しかし僕は、

「ずっと後を歩いているのに、なんで入口で教えてくれないんだよ!」

と憎まれ口を叩き、彼を無視してそのまま歩き続けたのです。

そこから先何人も「引き返せ」と言っていましたが、無視して歩き続けました。

10人程の忠告を無視した頃、また急に明るい場所に出たかと思ったところで目が覚めました。

気が付くと病院のベッドの上で、お袋が手を握り涙を流していました。

あの時、周りの忠告通り戻って、左の道を進んだらどうなっていたのだろう…。

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。私の住んでいる町は小さ…

白い空間

誰もいない世界

私は2年前まで看護師をしていました。今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。…

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。母に…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。ある日、隣の市の…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

Qualeは物質に干渉する

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。…