ムシリ

公開日: ほんのり怖い話 | 長編

寝室(フリー背景素材)

私の家系の男は全員『ムシリ』という妖怪が見える。

正確には、思春期頃に一度だけ会うものらしい。

おじいさんの話だと、夜寝ていると枕元に現れ、家系の男の髪の毛を毟り、食べるのだという。

それは数十分間、ひたすら髪を毟って食べるらしいが、その間は痛みもなく、ただ抜かれる感じだけは分かるらしい。

朝起きると枕元には無数の髪の毛が落ちており、一度食べられると二度と出て来ない。

髪を毟られるせいか、私の家系の男はみな、20代から禿げるみたい(遺伝かもしれないけど)。

私は女なので気にするなと言われたけど、弟は必ず会うから注意しろ、と言っていた。

何を注意するかと言うと、髪を抜かれている間は消して動くな、気付かない振りをしろ、ということだった。

先祖で一人、抜かれている間に逃げ出した男の子が原因不明の病気で死んだからだそうだ。

ただ、来ても逃げたりせずにじっとしていれば良い、儀式のようなものだ、とおじいさんは言った。

その話を聞いた弟は、妖怪を見ることより、若禿が確定したことがショックだったようだ。

そこで、中学に入ったと同時に弟は毟られないようにと、頭を丸めた。

おじいさんは、それに対して

「昔はみんな頭を丸めていたし、意味ないぞ」

と言っていた。

結局、弟はそのまま髪の毛を伸ばすことにしたようだった。

私たちの父も昔『ムシリ』に出会ったらしく、若禿だった。

父は20代だった頃は禿げていることにコンプレックスを感じていたらしく、カツラを着けていたそうだ(実際、私たちが赤ん坊の頃の写真の父は髪の毛があった)。

ある日、父は弟に

「ムシリに会ったら、このカツラはおまえにやるよ」

と言って、和箪笥の中のカツラを見せてくれたらしい。

そして、そのカツラが弟を大変な目に遭わせるのだった。

中学に入り数ヶ月経ったある日の朝、弟が興奮しながら私に言ってきた。

「姉ちゃん、絶対言うなよ!昨日『ムシリ』がきた!!」

私も驚き、

「見たの? 怖かった? 大丈夫??」

などと質問攻めにしたが、弟は

「違うんだよ、姉ちゃん!俺、追い払った!!」

と答えた。

弟は小学生の頃から喧嘩っ早かったので、

「殴ったの?」

と聞くと、弟は得意気に

「違うよ。これ使った」

と言って、父のカツラを見せてきた。

どうやら、弟は父の話の後すぐにカツラを拝借し、中学生になってからずっとカツラを被って寝ていたそうだ。

弟は続けた。

「怖くて姿とか見えなかったけど、間違いない。誰かに抜かれた!!

でも抜かれたのはカツラの髪で、俺は一本も抜かれなかった。感触も無かったし!

1時間ほどカツラの髪を抜いて、消えて行った!

怖さより『勝った!』という気分でいっぱいだった。

子孫にはこの方法を伝授しないと」

と、興奮気味に話してくれた。

その時は私も『騙したんだ、弟すげーなー』としか思っていなかった。

それから一ヶ月後に事態は一変した。

弟が授業中に頭痛を訴え、そのまま気を失ってしまった。

病院に連れて行かれ、CTやMRIなどの検査をしたが理由は判らず仕舞い。

医者には、

「このまま意識を取り戻さない可能性がある。容態も安定しないので覚悟してください」

と言われた。

私はその時『ムシリ』の件など忘れていたが、田舎からおじいさんが見舞いに来てくれて、ふと、そのことを思い出した。

そして、おじいさんに弟の話を隠さずに明かした。

おじいさんは、

「馬鹿なことをしおって」

と呟き、病室から出て行った。

おじいさんはうちの家系が古くから馴染みのある神社の神主様に電話したらしく、2時間ほどして神主様が病院にやって来た。

神主様とおじいさんが数分話をした後に、神主様以外は全員病室の外に出された。

父は無念そうに顔をしかめ、母は泣いていた。おじいさんは病室の外で念仏を唱えていた。

その時、何も知らない看護婦さんが、病室のドアを開けてしまった。

父はすぐに事情を説明し、検診時間を30分ほどずらしてもらったが、私は開いた時に見てしまった。

祈祷する神主様の正面で、弟が自分で自分の髪の毛を毟っていたのだった。

ドアが開いても、神主様も弟もこちらを見る様子もなく、弟は焦点が定まらず、ブチブチと短い髪を引き抜いている。

その間2、3秒だったが、怖さが弟を心配する気持ちを上回ってしまい、逃げるように待合室まで離れてしまった。

結局、弟は自分の髪の半分は引き抜いてしまっていた。

神主様は、

「もう大丈夫、ムシリ様は帰られた」

と言って、帰って行った。

その後、弟はすぐに意識を取り戻し、一週間ほどで退院した。

退院後、弟に話を聞くと、

「あの時、頭の中に虫のような小さな生き物がいっぱいいたんだ。

虫が頭いっぱいまで広がって、自分が自分でなくなる感じがしてきて、

気持ち良いような気持ち悪いような、嬉しいような悲しいような感情が押し寄せてきて、

寝たら楽になるかな~って考えてたら、頭にビシッと衝撃がきて(これは多分神主様のお払い棒?)、

ふと頭の上を見ると、人間の形だけど人間じゃない何かが俺を見下ろして、一心不乱に髪の毛を毟ってた…。

その時はずっと『ごめんなさい、ごめんなさい』って謝ってた。

目が覚めたら、髪の毛が無いからびっくりした…」

と話してくれた。

結局、弟の奇行も無かったことにされて、病気の理由も判らず仕舞い。

おじいさんは、

「もう安心だ」

と言っていた。

何故、うちの家系でそういうことが起きるのか、それは判らない。

何故、男にしか見えないのか?

虫のようなものは何なのか?

そして『ムシリ』とは一体何なのか?

関連記事

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

宇宙(フリー画像)

宇宙人の魂

俺が小学4年生くらいの頃に体験した不思議な話。夏休みに家族4人(父、母、俺、妹)で、富士山近くのサファリパークみたいな所へ遊びに行きました(場所ははっきりと覚えていません)。 …

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

ラーメン屋

ある大学生が買い物の帰り、小腹が空いたのでたまたま目についたラーメン屋に入った。特に期待はしていなかったのだが、これが意外と美味くて彼はご機嫌だった。帰り際に「おばちゃ…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…