綺麗な飾りの下

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

お寺

父が友人の家に遊びに行くと言うので、私は一緒に付いて行きました。

私は小学二年生でした。父の友人というのはお寺の住職さんでした。

父達が話している間、退屈になった私は、人気のないお寺の本堂に入り込みました。

天井から綺麗なきらきらした傘のような飾りが吊るしてあり、私はその飾りを見ていたのですが、いつの間にか眠り込んでいたらしいのです。

夢うつつに何かに引っ張られるのを感じましたが、眠気に負けて、そのまま眠っていました。

私は父の笑い声で起きました。

私が居なくなったので皆と一緒に探していたら、本堂で寝ていたのであきれたそうです。

起きてから私は眠り込んだ時とは違う所に居る事に気が付きました。

私は本堂の端の方に居ました。

「綺麗な飾りの下に居た」と言いましたら、父と一緒に笑っていた住職さんが、急に真剣な顔になって言いました。

「あの飾りの下はね、お坊さんの場所なんだから、もう入り込んだら駄目だよ。

知らずに居たら、仏さんがやって来て、どかされるからね」

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。 母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。 出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。 交際は当時、無茶…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

田舎の風景(フリー写真)

指切り地蔵様

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。 指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。 小さな頃、その地蔵様と指切りをした…

赤信号(フリー写真)

ニコニコ

中学生の時の話。 当時6歳だった弟と剣道の道場に通っていた時のこと。 道場の近くに大きな交差点があるんだけど、そこの横断歩道で信号が赤から青に変わるのを待っていた。 …

揺れる木

2年程前の話。その年の夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。 仕事でありえないミスを連発したり、交通事故を起こしたり、隣県に遊びに行って車に悪戯をされた事もあった。 原因…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。 そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。 性格は温厚で意外…

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。 私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。 ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

海の朝日

バイクの若者

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。 朝早く車で出掛けて行き、朝日が昇るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていた。 いつもは待機用の小屋のような所で過ごすのだけど、その…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…