綺麗な飾りの下

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

お寺

父が友人の家に遊びに行くと言うので、私は一緒に付いて行きました。

私は小学二年生でした。父の友人というのはお寺の住職さんでした。

父達が話している間、退屈になった私は、人気のないお寺の本堂に入り込みました。

天井から綺麗なきらきらした傘のような飾りが吊るしてあり、私はその飾りを見ていたのですが、いつの間にか眠り込んでいたらしいのです。

夢うつつに何かに引っ張られるのを感じましたが、眠気に負けて、そのまま眠っていました。

私は父の笑い声で起きました。

私が居なくなったので皆と一緒に探していたら、本堂で寝ていたのであきれたそうです。

起きてから私は眠り込んだ時とは違う所に居る事に気が付きました。

私は本堂の端の方に居ました。

「綺麗な飾りの下に居た」と言いましたら、父と一緒に笑っていた住職さんが、急に真剣な顔になって言いました。

「あの飾りの下はね、お坊さんの場所なんだから、もう入り込んだら駄目だよ。

知らずに居たら、仏さんがやって来て、どかされるからね」

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。 彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。 それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。 酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。 途中、酒を買い求めて車を走らせる。 渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。 自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。 女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。 もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。 その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。 その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…