時空トンネル

時空

数年前、子供の頃に不思議だった出来事が繋がった話です。

5才くらいの記憶で、その頃はよく畑仕事に兄と付いて行っていたんです。

畑から数十メートル離れた場所に、大きな岩が何個も無造作に積み上げられており、その形は岩で作ったカマクラのようでした。

入り口は狭く子供がようやく入れるような感じで、中は意外と広くなっていました。子供からしたら秘密基地みたいな感じで、すぐにお気に入りになりました。

いつものように畑に連れて行かれ、兄とその秘密基地へ入ったのですが、その日は兄がお菓子を持ってくると言って一旦出て行きました。

自分は秘密基地の中で一人待ちました。

おかしな事に、数十メートルしか離れていない場所からお菓子を持ってくるのになかなか来ません…。感覚からして2、30分待っていたような感じがしました。

薄暗い中、入り口の明かりだけが少し差し込む空間。一度出て兄のところへ行こうと思いました。這って出るような感じで、外へ手を伸ばしました。

空き地は草が覆い茂っていたのですが、感触が少しおかしい…サラっとした砂の感触というのか…。5才ぐらいでも『おかしいなあ』と思いました。

這い出ると、神社のような建物の下から這い出た感じになりました。

外には大きな牛と馬の作り物、石畳、人も多く居て、とにかく怖かった記憶がありました。怖くて怖くて大泣きした覚えがあります。

周りに人が集まり、自分の知る言葉とは違った言葉で話しかけてきました。

今ではその言葉がはっきり関西弁だと解るのですが、幼い関東の田舎で育った自分には「じょうちゃんどしたん?」と聞かれても解らなかったと思います。

5才ぐらいからしたら数人の大人に囲まれる恐怖。

怖くて必死に元来た建物の下に逃げ込みました。奥へ奥へ薄暗い中、必死に逃げたのを覚えています。

とにかく這って逃げたら、いつもの草むらに出ていました。服はドロドロで、母にこっぴどく怒られました。

兄に話をすると、すぐに戻って来たら自分が草むらの中で大泣きしていたと言われました。

しばらくこの秘密基地は怖くて避けていましたが、小学1年の時に学校の帰り道、ふと秘密基地を思い出し行ってみました。

もう自分は小学生だからこんなところは怖くないという変な自信がありました。

ついでに、5才の時の記憶だし…あの時は何か夢でも見たんだろうと自分に言い聞かせました。

いざ秘密基地に入ろうとすると、多少崩れたのか入り口が狭くなっていました。

『なんだ…入れないのか…』と思っていると、中からニュっと小さな手が出てきました。『中に小さな子がいる!!』と本当にパニックになりました。

小さな子が入り込むには小さな穴になっていたし、きっと閉じ込められているんだと思い、近所の人を呼びに行きました。

その日は大変で、近所の重機を持っている人が駆けつけたり、駐在さんが来たりと、色々な人が集まりました。

結局、石の山をどかしても誰も居らず、私は大目玉をくらいました。穴の入り口付近には10個程の綺麗な物が落ちていました。

そして、30年近く経ってそのキラキラの正体と場所が判明したのです。

この事件も殆ど忘れかけた頃、自分は関東から関西へ嫁ぎ娘も出来ました。

そんな中、少し離れた神社へ娘を連れて遊びに行きました。3才の娘の宝物は、クレーンゲームで取ったプラスチック製のクリスタルのような玩具。

すきあらばポケットに忍ばせてジャラジャラさせています。

娘が境内の小さな穴に宝物を何個か入れているのを見て思い出しました。

まさかと思いその小さな穴を目視しても、入れた物が見えるはずなのに無い!!

帰省した時に実家の物置を探すと、出てきた宝物箱に娘の宝物のキラキラがありました…。

そんな不思議な体験です。

後書き

神隠しの中にはこういう例もあるのかなあと思ってみたりします。

もし一回目の時に逃げずに保護されていたらどうなっていたんだろうと思うと少し怖いんですけど…。

産んだ娘なのですが、たまに不思議なことがあり、この先も色々ありそうです…。

3才なのですが既に小学一年生くらいの漢字が読めているんです。『注意』という漢字も教えてないのに読めていたり(基本自分しか教える人がいないのに)。

また、311の日に義母が関西から関東へ帰る時、当時半年の娘が大泣きしてしがみついて離れなかったこともありました(そのおかげで直下を免れています)。

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

天国(フリー画像)

あの世の記憶

数年前に私は不思議な体験をしました。 家族旅行でキャンプに行った時のことです。 弟と二人でキャンプ場から少し離れた林の奥で遊んでいると、いつの間にか弟とはぐれてしまい、慌て…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。 草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。 その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。 そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。 性格は温厚で意外…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。 数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。 気付けば深夜0時近く。連日…

プルタブ(フリー素材)

不思議なプルタブ

小学5年生の夏、集団旅行に行った帰りの事。 貸し切りの電車の中、友人と缶ジュースを飲みながら雑談していた。 私はスポーツ飲料を飲み干し、その缶を窓辺に置いて網棚の上から荷物…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…